今後は正直者が活躍する社会になってくる

今後は正直者が活躍する社会になってくる

こんにちは。学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

「お金2.0」を読んでから作者(佐藤さん)のことが気になり調べたら「timebank」というアプリを見つけました。

timebankとは人の時間を売り買いできるサービスで、人の時間に価格がつき人気がある人はその人の時間の需要が上がるので価格も上がる仕組みになっています。要するに株価みたいなものですね。

最近こういったサービスをよく見る気がします。ユーチューバーの人が非難された自分で株を発行する「VALU」なども同じようなサービスですね。

これらのサービスは個人に資産が集まる仕組みです。今までは会社から給料としてお金をもらっていた人が多いかもしれませんが、今後はこのように個人で稼ぐような世の中になるでしょう。

要するに人が多様性も持ちながら、個人で活躍できるようになる時代ということです。

人工知能の発展もこの流れを加速します。今までは個人で行動すると効率が悪かったので、マニュアルを作成し、そのマニュアル通りの仕事をしていれば生産性を高く保つことができました。しかし、人工知能が発展すると個人個人に合わせて人工知能が全てを調節してくれるので、みんなが同じ作業をする必要がなくなり、全員が違う作業をしても生産性が保てるようになります。代替可能な仕事は人工知能がやってくれるのです。

ではこのような個人の時代にどのような人が価値を生み出すのでしょうか?

僕は「正直者」であることが価値を生むと思います。

なぜなら正直者は好かれるからです。これからの時代はいかに魅力的な人間になるかが大切だと思います。極端に言えば僕は男女共にモテる人が価値をうみ、富を集めると思います。

では魅力的な人間とはどんな人か?それは正直者だと僕は思います。正直な人には人は魅力を感じます。全ての発言に一貫性がある人といってもいいかもしれません。

一番人に信用されないのは嘘をつくことです。

「こんな人だと思わなかった。」

人間は固定観念を作るとそれを基準に考えてしまいます。わかりやすい例でいうとベッキーさんの不倫が顕著でしょう。ベッキーさんは清純派タレントとして活躍していたので、清純派という固定観念が定着していたでしょう。それだけに不倫が会った時にみんな衝撃を受けたのだと思います。

ギャップがある人がモテると言われていますが、マイナスからプラスのギャップはいいかもしれませんが、プラスからのマイナスは最悪です。

でも正直にいったら嫌われるのではないか?と心配する人もいると思います。安心して大丈夫です。人工知能によって多様性を手に入れると様々なコミュニティが乱立してくると思います。しかもこのコミュニティは出入りが簡単で特色のあるコミュニティがたくさんできると思います。

正直でいても居心地の良いコミュニティを見つければ、そこで過ごせばいいだけの話です。

ということ大学に行く途中に思ったので、綴りましたw

日本人は特に周りの空気を気にする人が多いので、正直に自分をさらけ出せない人が多いです。今後はどんどんさらけ出していきましょう!