【2019年版】おすすめのオーディオブックは?「audiobook」と「Audible」を徹底比較!

【2019年版】おすすめのオーディオブックは?「audiobook」と「Audible」を徹底比較!

こんにちは!最近髪の毛のウザさがどうしよもない大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

今回は最近話題のオーディオブックについて「audiobook」と「Audible」を両方使ってみたので、比較していきたいと思います!

*2019年までにどちらのサービスもアップデートがあったので、大幅に追記しました!

オーディオブックとは?

オーディオブックを知らない人のためにご説明しておくと、オーディオブックとは本を読むのではなく、聞いて内容を理解するサービスです。

もう本は「読む」のではなく、「聞く」世界になってきているんですね〜。

なぜ今までなかったのでしょうかね?

英語のリスニングサービスは流行った時期がありましたが、本の朗読は今までなかったですね。

最大のメリットは作業をしながら本を聞けること

読むのよりもスピードは落ちますが、視覚ではなく聴覚を使って本の内容を理解することができるので、他のことをしながら本を聞くことができます。

  • 料理をしながらオーディオブック
  • 通勤しながらオーディオブック
  • ランニングしながらオーディオブック
  • 家事をしながらオーディオブック
  • 運転しながらオーディオブック

例えばこれらのように生活の中の作業などにオーディオブックを組み込むことで、効率よく本を消費できますね。

ランニングとかはかなり相性がいいと思いますよ!

僕はよく運転をするので、運転しながらオーディオブックを利用するのもいいですね、

僕も使ってみましたが、運転とかランニングとか何にも考えずにやる作業のときにオーディオブックは相性がいいですね!

audiobookとAudibleを徹底比較!

それでは大手オーディオブックサービスである「audiobook」と「Audible」を徹底比較していきます。

audiobook

もともと「FeBe」というサービスがリニューアルしたのが「auidiobook」ですね。

audiobookの基礎情報はこんな感じです。

  • 聴き放題サービスが月額750円
  • ビジネス書や自己啓発本が人気
  • ポッドキャストが充実
  • 可変速度:0.5倍〜4倍

聴き放題サービスが月額750円

audiobookでは聴き放題サービスがあります。

以前はAudibleにも聴き放題サービスがありましたが、現在はありません。

audiobookの聴き放題サービスは価格が月額750円とかなり安いですね。

Audibleは聴き放題サービスではなく月額1500円なので、その半額です。

聴き放題サービスでは聴ける本が限りがありますが、それでもかなりの数のコンテンツが揃っています。

これは読み放題対象コンテンツの一部ですが、普通に買ったら数千円する本も無料で聴けちゃいます。

 

また少しわかりづらいですが、audiobookには読み放題サービスの月額会員以外にも月額会員があります。

月額300円~30000円まであり、毎月ポイントを獲得することができます。

例えば月額300円(税込324円)の会員になると、毎月350 ポイントがもらえるので、26円分お得になります。

audiobookをよく利用する人は月額会員になる方がいいと思いますが、とりあえず一冊買ってみることをおすすめします。

普通に本を購入するのは無料会員でも可能です。

まず買ってみて定期的に買おうと思う人は月額会員になったらいいと思います。

というか一冊買うよりも、聴き放題サービスの方は無料体験できるので、まずこっちで試してから考えるのがいいでしょう。

【audiobookを1ヶ月お試しする】

単品で購入しようとすると、普通の本並みの値段がするので僕は読み放題サービスがおすすめですね。

ビジネス書や自己啓発本が人気

作品数もかなり充実していますね。ざっと見てみましたが、ビジネス本から小説まで幅広い作品があります。

ランキングを見てみると、ビジネス書や自己啓発本が人気があります。

おそらくビジネス書や自己啓発本は聴きながら内容を理解しやすいコンテンツなので、人気があるのでしょう。

ベストセラー作品もビジネス書や自己啓発本が並んでいます。

僕がおもしろいコンテンツだと思うのが「少女朗読」。

「走れメロス」「ごんぎつね」など有名作品を可愛い声の声優さんが朗読してくれるコンテンツですw

アニメ声が好きな人にはたまらないコンテンツかもしれないですね!

僕も聞いて見ましたが、可愛いい声優さんが「走れメロス」を読んでくれたのは斬新でしたw

あと僕がいいなと思っているのが落語のコンテンツ!

落語は昔から聞きたいと思っていたので、これは嬉しいです。

しかも普通のコンテンツはプロの読み手が作者の代わりに本を読んでくれるのですが、落語のコンテンツは当然本人の声なので、臨場感があります。

ポッドキャストが充実

audiobookはポッドキャストも充実しています。

ポッドキャストとはいわゆる「ラジオ」みたいなものですね。

ポッドキャストでは色んな媒体が定期的にコンテンツを配信してくれます。

例えば、「聴く日経」というポッドキャストでは重要なニュースを厳選して毎朝6時に配信してくれます。

他にも「NHKラジオの入門ビジネス英語」や「モーニング娘。’19のモーニング女学院 〜放課後ミーティング〜」など面白そうなポッドキャストがありますね。

こちらはaudiobookの月額会員とは別に、追加でそれぞれのポッドキャストの月額会員になる必要があります。

ほとんどのポッドキャストは初月無料になっているので、試しに聞いてみましょう。

【audiobookでポッドキャストをお試しする】

可変速度が4倍速まであるけど‥

可変速度は4倍速までですけど、正直4倍速で聞いても何を言っているのかわかりませんw

これ4倍速で聞き取れる人いるのかなw

僕的には2倍速が限界だと思います。2倍速以上は正直いらないと思いますよ!

ゆっくり聞きたいという人は0.5倍速までスピードは下げられます。(僕は0.5倍速は遅すぎてイライラしましたがw)

ダウンロードして本を聞ける!

他にもauidiobookではダウンロードして本を聞くことができます。

ダウンロードして聞けるので、ネット環境がないところでも聞けますね。

ダウンロードは聴き放題サービスでもできます。

でも、評価が悪いね…。

僕的にはそこまで悪くないと思いますが、アプリストアの評価を見てみると驚くほど評価が低いですねw

評価のコメントを見てみると

「FeBeでは付箋機能があったがなくなった」

「iPadで使うと不安定でアプリが落ちる」

「資料ダウンロードができない」

システムにかなり問題があるっぽいですね。

僕は今の所使っていて不具合はないですが、結構皆さんは苦しんでるっぽいですw

まあFeBeからaudiobookに変更して、不具合が出たのでしょう。これから修正していく感じだと思います。

追記:評価が改善!

この記事を書いた頃よりも、機能が改善されて評価が上がっています!

上記で指摘した、不具合もなくなったのかな?

コメントを見る限りかなり使いやすくなったっぽいですね。

コンテンツの数も増えてきており、満足度も上がっています!

僕的には良いサービスだと思う!

僕が使って見た感想としては良いサービスとは思いますね。

以前よりも機能面やコンテンツ面が改善されているみたいです!

コンテンツの数が多いのと、落語コンテンツがあるのは僕的にはいいと思いました!

またAudibleは月額聴き放題サービスがないので、その面もaudiobookはいいですね。

読み放題サービスは最初の1ヶ月が無料なので、まずは使ってみましょう!

【audiobookを1ヶ月お試しする】

Audible

Audible」はあのamazonさんが提供しているオーディオブックサービスですね。

最近のamazonのスピード感はえぐいですね。

2時間以内に配達をする「Prime now」とか、最近だと無人コンビニ「Amazon GO」も作ってますよね。

僕は会員サービスの中でも、「amazonのプライム会員」を激推ししているので、まだ入っていない人はこの記事を読んで、プライム会員の魅力をぜひ知ってください!

さてAudibleの説明に戻ります。

Audibleの基礎情報はこんな感じですね。

  • 月額1500円の「コイン制」
  • コンテンツがめちゃくちゃ充実している
  • 可変速度:0.75倍〜3倍

月額1500円の「コイン制」

月額は1500円とちょい高めですね。

他のamazonの有料月額サービスを見てみても、4000万曲以上の曲が聞き放題のサービス「Amazon Music Unlimited」も月額980円(プライム会員は780円)だし、100万札以上の本が読み放題のサービス「Kindle Unlimited」も月額980円なので、これらと比べると少し高いですね。

またAudibleは2018年のアップデートによって聴き放題サービスが終わり、「コイン」というポイントが毎月もらえるサービスになりました。

この制度は「コイン制」と呼ばれていて、毎月コインがもらえてそのコインと一冊の本を交換することができます。

他にも会員になると割引が受けられたりと特典が色々付いています。

詳しくは以下の記事を読んでみてください。

audiobookの月額聴き放題サービスが750円なので、それと比較すると月額1500円のコイン制は見劣りしてしまいますね。

まあでも最初の1ヶ月は無料体験期間があって、一冊無料で本がもらえます。

【Audibleを1ヶ月お試しする】

audiobookもそうですが、値段どうこうよりもまずは使ってみるのがいいでしょう。

コンテンツがめちゃくちゃ充実している

2018年のアップデートで聴き放題サービスが終わった代わりに、コンテンツ数がかなり増えました。

audiobookのコンテンツ数はわからなかったのですが、40万冊はかなりの品揃えですね。

電子書籍読み放題のサービスの「Kindle Unlimited」もすごいスピードでコンテンツ数が伸びていったので、Auidibleもすぐコンテンツの数は増えましたね。

人気タイトルをみてみると、ホリエモンの「多動力」や映画がめちゃくちゃ話題になった「君の名は」など、コンテンツの種類は幅広いですね。

Audibleは洋書に力を入れているみたいで、洋書もかなりの数揃っています。

洋書は英語のリスニングの勉強にもなるので、オーディオブックとの相性がいいですね。

僕が聞きたい落語のコンテンツも充実してます!

 

他にもAudibleは面白いコンテンツがたくさんあります。

例えば、「Actors Voice」というサービスでは有名俳優や女優が朗読してくれます。

自分が好きな俳優が女優が朗読してくれるとしたら、めちゃくちゃ幸せですね。

 

「Welcome Pack」というコンテンツでは、月額会員で毎月もらうコイン1枚でパックになった数冊の本を聴くことができます。

ビジネス書がパッキングされた「スキルアップ・パック」や人気タイトルをまとめた「リスナーズ・パック」など色々あります。

コイン1枚は実質1500円なので、数冊貰えるのは超お得ですね。

他にも「Audible Station」というコンテンツではaudiobookでいうポッドキャストのようなコンテンツを月額会員なら無料で聴けます。

これはaudiobookと違って、月額会員なら無料で聴けます。

お笑い芸人のオリジナルラジオのようなコンテンツが多いですね。

 

こんな感じでAudibleはaudiobookに比べて、めちゃくちゃコンテンツの数が豊富です。

あとはコンテンツに評価が付いているのもいいですね。audiobookではコンテンツにユーザーの評価は付いていないので、どれが人気のコンテンツかがわかりません。

Auidibleではどのコンテンツが評価を集めているのかがわかるので、コンテンツを選びやすいですね。

機能が充実している!

Auidibleは他にも、機能が充実しています。

例えば、運転中にAuidibleを利用する場合、ボタンをおっきくすることができるんですよ!

通常が以下の画面です。

次にこれが運転中の操作画面です。

運転中だと戻るボタンや停止ボタンが大きく表示されるので、運転中でも操作に手間取ることがありません!

あとは「スリープタイマー機能」。

寝ながら聞くときに読み終わりの時間を設定できる機能ですね。これも寝ながら聞くときにはかなり便利ですよね!

Auidibleはこんな感じで痒いところに手の届いてる感が僕はいいと思いますね〜。

Audibleはコンテンツがすごい!

Audibleは聴き放題サービスがなくなりましたが、コンテンツがめちゃくちゃ充実しました。

audiobookは聴き放題サービスがあるので、それと比べると見劣りしてしまいますが、コンテンツがAudibleの方が魅力的ですね。

値段はaudiobookよりも若干高いですが、値段相応のコンテンツだと思います。

audiobookでいうポッドキャストの「Audible Station」は月額会員なら無料で聴けるので、一応聴き放題サービスも付いていますしね。

コンテンツに評価が付いているのもいいですね。

月額サービスとしては少し高めなので会員になるか悩むかもしれませんが、最初の1ヶ月は無料なので、まずは使ってみてそれから考えてみましょう!

【Audibleを1ヶ月お試しする】

他のサービスもご紹介!

基本的にオーディオブックのサービスは「audiobook」と「Audible」を抑えておけば大丈夫ですが、「他にはないの?」という方のために他のサービスもいくつか紹介しておきます。

僕は「audiobook」と「Audible」のどちらかでいいと思うので、参考程度にしてください!

無料で利用できる「HQ」

無料で利用できるというのが最大の特徴のオーディオブックが「HQ」です。

著作権が切れている「坊ちゃん」「奥の細道」などかなり古い本などを無料で読むことができるサービスです。

著作権が切れている本なので、当然新しい本はありません。

でも古典の本を読みたい!という人にはおすすめですね。

朗読してくれるから内容も頭に入って来やすいと思いますし。これは無料なので、お金のない僕も利用できるので、たくさん聞きたいとおもいますw

【HQを利用する】

1万冊以上のコンテンツを誇る「てじじ」

1万冊以上のコンテンツを誇るオーディオブックサービスが「てじじ」です。

コンテンツの数はすごいのですが、それ以外は微妙ですね。

基本的に単品購入になるので、1冊購入するだけで、audiobookやAudibleの月額の値段に達してしまいますし、月額サービスもありますが、月2冊しか本を聞くことができません。

しかも致命的なのがアプリがないこと。これは致命的ですよねw

何かしながら本を聞けるのがオーディオブックの魅力なのに、アプリがないって意味がわかりませんw

家でしか使わないのであればいいですが、外で使う場合はこのてジジは使えませんね。

audiobookやAudibleにないコンテンツでどうしても購入したいコンテンツがてじじにある場合は利用するのもいいかもしれませんね。

それ以外はaudiobookかAudibleでいいと思いますよ!

【てじじを利用してみる】

オーディオブックで本を聞こう!

僕はオーディオブックは昔から知っていたのですが、「読んだ方がよくない?」と思っていましたが、意外に使ってみると「本を聞く良さ」というのがわかりました。

みなさんもまずは使ってみてください。オーディオブックは使ってみないと良さがわからないと思うので。

今回はaudiobookとAudibleを比較しましたが、甲乙つけがたいですね…。

audiobookは聴き放題サービスが魅力的ですし、Audibleは圧倒的なコンテンツの豊富さを誇っています。

audiobookとAudibleはどちらも初月は無料で利用できるので、まずはどっちも登録して使ってみましょう!

使ってみたら、自分の好みがわかると思うので、使ってみてから選ぶのがいいと思います!

【audiobookを1ヶ月お試しする】

【Audibleに1ヶ月お試しで使う】

本人の朗読がいいかも

あと僕がオーディオブックを聞いて思ったのは、ビジネス本とかは本人が読む方が本で伝えたいニュアンスが伝わるかなと思いました。

やっぱり本人が朗読した方が、本の質が上がると思うんですよ。

やっぱり他人が朗読すると単調になりますし。

これから本人の朗読がセットになった電子書籍+オーディオブックとか出て来そうですね。

みなさんもぜひ使ってみて流行りに乗りましょう!

普通の読書もいいよ!

オーディオブックもいいですが、普通の読書もいいですよね!

僕はamazon会員の特典サービスである「Prime reading」をよく使っています。

Prime readingはビシネス本から小説、漫画まで幅広い本が読み放題のサービスです!

無料で利用できる割に結構新しい本がアップされていて、最近でいうと「君の名は」の小説が見れたりします。

僕は月に3,4本をダウンロードして、読みまくっています!

prime readingはamazon会員になると利用可能になります。

amazon会員は月に約300円と格安なので、ぜひ登録してみましょう!

【amazon会員になる】

 

 

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!