Vtuberとは?Vtuberについて色々考察してみた

Vtuberとは?Vtuberについて色々考察してみた

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

僕は現在、Vtuberの制作に勤しんでおります。

そろそろ、僕は現実世界だけでなく、Vtuberとして仮想世界でも生活を始めます…!!

現実では大学に通いますが、仮想世界では何しようかな…。

さて、今回はそんな「Vtuber」という存在について、色々解説をしていきたいと思います!

Vtuberとはなんなのか。Vtuberにどうやったらなれるのか。Vtuberってどうなっていくの?

などなど、色んな疑問にお答えしていきます。

Vtuberとは?

まずはVtuberってなあに?という質問についてお答えします。

Vtuberとは正式名称だと「バーチャルユーチューバー(Virtual Youtuber)」で、3Dのキャラクターを人間が動かしてyoutuberとして活動している人(キャラ)を指します。

まあ具体例を挙げた方がわかりやすいですね。

1番有名なのが、「キズナアイ 」。

動画を見てもらえばわかりますが、このキャラクターは中の人がいて、動かしています。

詳しく説明すると、モーションキャプチャという人の動きを認識する機材を使って、人間の動きとキャラの動きをリンクさせています。

まあ、キズナアイぐらい細かい動きを反映させるとなると、かなりお金がかかりますね。

2DのVtuberも!

キズナアイは3Dキャラですが、2DキャラのVtuberも存在します。

というかキズナアイのように3DキャラのVtuberは逆に少ないです。

なぜかというと、お金も技術も必要だからですね。

なので、個人でVtuberをやろうとすると2Dキャラでやる人がほとんどでしょう。

代表的な2DのVtuberは「月ノ美兎」というキャラクターですかね。

実はこういう2Dキャラであれば、iPhoneXがあれば動かせちゃいます!

個人的にVtuberになってみたいという人は、2Dキャラでやるのがおすすめですね。

Vtuberになる方法

 

3DキャラのVtuberになるためにはこのようなスキルが必要になります。

これを1人でやろうとすると、かなりの時間がかかります!

僕は3Dキャラの方でVtuberを作ったのですが、かなり大変でしたw

個人でやるには2Dキャラの方がおすすめです。

2DキャラはLIVE2Dというイラストを動かすための加工ツールさえ使いこなせれば、結構簡単に作れちゃいます!

ここで作り方に詳しく触れるととんでもなく長くなるので、割愛しますね。

知りたい人は以下の記事を読んでみてくださいな!

既存のキャラなら超簡単!

もし、オリジナルのキャラクターじゃなくてもいいという人はVtuberになるのは超簡単です。

「facerig」という表情を認識してくれるツールを購入すれば、そのツールにキャラクターがいくつか入っているので、それを使えば、簡単にVtuberになれてしまいます!

facerigは約1500円ぐらいで買えちゃいます。

「イラスト描くのめんどくさい。加工すんのめんどくさい。」

こんな人で、Vtuberになりたい人は既存のキャラクターでやってみるのもありっちゃありですね。

でも、既存のキャラクターなので、人気か出るかは保証できませんがw

Vtuberって実際どうなっていくの?

最後にVtuberの今後について、色々僕の意見をまとめていきます。

現在Vtuber界隈で1番有名なキズナアイはチャンネル登録者数が200万人を誇っています。

youtuber界隈で有名な「ヒカキン」ですら、600万人なのでかなりの人気と言えます。

また、Vtuberの数も増えてきており、6月に入る時点で3000人まで増えてるっぽいですね。

テレビ番組の出演も!

最近では、人気のVtuberはテレビ番組の出演もしています。

Vtuberだけのテレビ番組もでき始めているらしく、ゲーム事業などで有名な「グリー株式会社」が7月から番組を始めています。

とうとうテレビ番組に出演が始まってきました…。

色んなメディアで登場していく

僕の予想としてVtuberは今後色んなメディアに登場してくると思います。

Vtuberってキャラクターなので、色んなところに登場しやすいんですね。

例えば、2Dにもできるので漫画にも登場できちゃいますし、ゲームの世界にも登場できちゃいます。

また人みたいに移動しなくても遠隔で操作できちゃうので、地方の方にも行けたり、世界にも簡単に行けちゃいます。

またVRが最近著しい発展をしていますが、VR世界の中にも登場できちゃいますね!

というように、Vtuberはかなり表現の制限が少ないので、今後もかなり広がっていくと思いますよ!

収益はyoutubeだけではない

これはyoutuber全員に言えることなんですが、Vtuberの収益ってyoutubeだけじゃないんですよね。

他にもテレビ出演があったり、雑誌に載ったり、漫画でかかれたり、イベントに参加したりと色々収益をゲットできるポイントがあります。

まあ当然、有名にならないと他のところに呼ばれませんがw

でも有名になるキャラを1つ作ってしまえば、かなり収益化できると思います。

実際何がいいの?

 

でもこんなにVtuberが人気なのは何が理由なんですかね?

中の人のキャラクターっていう人が多いですが、じゃあ中の人を変えてしまったら、人気はなくなるんですかね?

でも、僕はキャラクターの設定を精密にやれば、中の人が変わってもいける気がするんですけどどうですかね?w

中の人を変えたら、ファンは離れていくのかなー。

この実験をしてみたいなっと最近思っております。

Vtuberになってみよう!

Vtuberは顔出しせずに、youtuberになることができるのもメリットの1つです。

顔出しをしたくないけど、動画配信をしたいという人はぜひ、Vtuberになってみましょう!

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!