1週間で使いこなした僕がBlenderの使い方を徹底解説!

1週間で使いこなした僕がBlenderの使い方を徹底解説!

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

今回は3Dキャラのモデリングで使用するBlenderの使い方を説明していきたいと思います。

この記事で説明するのは、具体的な使い方ではなく、どうやったらBlenderをうまく使えるようになるかを解説していきます!

Blenderをうまく使いこなすためのコツやBlenderでのモデリングの進め方、最初に注意しておきたい点などなど、Blenderをこれから使おうと思っている人向けに、色々説明していきます!

ぜひこれからBlenderを使おうとしている人は参考にしてみてください。

まずはチュートリアルをやろう!

まず始めにやるべきなのは「チュートリアル」ですね。

チュートリアルとは簡単なモデルを使い方を覚えながら作ることで、色んな人がブログや動画でチュートリアルをあげてくれています。

チュートリアルを1回こなせば、大体のモデリングの流れと、Blenderの使い方を知ることができるので、必ず最初はチュートリアルをやりましょう!

チュートリアルはブログがおすすめ!

チュートリアルはブログと動画がありますが、僕はブログをおすすめします。

なぜなら、チュートリアルでは使い方を覚えながら進めていくので、ブログの方がツールとブログを行ったり来たりしやすいからです。

動画だと、一旦動画を止めなければいけないし、自分の戻りたい場所まで戻るのが大変です。

最初の大体の使い方はブログで十分勉強できるので、チュートリアルはブログで進めましょう。

作業ごとでチュートリアルを勉強しよう!

チュートリアルでは全ていっぺんに説明しているサイトが多いですが、全ていっぺんに勉強するのではなく、作業ごとに区切ってチュートリアルを勉強した方がいいでしょう。

いっぺんに全て覚えるのは無理です。覚えることが多すぎます。

全てのチュートリアルをみてから作業を進めても、モデリングが終わり、リギングをしようとする頃にはリギングのことは忘れているので、またリギングのチュートリアルを見る羽目になります。

最初はモデリングのチュートリアルだけを勉強するのがおすすめです。

モデリングのチュートリアルが終わったら、実際にモデリングでキャラを作ってみましょう。

モデリング・リギング・アニメーションなどいっぺんにチュートリアルを見るのではなく、モデリングのチュートリアルをやったら、実際に作業を進めるのが重要です。

モデリングチュートリアル→モデリング→リギングチュートリアル→リギング…

こんな感じで、作業を区切ってチュートリアルで勉強する方が効率的ですよ!

おすすめのチュートリアルブログ

僕が参考にしたチュートリアルブログは「Blender入門」というブログです。

色々調べましたが、このブログが1番わかりやすく簡単に説明しているので、初心者にはめちゃくちゃおすすめです。

引用元:http://www.cgradproject.com/tutorials/blender%E5%85%A5%E9%96%80

このチュートリアルでは上の写真のモデルを作成していきます。

簡単そうに見えますが、最初はかなり難しく感じると思いますw

でも、このチュートリアルは早ければ5時間ぐらいで終わると思うので、ささっと終わらせてしまいましょう。

動画のチュートリアル

ブログがおすすめとはいっても、文章読むのが苦手という人や動画の方がいいという人もいると思います。

そんな人には以下の「わにこ沼地辺境伯」というチャンネルがおすすめです。

このチャンネルの動画はかなり丁寧に3Dキャラのモデリングの解説をしてくれるので、チュートリアルとしては最適だと思います。

注意点として、動画が顔のモデリングまでしか解説していないので、注意しましょう。

細かい部分は動画で見よう!

僕としてはやっぱりブログの方が網羅的ですし、作業しやすいので、おすすめです。

でも細かな部分は動画をみた方がわかりやすいと思うので、ブログでわからない部分があったら、動画で調べてみましょう。

実際にオリジナルモデルを作ろう!

チュートリアルを終えたら、実際にオリジナルモデルを作っていきましょう。

完璧でなくてもとりあえず作る

モデリングで大切なのは「とりあえず作る」ということです。

Blenderって結構機能が多いので、全部勉強しようとすると相当な年月が必要となります。

自由に使いこなせるようになるのに、3ヶ月ぐらいはかかるんじゃないですかね?

時間がある人はじっくり勉強すればいいと思いますが、僕はチュートルアルを一通り終えたら、もう作り始めるのがおすすめします。

チュートルアルで操作方法を覚えれば、モデルを作っていくのは可能です。

作っていく中でやり方がわかんない部分は調べていくというスタイルの方が、上達スピードは早くなりますし、なにより楽しいです。

勉強だけだとつまんないですからね…。

僕はチュートリアルを1日で終わらせて、すぐにオリジナルモデルを作り始めました。

わからない部分も多かったですが、やはり自分のモデルを作っていくのは楽しかったです。

やはり、勉強ばかりしていてもつまらないと思うので、早めに作り始めてしまいましょう!

不安な時でも突き進む!

でもやっぱり、チュートリアルしかやっていないと作っている途中で不安になります。

「このやり方で間違ってないかな?」

「あとでめちゃくちゃ修正する羽目にならないかな…?」

頭の中は不安でいっぱいになると思いますが、そのまま突き進みましょう。

やり方が合っているかどうかなんてわかりません。Blenderの使い方は基本操作は共通していると思いますが、千差万別です。人によってめちゃくちゃ違います。

最初、四角形のオブジェクトを使う人もいますし、球体のオブジェクトを使う人もいます。

正解はありません。

なので、不安を抱いてもそのまま突き進んでください。

でも修正はめっちゃする

でも基本的に不安は的中しますw

絶対に修正点は出て来ます。

でも、逆に初心者の状態で修正点がないわけがありません。

基本的に修正点は出てくるものと考えて、モデリングを進めましょう。

Blenderの使い方を学べるおすすめサイト

Blenderを勉強していく中で、かなりの回数検索で調べると思います。

Googleで調べるのもいいと思いますが、ある程度サイトに目星をつけてブックマークしておく方が作業効率としていい場合もあります。

次に紹介するのは僕がBlenderを使っていく中で、ブックマークしていたサイトを2つ紹介します。

Blenderの易しい使い方

この「Blenderの易しい使い方」というサイトはめちゃくちゃお世話になりました。

かなり網羅的に機能の説明がされているので、このサイトさえあれば、ほとんど困ることはないでしょう。

グーグルで調べても、いつも上位に表示されます。

ぜひこのサイトはブックマークしておきましょう。

未経験者でもできるMMDキャラモデ講座

この「未経験者でもできるMMDキャラモデ講座」もわかりやすいサイトです。

このサイトはどちらかというとチュートリアルっぽいサイトで、初期設定から顔の作り方まで手順に沿って教えてくれます。

【blenderモデリング基礎】造形するにあたって序盤で知っておきたかったコマンドなど

このページはBlenderを使う人ならめちゃくちゃ便利なページです。

Blenderでよく使うコマンドを解説してくれています。

これは使っていないとわかりませんが、このページで紹介されているコマンドは本当によく使います。

僕も途中でこのページを見つけたので、知ったことでかなり作業効率が上がったコマンドもたくさんありました。

このページに載っているコマンドはぜひ最初のうちから使っておきましょう。

【blenderモデリング基礎】造形するにあたって序盤で知っておきたかったコマンドなど

今回紹介した3つのサイトやページは本当に役に立つので、最初からブックマークしておくのがおすすめです!

Blenderを使う上での注意点

最後にBlenderを使う上での注意点をざっと挙げていきたいと思います。

本は買う必要がない

これはBlenderを使う上での注意点ではありませんが、Blenderを勉強する上で本を買う必要がありません。

というか買わない方がいいでしょう。

Blenderみたいなツールはアップデートがあるので、本の情報は古くなってしまう可能性があります。

そうすると本通りに進めても、うまくいかない可能性があります。

しかもBlenderは使っている人がめちゃくちゃ多いので、ネットに情報はたくさんあります。

何か作業で詰まったとしても基本的に解決するので、本は買う必要はないでしょう。

マウスは必須

Blenderはトラックパッドのみで操作可能ですが、絶対にマイスがあった方が使いやすいです。

マウスがないと全然作業にならないと思うので、もし持っていない人はマウスを買いましょう。

【amazonでマウスを探す】

ショートカットは早めに覚えよう

Blenderにはショートカットがたくさんありますが、最初のうちから覚えてしまうのがおすすめです。

ショートカットを覚えているのとそうでないとでは作業効率が数倍違うと思います。

かなりショートカットは多いですが、頑張って覚えましょう。

頻繁に保存しよう

Blenderでは作業をミスったりすると、元に戻すのが大変な場合が多々あります。

そんなときに頻繁に保存しておかないとかなり前の状態から再スタートしなければいけなくなるので、保存は頻繁にしておくのがおすすめです。

僕はモデリングだけで60回ぐらいは保存してたと思います。

それぐらい頻繁に保存するのがいいと思いますよ。

Blenderを使いこなそう!

最初Blenderで3Dモデルを作ろうとした時、絶望したのを覚えています。

「勉強する内容多すぎる…」

でも実際に作業を進めてみると楽しくなり、みるみる上達していきました。

やっぱり勉強は退屈な人が多いと思うので、実際に自分でモデルを作り始めちゃうのがおすすめです。

作っていくうちに自然と使い方は覚えていきます。

ぜひ、Blenderを使って自分だけのオリジナルキャラを作成してみましょう!

ココナラで作成依頼しよう!

ここまでBlenderの使い方を説明していきましたが、「意外にめんどくさくね?」って感じた人もいると思います。

ココナラ」というサイトではモデリングの作成依頼をすることも可能です。

ココナラというサイトは自分のスキルに応じて、サービスを出品できるサービスで、モデリングスキルがある人が色んなサービスを出品しています。

見てみる感じだと、作業内容に応じて値段はまちまちですね。

イラスト作成からモデリング作成までやってくれるサービスもあります。

ココナラは無料で登録できるので、外注を考えている人は登録して調べてみましょう。

【ココナラに無料登録する】