【2019年】おすすめオーディオブックアプリ6個を徹底比較!

【2019年】おすすめオーディオブックアプリ6個を徹底比較!

こんにちは!

最近、よく聞く「オーディオブック」というワード。

オーディオブックとは本を「聴く」サービスのことです。

本を朗読家が朗読してくれるサービスで、聞いているだけで本の内容を理解することができます。

今回はそんなオーディオブックを提供してくれるアプリをいくつかピックアップして比較していきます。

それぞれのプランやコンテンツの違いに注目していくので、自分が気に入ったアプリがあったら、使ってみましょう!

オーディオブックの良さとは?

まず最初にオーディオブックの良さについて、説明していきます。

ながら作業ができる!

オーディオブックは先ほど説明したように、本を聴くサービスです。

本は今まで読むものでしたが、オーディオブックでは聴いて内容を理解します。

本を読むには手と目を使いますが、オーディオブックでは「耳」のみです。

なので、オーディオブックはながら作業に向いています。

  • 料理をしながらオーディオブック
  • 通勤しながらオーディオブック
  • ランニングしながらオーディオブック
  • 家事をしながらオーディオブック
  • 運転しながらオーディオブック

このようにオーディオブックは何か他の作業をしながら利用することができます。

時間の有効利用が可能なので、耳が空いている隙間時間におすすめです。

他にもオーディオブックの使い方について知りたい人は以下の記事を読んでみましょう!

本の内容が頭に入りやすい

これは僕の実体験ですが、オーディオブックは読書に比べて本の内容が入ってきやすいです。

なぜかというとプロの朗読家がしっかり抑揚をつけて読んでくれるからですね。

抑揚が付いていると、聴いていても飽きないし、スッと本の内容が入ってきます。

人の書いたことよりも、人の話したことの方が頭に残りやすくないですか?

僕は人の話の方が頭に残りやすい方なので、オーディオブックはその点おすすめですね。

デメリットは聴ききるには時間はかかること

1つデメリットをあげるとすると、本の1冊を聴ききるのに時間がかかるという点ですね。

本を読むスピードが早い人だったら、2時間ぐらいで読めますが、オーディオブックでは5時間とか6時間かかります。

速度調節はできるので時間短縮はできますが、2倍ぐらいが限度だと思います。

2倍以上にすると聴き取れないですからね笑

本を一気に読みたい!という人には向いてないかもしれません。

オーディオブックサービス6社を比較

ではここからオーディオブックサービスを比較していきます。

今回紹介するサービスは以下の6つです。

  • audiobook
  • Audible
  • HQ
  • audiobook +e
  • Kikubon
  • Google Play Book

 audiobook

オーディオブックサービスの代表格が「audiobook」です。

audiobookの最大の特徴は月額750円の聴き放題サービスです。

月に750円支払うだけで、対象コンテンツが聴き放題となります。

コンテンツのジャンルも多様で、偏りがないので、どんな人にもおすすめできるサービスですね。

聴き放題の対象コンテンツは本だけじゃなくて、ポッドキャストというラジオのようなコンテンツがあったり、雑誌や落語といったコンテンツもあります。

僕がいいなと思ったコンテンツは「聴く日経」というコンテンツです。

毎朝ニュースをまとめて配信してくれます。このコンテンツも聴き放題対象コンテンツです。

オーディオブックは1冊2000円以上はかかると思うので、聴き放題サービスはかなりお得ですね。

1つデメリットは聴き放題対象外のコンテンツが聴けないということですね。

聴き放題以外でもaudiobookは単品でもん本を購入することができます。

でも、ランキングにランクインするようなコンテンツは対象外なので、そのようなコンテンツを読みたい人は普通に購入することになります。

このコンテンツだけ聴きたい!と決まっている人は次に紹介する「Audible」がおすすめです!

僕も利用してみましたが、使いやすいですしおすすめですね。

聴き放題は初月無料で利用できるので、お試しで利用してみましょう。

【audiobookを1ヶ月お試しする】

 

  • 月額750円で聴き放題
  • コンテンツも多様
  • 機能も充実
  • 人気コンテンツは聴き放題対象外

もっと詳しく機能やコンテンツを知りたい人は以下の記事をチェックしましょう!

Audible

Audibleはaudiobookと並んで、大手のオーディオブックサービスです。

Audibleはamazonが提供しているサービスで、以前は聴き放題サービスを提供していたのですが、現在は「コイン制」という月額制度を採用しています。

コイン制とは毎月1つのコインが配られ、そのコインと1つのコンテンツを交換することができます。

その他にも「全てのコンテンツが30%」や「会員限定無料コンテンツ」など様々な特典があります。

月額1500円とaudiobookと比較すると高いですが、Audibleの方が機能が充実していたり、コンテンツが多彩だったりとサービスのクオリティが高いと思います。

使っていて満足度は高いと思うので、自分の気になるコンテンツがある人は利用してみましょう!

最初は1冊無料でもらえるので、まずは使ってみるのがおすすめです。

【Audibleを1ヶ月お試しする】

  • 月額1500円のコイン制
  • 特典がたくさん付く
  • 機能やコンテンツなどのクオリティが高い

Audibleについてもう少し詳しく知りたい人は以下の記事をチェックしましょう!

HQ

Audibleとaudiobookがオーディオブックサービスの中で有名ですが、このサービスもなかなか有名です。

このサービスの最大の特徴は全てのコンテンツが無料ということです。

なぜかというと、著作権が切れたコンテンツのみを取り扱っているからですね。

例えば、夏目漱石や太宰治などのコンテンツが揃っています。

HQのコンテンツは洋書が多いので、英語の勉強にいいかもしれません。

しかし、著作権が切れるのが50年なので、大体1970年代より前の本しかありません。

最近の本を聴きたい人にはおすすめできません。

【HQを利用する】

 

  • 無料で本が聴けるオーディオブック
  • 著作権が切れたコンテンツを提供
  • 洋書がメイン

audiobook +e

「でじじ」というサイトが取り扱っているオーディオブックアプリの「audiobook+e」

Audibleやaudiobookのように月額会員制度はなく、普通に単品でオーディオブックを購入できます。

取り扱っているコンテンツはビジネス書や自己啓発本、小説など幅広いですね。

また独自のオリジナルコンテンツも取り扱っています。

値段は安めで、1000円前後のコンテンツが多いです。

僕の感想としては特徴のないサービスだと思います。

悪くもないし、良くもない印象です。

コンテンツの値段は安いので、お金のない人にはおすすめかもしれません。

あと注意点としてiPhoneでしか使えないアプリなので、androidの人は他のアプリを利用しましょう。

【audiobook+eを利用してみる】

  • 単品でオーディオブックを買える
  • 独自のコンテンツ
  • 価格は安め
  • iPhoneでのみ利用可能

Kikubon

小説をメインで取り扱っているオーディオブックサービスが「kikubon」です。

こちらも月額会員制度はなく、単品購入する形になります。

巻数が多い本などはセットでまとめ買いができたりもします。

また、ジャンルで絞ったり、聴く時間で絞ったりと自分の欲しい作品は探しやすいですね。

小説のジャンルは多様なので、小説好きにはいいかもしれません。

【Kikubonを利用してみる】

  • 小説メインのオーディオブックサービス
  • 単品購入
  • 探しやすい

Google Play Book

Googleが提供しているオーディオブックアプリです。

本来は普通の読む本を販売しているアプリですが、一部オーディオブックのコンテンツが販売されています。

英語のコンテンツがほとんどで、洋書を購入することができます。

あとは英会話のコンテンツとかも多いですね。

正直、このアプリを利用するなら他のアプリでいいと思います。

コンテンツの数も多くないですし、洋書や英会話のコンテンツは他のアプリでも揃っています。

【Google Play Booksを利用してみる】

 

  • Googleが提供しているオーディオブックアプリ
  • 英語のコンテンツが多い

その他のオーディオアプリ

続いて、オーディオブックを聴ける訳ではないですが、オーディオのコンテンツを提供してくれるアプリをいくつか紹介していきます。

Himaraya

このアプリでは「ポッドキャスト」といって、ラジオのようなコンテンツをメインで聴くことができます。

一部オーディオブックもあり、全てのコンテンツが無料で聴くことが可能です。

ジャンルも幅広く、経済学や語学などの勉強系のコンテンツから、お笑いなどのコンテンツまであります。

【Himalayaを利用してみる】

Voicy

こちらも色んな人のポッドキャストを聴けるアプリです。

他ジャンルの人たちがポッドキャストを配信しており、ビジネスジャンルの人が多い印象ですね。

イメージとしては一般の実業家やインフルエンサーによるラジオみたいなイメージです。

このアプリは僕は割と使ってますが、結構面白いコンテンツが多いですよ。

【Voicyを利用してみる】

Audibleかaudiobookがおすすめ!

いろんなオーディオブックアプリを比較しましたが、どうでしたか?

僕的にはAudibleとaudiobookがおすすめかなと思います。

他のアプリは月額会員制度がないですし、コンテンツの数や機能もこの2つが充実しています。

完全無料で使いたい人は「HQ」がおすすめですが、あとはこの2つを利用すればいいと思います。

【audiobookを1ヶ月お試しする】

【Audibleに1ヶ月お試しで使う】

オーディオブックアプリは使ってみると魅力がわかると思うので、ぜひこれを機会に利用してみましょう!