経験者の僕が長期インターンをおすすめする5つの理由

経験者の僕が長期インターンをおすすめする5つの理由

こんにちは!

現在、フリーランスとして仕事をしているかさはらです。

僕は学生時代に休学をして長期インターンを1年間やってました。

その時の経験を踏まえて、僕が長期インターンをおすすめする理由を述べていきます。

長期インターンをこれからやろうとしている人は参考にしてみてください!

長期インターンをおすすめする5つの理由

長期インターンをおすすめする理由はいくつかあります。

  • 会社というものを知れる
  • 働くということがどういうことかわかる
  • おもしろい人に出会える
  • お金が稼げる
  • スキルが身に付く

会社というものを知れる

学生のうちは普通に生活をしていたら、会社に所属するという経験は培うことはできません。

バイトで一応、会社に所属するということはありますが、内情まで知ることは難しいでしょう。

長期インターンでは会社に長くいることになるので、会社というものがどういうものなのか知ることができます。

また長期インターンではバイトには任されないような仕事も任されます。

会社にとって重要度の高い仕事を任されることで、会社の内情を知ることができるでしょう。

会社といっても色々ある

また会社といっても千差万別です。

僕は休学中で働いた会社は全てベンチャー企業でした。

しかし、それぞれの会社で全く会社の雰囲気、スタイル、働き方などが違いました。

ある会社は少人数精鋭で会社を運営しているところもあれば、バイトも含め100人以上の人たちが働く会社もありました。

それぞれの会社で任される仕事も違いますし、雰囲気も違います。

インターンを複数社でする場合、会社を運営するスタイルというものが色々あることも知ることができます。

働くということがわかる

インターンをすると働くということがどういうことなのかを知ることができます。

僕の感想としてはやはり働くということは忍耐力が1番大切だと痛感しました。

会社からお金をもらっている分、責任があるのでしっかりと仕事をしなければいけません。

また、長期インターンだと段々と任される仕事も大きくなり、チームを任されたりもします。

そうすると、他人のマネージメントもしなければいけないので、さらに責任も重くなります。

僕は働く前は「頭の良さ」というものが1番仕事で大切だと思っていました。

しかし、働いてみるとそんなことよりも、責任や仕事量に耐える「忍耐力」が大切だと感じました。

僕は働くというものをそう感じましたが、その感じ方は人それぞれだと思います。

でも、長期インターンは会社で働くということがどういうことなのかを学べる経験になります。

会社で働くと責任が乗っかる

これは僕の感想ですが、会社で働くと責任が生まれます。

例えば、仕事の納期を自分が遅らせるとその分だけ、プロジェクトの進みが遅くなります。

そうすれば、会社全体に迷惑がかかります。

1つ1つの仕事は小さくても、その仕事は全て繋がっており、責任が生まれます。

会社に所属するということはお金をもらっているということなので、そのお金分は会社のために付加価値をつけなければいけません。

当然、自分がやりたくない仕事はやらなければいけないし、楽しいだけではありません。

僕はその経験ができたことはとても貴重でした。

僕として会社に所属して働くということが向いていないということがわかったので、現在はフリーランスとして働いています。

おもしろい人に会える

大学は自分と同じような学力の人たちが集まります。

その中でも面白い人や刺激的な人はいるとは思いますが、長期インターンではその人たちはちょっと違う価値観を持った人たちと出会える可能性があります。

僕の経験でいうと、長期インターンにくるような学生は熱気に満ち溢れています。

仕事を心のそこから楽しみ、生き生きと仕事をしようとする人たちと出会えるでしょう。

また、社員の人たちもベンチャー企業で働いている人たちですから、普通のサラリーマンとは価値観が違います。

基本的に上昇志向で、やる気に満ち溢れている人たちが多いです。

そんな人たちと出会えるのも、長期インターンの良さかもしれません。

お金が稼げる

無給の会社もありますが、基本的に長期インターンは給料をもらうことができます。

学生だったら、普通のバイトをしたら時給1000円ぐらいが平均でしょうか。

長期インターンの場合はうまく仕事をこなすと、時給2000円とか3000円とかもらえるところがあります。

お金を稼ぐという意味で、長期インターンに参加してみるのもいいかもしれません。

その分、仕事は大変だとは思いますが。

スキルが身に付く

また、長期インターンを経験すると当然ですが、スキルが身につきます。

特にエンジニアのインターンとかはスキルが身につきつつ高い給与がもらえるので、かなり美味しいと思います。

他にもマーケの仕事とかも、広告運用やデータ分析などのスキルが身に付くと思います。

どんな仕事をしたとしても、スキルは身に付くと思うので、学生のうちから他の人に差をつけたい人とかはいいかもしれませんね。

長期インターンはがっつりやらないと意味がない

僕の考えとしては長期インターンはがっつりやらないと意味がありません。

週2回とかで長期インターンをしていたとしても、そこそこの経験、そこそこのスキルしか身につきません。

なぜかというと、会社側も週2回しか関われない人に大きな仕事は振れないからですね。

在宅でやるとかなら別ですが、週2回とか週1回では社会科見学程度に終わると思います。

やるなら、週3回以上は必須だと思います。

当然、就活のためとかなら別ですが。

本気でやればその気持ちを会社の人たちは組んでくれるので、どんどん仕事を任され、楽しむことができるかもしれません。

ぜひ、長期インターンを始める人はがっつりやりましょう。

長期インターンを探そう!

長期インターンを探したい人は「キャリアバイト」で探してみましょう。

キャリアバイトは日本最大級の求人インターンサイトで、GREEやサイバーエージェントなど大手企業も求人をしている媒体です。

サイトを少しみてみましたが、サイト自体も使いやすく、インターンの体験記などもみることができます。

IT・WEB業界の求人が多いので、その辺の企業のインターンに参加してみたい人は無料登録して、探してみましょう!

【キャリアバイトに無料登録する】