ブロックチェーンについての網羅的に教えてくれる「ブロックチェーンの衝撃」

ブロックチェーンについての網羅的に教えてくれる「ブロックチェーンの衝撃」

こんにちは。学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

書評シリーズ第2弾は「ブロッチェーンの衝撃/馬渕邦美著」です。

タイトルにもあるように仮想通貨を支える技術であるブロックチェーン技術について説明してくれる本です。

この本は仮想通貨を勉強したくて読み始めました。難易度は中って感じですかね。内容は難しい箇所と難しくない箇所があるので、難しいところは苦労しました…。

では紹介していきます!

本の目次と要約

はじめに(馬渕 邦美)
序章(野口 悠紀雄)
1章 総論
ビットコインの技術が及ぼす様々なビジネスへの影響
ビットコインと ビジネス
2章 ビットコインの可能性と課題
ビットコインと個人・社会・国家
ビットコインと法
ビットコインの最新技術
3章 ブロックチェーンが起こす金融変革とその仕組み
ブロックチェーン概論
ブロックチェーンの経済モデル
金融サービスへの応用
4章 ブロックチェーンの産業へのインパクト
非金融分野におけるブロックチェーンの可能性と課題
ブロックチェー ンとIoT
ブロックチェーン2.0プロジェクト
5章 新たに生まれるプラットフォーム
スマートコントラクト構築プラットフォーム「Ethereum」
NEM…ブロックチェーン技術の新しいパラダイム

最初の方はざっくり仮想通貨についてどんなものかを説明してくれます。その後仮想通貨の仕組みをかなり詳しく説明してくれます(インターネット、プログラムなどの知識がないと理解するの厳しいかも)。最後に具体的にどのような用途で使われるのかを具体例を込みで説明してくれます。

全体的に流れがあるので、各章ごとに読むのはおすすめしません。頭から最後まで順番に読んだ方が理解が深まりますよ。

本の個人的な感想

この本は仮想通貨の教科書的な本でした。分量は普通ですが、仮想通貨に関して特徴や仕組みなど網羅的に書いてくれています。仮想通貨を勉強しようとしている人はまずこの本を読んでみるといいでしょう。ざっと読めば仮想通貨をなんとなく理解することができるでしょう。

僕はこの本はある程度ネットで仮想通貨を勉強してから読んだので、知っている情報も当然ありましたが、この本で印象的だったことは仮想通貨によって金融機関がかなりコスト削減できるということです。

仮想通貨のブロックチェーン技術についての説明は割愛しますが、ブロックチェーン技術によって銀行などがユーザーのデータを管理しているデータサーバーなどが必要なくなるので、その管理費がいらなくなります。

このことは知っていたのですが、その管理費が想像していたよりもかなりの金額でしたw

銀行のサーバーは絶対にダウンしてはいけないので、かなりパワーの強いサーバーが使われています。かなりパワーが強くてもダウンする可能性があるので、同じぐらいのパワーのパックアップサーバーも用意しなくてはなりません。

そうすると数十億の管理費がかかるらしいですw。

これをブロックチェーン技術で代替すると1億もかからないぐらいの資金で管理することができるそうです。すごくないですか?

ブロックチェーン技術は今後普及する技術なんだなと再認識しました。

ブロックチェーン技術に関して知りたい人は以下の記事を読んでみてください。

仮想通貨って何?知識ゼロの人でも5分で簡単に理解できるように説明します。

まとめ

この本はブロックチェーン技術を学べるいい本でした。

この本と一緒にネットで調べながら読むとさらに知識を深められるような気がします。

仮想通貨に興味がある人はぜひ読んでみてください。