ウォーレン・バフェット成功の名語録の書評してみた

ウォーレン・バフェット成功の名語録の書評してみた

こんにちは!学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

今回は超有名投資家のウォーレン・バフェットの本を読んだので書評していきたいと思います!!

本の内容と感想

 

“成功”と“尊敬”を同時に手にする大富豪、ウォーレン・バフェット。投資家、経営者として名を馳せるバフェットだが、その言葉には、あらゆる職に就くビジネスパーソンの心を揺さぶるパワーがある。本書は、バフェットの名言を厳選収集、一冊でその叡智に触れられる本。マネー感覚から成功のコツ、情報や時間の使い方、人間関係の築き方、震災後の日本へのメッセージまで、幅広いテーマの言葉を整理してまとめた。超一流の「仕事と人生の極意」とは?
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00976FACQ?_encoding=UTF8&isInIframe=1&n=2250738051&ref_=dp_proddesc_0&s=digital-text&showDetailProductDesc=1#iframe-wrapper

アマゾンさんの内容説明はこんな感じですね。

内容としては主に投資のことを話していますが、投資だけのことではなく人生に役立つことを幅広く知ることができる本でした!

僕が特に印象深かった内容を述べていきますね。

「価値」と「価格」は違う

バフェットさんは価値が高いのに、価格が安い企業に投資をするそうです。

価値とはつまりその企業が持っている資産から事業内容、人材などの「実質的な評価」のことです。

価格とは外部の人たちが決めた「額面上の評価」のことを指します。

価格は外部の人たちが決めている企業の価値なので、その企業何か不祥事を起こしたりすると価値が下がってしまいます。

逆に実質的に価値のない企業だったとしても、有名になり、注目を集めれば値段が上がりますね。

しかし価値というのは外部からの評価の影響を受けない実質的な評価のことです。

この価値というのは資産や人材、事業内容をみて自分で評価することになります。

バフェットさんは価格が低いのに、価値高い企業には迷わず投資をすると言っています。

つまり価値ー価格の差が大きいほど、その企業は投資をするメリットが大きいということです。

これは確かにそうだなと思いました。

仮想通貨に関して言えば、価値ー価格の差がこないだまでマイナスになっていました。(今はイコールぐらいですかね。)

このマイナスが大きくなればなるほどそれは「バブル」と呼ばれます。仮想通貨もこないだまではバブルでしたね。

このバブルが起きている時の投資は危なく、バブル崩壊後が逆にチャンスだとバフェットさんは言っています。

バブル崩壊後は無駄に価値があるのに価格がゴミのように落ちている企業があるので、それを拾えば将来的にはかなりの価格になります。

(仮想通貨の場合、実質的に価値のあるものなので、僕は今が買い時だと思いますよ!w)

しかし、これは価値を見極める能力が必要です。実際企業の資産や人材、事業内容の価値を判断するのは自分です。

間違えた判断をすれば、価値ー価格はマイナスなのに投資をしてしまうこともあります。

この間違いをできるだけ起こさないようにするには、経験が大切だと思います。

失敗から自分でルールを作り、そのルールに従って行動することで、成功率をあげることができます。

今回の仮想通貨バブルで僕は失敗したので、結構ノウハウができました。

これは経験したから学べたことなので、自分の中で大切な基準になったと思います!

今後は常に価値ー価格の差を常に意識して投資をしていきたいですね。

自分のルールに従い続けなければいけない

バフェットさんは自分のルールに従い続けなければ勝つことができないと言っています。

つまり失敗から学び、ルールを作ったらそれはずっと守らなければいけないということです。

「周りの情報に流され続けていたら、ずっと負け続ける。」

これは心に刺さりましたね〜w

実際仮想通貨の投資をしていますが、最初は周りの情報に流されていまいた。

「みんながいいって言ってるからこれ買うか!」

こんな感じで投資した通貨はうまくいきませんでした。

なぜなら価格が下がった時に狼狽売りしてしまうからです。

バフェットさんは投資の鉄則として長期投資を掲げています。

自分が確かに価値のあると思ったものにしか投資をしてはいけないと。

僕の狼狽売りはまさに自分が価値があると確信できずに投資してしまったケースでしたねw

この狼狽売りを反省してもう勉強した結果、今投資している通貨は値段が下がっても動じません。

自信を持って投資をしているからですね!

これにより精神的にも時間的にも余裕を持って投資をすることができました。

人間全員に共通するノウハウ

1番印象に残ったのは投資は誠実さが大切だということです。

これはかなり衝撃的でしたね。

以前、記事でも書きましたが、僕はこれからの時代は正直者が勝ち続ける時代だと思っています。

今後は正直者が活躍する社会になってくる

僕がそう思う理由は上記の記事を読んでくださいw

この正直であることの大切さが投資の世界でも言われていることに驚きました。

正直であること、誠実であることは人間として生きていく上でもっとも大切なことなのかもしれません。

どんな仕事に就いたとしても、誠実な人は成功を収めるということです。

この原則は人間として生きていく限り、どの国にいたとしても変わらないことかなと思います。

まとめ

この本は投資のノウハウが詰まった本でした。

上記に書いていないことでも、投資について学べることがたくさん載ってました!

投資している人はぜひ読んだ方がいい本ですね!

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!

「amazon prime」になればこの本を無料で読めます!他にも50冊ぐらい無料で読める本があるので、登録していない人はした方がお得ですよ〜。月額

【amazon primeに登録する】