大学院に進学するメリット・デメリット〜理系大学院生に聞いてみた〜

大学院に進学するメリット・デメリット〜理系大学院生に聞いてみた〜

こんにちは!学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

今回はインタビュー形式の記事の第1弾の続きです!

前回のインタビュー形式の記事である「【学歴ロンダリング】の実態!〜理系大学院生に聞いてみた〜」は結構な反響があったので、嬉しいですね!

今まで書いた記事の中で1番読まれました。(友達に感謝…)

前回の記事から続けて読みたい方はこちらからご覧ください!

今回のテーマは「大学生が大学院に行くメリット・デメリット」です。

今回も大学院に進学する友達の「R氏」のインタビューをもとに記事を書きました。

僕は大学院には行かないので、いまいち大学院とはどういう場所なのか知りません。

友達の「R氏」が進学が決まったということで、詳しく大学院進学のメリット・デメリットについて聞いてみました。

これから大学院に進学するかどうか迷っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

大学生が大学院に行くメリット・デメリット

カサハラ:前回は学歴ロンダリングについて話してもらったけど、今回は大学院進学のメリット・デメリットに関して話してもらうけどいい?

R氏:いいよ〜。僕は理系だから理系目線から大学生が大学院に行くメリット・デメリットを話すね。

あと、僕はまだ進学を決めただけだから、体験に基づいた話はできないけど、先輩や教授などから聞いたメリット・デメリットを話すね。

大学院に行くメリット

カサハラ:おっけい。じゃあまずは大学院進学のメリット教えてくれる?

R氏:大学院進学のメリット挙げるとだいたいこんな感じだね。

  • より深い研究ができる
  • 資格等の取得機会が生まれる
  • 新たな人脈が出来る
  • 初任給高くなる
  • 就職の選択肢が広がる

思いつく限りだと、これらが大学院進学のメリットかな。1番のメリットはやっぱり「より深い研究ができる」ってことだね。

カサハラ:そりゃ研究するっていうのが大学院進学の1番の目的だよね。そもそも大学も研究する場所だしね。

R氏:そうだね。研究を続けたいという考えも持って多くの人が大学院に進学するね。研究を視野に入れないで大学院進むっと、入ってからかなり苦労するんじゃないかな。

カサハラ:なるほどね。資格の取得機会が生まれるってどういうこと?

R氏:大学を卒業してからじゃないと受験資格がない資格があったりするから、大学院に進学するとそういう資格を取得できるね。

あと大学在学中に取得しようと思った資格も、大学院に進学すれば時間がとれるから取得できるかもね。

社会人だと時間をなかなかとれなくて、資格を取得するのは難しいと思うから、資格は大学院で取得しておくのがいいと思うよ。

カサハラ:なるほど。司法試験とか典型的だね。社会人になっちゃうと司法試験を合格するのは無理があるからねw

新たな人脈っていうのは大事なの?

R氏:同じ大学だとそれほど関わる人は変わらないかもしれないけど、他大への大学院進学の場合は大きく変わるかもね。

他大への大学院進学の場合は一から人脈を作っていくことになるけど、その分、新しい人脈を作れるってことはいいことだよね。

大学と大学院が違うとOBが増えるから、就活の時に助けてもらったりできると思うし。

 

カサハラ:OBが増えるのはいいかも。就活の時に助けてもらえるのはそうだし、仕事をしてても同じ出身校の人だと助けてもらえたりするからね。

就職の選択肢はどんくらい広がるの?

R氏:募集はされているけど、実際には学部卒では就職するのが難しい企業とかあるから、院卒はそういった企業に入れる可能性があるね。

あと学部卒の採用枠が少ない企業もある。そういう意味で、就職する選択肢は広がるね。

カサハラ:これは大学の学歴と似ているね。実質、東大とか早慶とかしか就職できない企業があるみたいな感じかな。

初任給高くなるってどれくらい変わるもんなの?

R氏:企業によると思うけど、学部卒と院卒だと院卒の方が初任給が高い企業が多いと思うよ。初任給が変わらない企業の場合でも、生涯年収でみると院卒の方が高いケースも多いね。

カサハラ:へーそうなんだ。確かに院卒の方が2年研究しているから、初任給とか生涯年収とかが高くなるのは当然といえば当然だね。

大学院に行くデメリット

カサハラ:じゃあ次に大学院進学のデメリットを教えてくれる?

R氏:デメリットはこんな感じかな。

  • 2年間就職が遅れる
  • 研究が好きではない人には大変
  • 学費がかかる
  • 文系の場合、就活で有利にならない場合がある
  • 就活の業種が絞られる

2年間就職が遅れると、社会経験ができないし給料もその間貰えない。

単純に給料は長期的に見れば取り返せる場合があるけど、それを除いても社会に早めに出てた方がいいと考える人もいると思うよ。

カサハラ:なるほどね。経済的な理由もそうかもしれないけど、仕事は早く始めた方が仕事のスキルは向上するからね。

「研究が好きでない人には大変」は確かにそうだね。研究が好きではないと途中で挫折しそう。

R氏:そうだね。研究するのが一番の目的だから、大学院に行った後にやりたいことが変わった場合は大変だよね。

たまに就活失敗して大学院に進学する人がいるんだけど、しっかり考えてから進学した方がいいかもね。

興味がない分野の研究室に入ってしまうと、2年間大変な思いをする場合もあると思うから。

カサハラ:確かに就活失敗して院に行ってもいいことないかも。それだったら就活浪人して、インターンするなり、留学するなりした方がいいかもね。

大学院の学費ってどれくらいかかんの?

R氏:大学院によるけど、大学1年間の学費とほとんど同じだね。私大の理系だと100万以上はかかると思うよ。国公立だとその半分近くになるかな。

法科大学院とかはちょっと高いみたいだけど。

カサハラ:学費は大学と同じなんだね。

就活の業種が絞られるってどういうこと?

R氏:全く関係のない企業に就活できる場合もあるけど、多くの企業は大学院で研究したことがどう生かされるかをみると思うから、入れる業種は絞られる場合があるよね。

その分、大学院で研究した内容は専門知識を必要とする企業には就活で評価されるから、業種は絞られる可能性はあるけど、就活はうまくいく可能性が高いと思うよ。

カサハラ:文系の場合、就活で有利にならない場合があるってどういうこと?

R氏:僕は理系だから詳しくはわからないけど、文系の場合は日本で就活することを考えると大学院に進学することによって有利になることが少ないんじゃないかな?

カサハラ:なるほど。

全体的に大学院進学のデメリットをみてみると、1つのことを長くできない人は大学院進学はしない方がいいかもね。

つまり、僕は大学院進学は絶対向いてないってことだw

やりたいこと、常に変わるからw

R氏:そうだねw

カサハラは大学院、絶対向いてないw

カサハラ:そうだねw

あと話を聞いた感じ、この大学院進学のメリット・デメリットは理系と文系で結構違いそうだね。

僕の友達も理系の場合は大学院進学する人が多いけど、文系の場合は逆に大学院進学する人が少ないから、デメリットの方が多そう。

今度、文系大学院に行く人にもインタビューしてみるわ。

R氏:そうだね。文系の人の話も聞いた方がいいかも。

*追記*

先日文系大学院に通っている友達にインタビューしたので、文系大学院に行きたい人はこちらをチェック!

R氏が大学院に進学した理由

カサハラ:ちなみにR氏が大学院に進学した理由は?

R氏:まず、理系の場合は大学院に進学することがスタンダードとなりつつあると思う。実際に専門知識を身につけようとした場合は大学の4年間では難しいからね。

だから、大学院の2年間で僕が研究している専門分野での知識を深める機会を得るためかな~。

あと、僕の場合は仕事でも必要な資格の勉強を考えていたから、進学することはだいぶ前から決めてたね。

カサハラ:いつごろに決めたの?

R氏:大学2年生の時には大学院には進学するんだろうな~って考えてたね。

僕は他大の大学院に進学したけど、そこまでは考えてなかったけどね。

研究内容にもよるから。

カサハラ:大学生が就職するか大学院に進学するかって、いつごろ決めるものなの?

R氏:大学によって違うと思うけど、大学3年生の時にだいたい大学の研究室に配属が決まると思うから、そこから研究を大学院でもするのか、就職するのかをはっきりと決める人が多いと思うよ。

入学した段階で、大学院にもう進学しないって決めている人はもっと早く就職すると決めていると思うけど。

カサハラ:なるほどね。

大学院進学を考えている人へ

カサハラ:最後に大学院進学を考えている人に何かアドバイスとかある?

R氏:僕はまだ大学院進学を決めただけだから詳しくはアドバイスできないけど、周りに大学院進学を考えている人が少ない場合でも、自分の将来についてしっかりと考えて、大学院進学が自分にとって必要かどうかを考えた方がいいと思う。

研究者になる人は大学院に進学すると思うけど、それ以外の人でも将来に役立つ可能性があるから、しっかりと将来を見据えて、大学院進学も視野に入れた方がいいかな。

大学院に進学する人は全体的に少ないと思うけど、それを理由に進学を諦める必要はないと思うよ。

カサハラ:なるほどね。これは大学院進学に限らないことだね。自分のやりたいことがある人は周りのことは気にせずに、将来を選択した方がいいよね。

ではこれぐらいにしておきますか。ありがとう!

R氏:いえいえ。

大学院は将来への投資

以上で終わりです!

いやー興味深い話が聞けたので、インタビューしていて楽しかったですね〜。

僕は大学院進学を全く考えたことないので、新鮮な話ばかりでした!

話を聞いた限りだと、大学院進学は学費など経済的な負担がかかりますが、それは将来への投資と考えてもいいかもしれませんね。

もしやりたい研究とかが決まっている場合は、大学院で研究した内容は将来的に役に立つケースが多いと思うから、学費や時間を考えても、大学院進学はいい投資だと思う。

でも逆に就活が失敗したからという理由とかだけで大学院に進学してしまうと、大学院に入ってから大変な可能性もあるのは否めないね。

大学院進学は自分の進路をしっかりと見据えた上で、決めた方がいいってことですね!

大学院に行くかどうかで悩んでいる人は、とりあえず就活を体験してみるのもおすすめです。

気軽に企業の人に話を聞ける「ニクリーチ」なんていうサービスもあります。

お肉を食べながら話を聞けるので、気軽に話をきけるのでおすすめです。

あとはOBに聞いてみるのも手です。

おそらくOBの人の中には院に行くか、就職するかで迷った人もいると思います。

企業に就職した先輩に色々話を聞くことで、よりリアルな情報を聞き出せるはずです!

ビズリーチ・キャンパス」というサービスを利用すれば、ネットから簡単にOB訪問ができちゃいます。

めんどくさいメールとか電話とかをすることなく、LINEのようなメッセージのように気軽に日程調整とかが可能です。

登録は無料なので、とりあえず使ってみましょ。

【ビズリーチ・キャンパスに登録する】

 

別の友達にOB訪問についてのインタビューもしたので、ぜひ読んでみてください!参考になると思います。

R氏のインタビュー形式の記事はここで終わりですが、これからもどんどんインタビュー形式の記事を書いていけたらと思っております!(目標は月1本!)

みなさんお楽しみに!

前回の記事を読みたい方はこちら!

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!