コンテンツプラットフォーム!初心者でもわかるように「TRX(トロン)」を解説!

コンテンツプラットフォーム!初心者でもわかるように「TRX(トロン)」を解説!

こんにちは。学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

最近は今人気急上昇中の「Binance」の銘柄を順番に勉強しています。「Binance」について知りたい方はこちら!

手数料が激安!日本円以外で取引するならおすすめしたい取引所「Binance」

今回は「TRX(トロン)」という通貨について説明していきます。

TRX(トロン)の特徴

ではまずトロンの特徴について解説していきます。

コンテンツプラットフォームを構築する!

トロンは簡単にいうとコンテンツプラットフォームを作ろうとしています。

つまりクリエイターが作ったコンテンツをユーザーに直接販売できる場所を提供してくれるということです。

ブロックチェーン技術を使用してプラットフォームを作れば、管理者がいなくてもコンテンツの販売や保存などが可能となります。

ブロックチェーンに購入履歴やコンテンツの所有権などが記載されるので、改ざんも不可能となります。

従来のプラットフォームは「広告での収益化」が必要だった

従来のコンテンツプラットフォームは動画だとyoutubeなどがあります。クリエイター(youtuber)が動画をユーザーに届けるにはyourtubeに動画をアップする必要があります。

youtube側は広告を運用することによって利益を得ているので、広告への貢献度(再生回数など)によってクリエイターは収益が決まります。

このような仕組みだと広告がクリックされるための質の低いコンテンツyoutubeによる報酬の操作などユーザーにとって悪影響を及ぼす可能性があります。

 

しかし、ブロックチェーン技術を使えばこの管理者(youtube)の存在がいらなくなります。

 

こうすることでクリエイターとユーザーを直接繋げることができるようになります。直接繋げることができるようになったので、どれくらいユーザーに使ってもらえるかによって報酬が決まります。

この仕組みにより

・コンテンツの質の向上

・クリエイターの報酬アップ

この2つが実現され、よりコンテンツ業界が盛り上がりをみせることになります。

「広告」はなくなるの?

ここで出てくる疑問が「広告はなくなるの?」という疑問ですね。

これは議論が別れるかもしれませんが、僕はなくならないと思っています。

この根拠を書くと長くなりますし、話がそれるので気になる人は以下の記事を見てください。

分散型ストレージサービスが普及したら「広告」はなくなるのか?

分散型ストレージによりコンテンツを管理!

トロンの仕組みをもう少し詳しく説明するとコンテンツはブロックチェーンにアップロードされ、分散管理されます。トロンはいわゆる分散型ストレージサービスと言えるでしょう。

各パソコンはコンテンツデータを管理する代わりに、トロンを報酬としてゲットできる仕組みです。

これによりこのトロンのネットワークに参加すれば、報酬をもらうこともできますし、自由にコンテンツをアップすることもできるようになります。

報酬はコンテンツ利用の手数料で補う

この分散型ストレージに参加している人への報酬はコンテンツを購入する時やコンテンツをアップロードする時の手数料から払われます。

こうしてコンテンツの作成、コンテンツの購入、ネットワーク参加者への報酬を循環させることでコンテンツプラットフォームが完成します。

TRX(トロン)の今までの進捗状況

続いてトロンの価格にも影響を及ぼすようなニュースや開発など今までの進捗状況について解説します。

利用者1000万人以上のアプリ「Peiwo」で導入

中国で人気の音楽アプリ「Peiwo」でトロンの導入が決まっています。

実際にトロンのプロダクトが完成し、Peiwoで使われるようになったら1000万人以上の人にトロンが使われるので、かなり価格も高騰するでしょう。

*追記 Peiwoに導入開始


2018年2月に導入が完了しました!

トロンを使って、配信者にギフトを送ることができるらしいです。

このようにどんどんサービスに導入されていったらいいですね。

2017年12月24日にシンガポール発のObikeとの提携

1000万人以上の会員を持つ、シンガポール発の自転車シェアリングサービスを提供する「Obike」と現在提携することが決定しています

シェアリングサービスとトロンが繋がるかどうかはわかりませんが、かなりの大企業との提携が決まっていることは大きな後ろ盾ですね。

ゲームアプリ「TRON DOGS」を公開!

トロンは犬を仮装アバターとして販売する「TRON DOGS」を公開しました。

トロンを使って犬を購入できるサービスで、購入した犬は友達と購入したりすることができます。

 

TRX(トロン)のチャート

トロンのチャートは以下の通りです。(円相場)

全体的に下降トレンドなので、価格はかなり下がっています。(トロンのせいではないと思いますw)

まだこれからの通貨なので、みなさん一緒に応援しましょう!

 

カサハラの意見:分散型ストレージに期待!

僕はトロンを購入していませんが、結構期待しています。(買いたいけど原資がないですw)

なぜならこの分散型ストレージでコンテンツを管理する仕組みはブロックチェーン技術と相性が良いからです。まさに「非中央集権」的と言えるのではないでしょうか?

コンテンツがユーザーに直接売られるのはいいことしかないですね。

問題は本当に実現されるのか?ということですね。発想はかなり面白いですが、開発が進んで実現するかどうかはわかりません。まだ実際にプロダクトとして出てきているものがないので、これから期待ですね。

またコンテンツ産業はこれからどんどん伸びていくと思います。AIが仕事を奪うとか言われていますが、コンテンツ産業は奪われたとしてもだいぶ先だと思います。(僕はそもそも奪われないと思いますが)

また物もどんどん安くなると思うので、コンテンツ業界にお金を使う人が多くなるのでは?と思っております。

トロンが分散型ストレージの仕組みを作るのかは知りませんが、今後に期待したいですね!

 

TRX(トロン)を購入するなら、Binanceがおすすめです。

まだ登録していない人は登録しましょう。

【Binanceに登録してみる】

 

何か記事に関して疑問点がありましたら、お答えするのでコメントよろしくお願いします。