卒業間際の僕が教える後悔することなく卒業できる大学の過ごし方

卒業間際の僕が教える後悔することなく卒業できる大学の過ごし方

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

そろそろ大学生は夏休み前の期末テストですね!

僕は大学4年生なので、この期末テストが終わるとあと一回期末テストを受けると卒業になります…。

いやー大学生活はあっという間という話は聞いていましたが、本当にあっという間でしたね…。

大学生活は色々ありましたが、「大学生活でやっておけばよかったな〜」と思うことがいくつかあります。

今回は大学入りたての大学生やこれから大学に入る高校生に向けて、卒業するときに後悔しないための大学の過ごし方をご紹介していきます。

大学1年生の時期から色々チャレンジしよう!

大学生活で僕が大切だと思うのが、色んなことにチャレンジ(経験)することです。

めちゃくちゃありふれたアドバイスですが、みんながいうってことは大切ってことなんですよw

大学に入る前に将来やりたいことや仕事にしたいことを見つけている人はかなり少ないです。

逆にそれらが決まっている人はその目標に向かって頑張ればいいと思います。

でもそういう人は少ないと思うので、僕はとにかくちょっとでも興味のあることにチャレンジすることが大切だと思います。

やりたいことがないのはただ単に経験不足

よく大学生の悩みで聞くのが

「やりたいことが見つからない」

ですね。

実際、僕もこの悩みを抱えていました。

でもよく考えてみると、この悩みって別にどうってことなくて、やりたいことが見つからないなら、片っ端から色んなことをやればいいんですよ!

現在の自分の経験から考えて「やりたいこと」が見つかっていないだけで、世の中には面白いことはたくさんあります!

経験を増やすことで、自分のやりたいことは見つけられるはずです!

「数打ちゃ当たる」っていう発想を持ちましょう!

めんどくさいという人は環境作りをしよう!

こんな上から目線で語っている僕ですが、大学1年生ぐらいのときに「経験が大切ということはわかったけど、実際行動するのがめんどくさい」と思ったんですね。

「やれば楽しいけど、やるまでがめんどくさいと思ってしまう」という人は環境作りが大切です。

環境作りとは簡単にいうと、やらなければいけない状況を作ってしまうということです。

僕の場合でいうと大学1年生のときの「イクスタ」という大学受験を支援する学生団体に入りました。

やっぱり団体に入ったら、やらなければいけない作業はあるので、始めた当初は「めんどくさいなー」と思っていました。

でも、始めてみると意外と楽しくて、サイト作りの勉強をするようになりました。

それが今のブログに繋がってたりします。

僕のように始めるまで「めんどくさい」と思って、大学生活で何もしないという人は山ほどいます。

でも、環境を作るだけでこれは解決するんですね。

何かやりたいけどめんどくさいと思っている人はとりあえず、環境作りをしましょう。

大学在学中に読書をしまくろう

最近思ったんですが、大学在学中ってほとんどの本が無料で読めるんですよね。

大学の図書館を利用すれば。

大学によりますが、大学の図書館ってかなりの数の本が揃っています。

しかも普通の書店にないような古い本とかも揃っているので、かなりお得です。

僕は大学4年生になって大学の図書館の価値に気づき、今猛烈に読書をしています。

読書は「新しい視点」を与えてくれる

僕は本には2種類あると思います。

  • 新しい知識を与えてくれる本
  • 新しい視点を与えてくれる本

どちらの要素もある本もありますが、本はこの2種類に分けられると思います。

僕的には新しい視点を与えてくれる本というのが価値が高いと思っています。

新しい視点とは、自分が考えもしなかった考え方を与えてくれる本ですね。

同じ事実を知っていたとしても、視点を変えるだけで全く違う考え方になったりします。

そういう意味で、読書は新しい視点を与えてくれるんですね。

「新しい視点を手に入れる」というのは「新しい経験をする」に近いものがあります。

新しい視点を手に入れると全然興味なかったことに、興味が出たりするんですよ!

読書は新しい知識を手に入れるために読むのもありですが、新しい視点を手に入れるために読むのも僕はおすすめです。

大学生でやっておくべきことは?

よく聞く質問として「大学生でやっておくべきこと?」という質問がありますが、実際この質問の回答としては「人それぞれ」としか言いようがありませんw

「やるべきこと」なんて人によって違うので、一概に「これをやっておくべきだ!」という正解はないんですよね。

僕も先ほど「読書」をおすすめしていますが、僕がおすすめしているだけで、万人がするべきことではないと思います。

そうはいっても、「人それぞれだ!!!」と突き放すのは冷たいと思うので、僕の視点から「大学でやっておくべきこと」を以下の記事でまとめました。

もし興味ある人は参考程度にみてください!

卒業間近の4年生が語る!大学生活のうちにやるべきこと5選!

就活のために大学を過ごすのはやめよう!

僕の周りでは「就活のために留学する」とか「就活のためにTOEIC勉強する」とかいう人たちがたくさんいましたが、おすすめしません。

確かに留学経験とかTOEICで高いスコアを持っているというのは就活で役に立つこともありますが、就活が目的になるのは良くないですよね。

というか普通に考えて、就活が成功することは人生で重要なことではないですね。

就活のために大学生活を消費するのではなく、やりたいことを見つけるためにチャレンジしたり、やりたい仕事をするためにスキルを身につける方がよっぽど大切です。

彼女・彼氏を作ろう!

これは本当に思いますが、彼女・彼氏は大学在学中に作っといたほうがいいですよ!

彼女・彼氏を作る機会は圧倒的に大学在学中が多いはずです。

社会人の先輩などに話を聞いてもやはり、社会に出ると出会いはなかなかありません。

出会いがあったとしても、合コンとかですね。

そうなると、やっぱり大学在学中に彼女・彼氏を作っておくのがいいと思います!

コミニティに所属しよう!

僕の考えでは彼女・彼氏に作る1番いい方法はコミニティに参加することですね。

サークル・学生団体・バイトなどなど、大学生になると色んなコミニティに参加する機会があります。

コミニティに参加すれば、必ず出会いがあります。

実際、人は一緒に過ごす時間が多いほど好きになりやすいと思います。

コミニティに参加すればそれだけ、異性と過ごす時間が長くなるので、彼女・彼氏ができやすいはずです!

ぜひみなさん、大学に入ったらどこかのコミニティには参加しましょう!

もう後が無いという人は…

「コミニティに参加しているけど、彼女・彼氏ができない…」という人。

安心してください。

最近では「マッチングサービス」が充実しているので、それさえ使えば彼女・彼氏は一瞬でできます。

大学生でも結構使っている人が多くて、僕の友達でも使っている人は多いですね。

「with」っていうマッチングサービスはあのメンタリスト「Daigo」が監修しているサービスで、結構真剣に彼女・彼氏を探している人が多いっぽいですね。



友達にもバレずにできるので、そこら辺も安心して使えます。

「もう後が無い…」という大学生はぜひ使ってみましょう!!!

上場企業が提供。恋愛婚活「with」

何も考えず過ごすのはやめよう!

大学生活で絶対におすすめしないのは「何も考えず、ダラダラ過ごす」ということです。

これは人生の無駄使いです。これをやってしまうと、めちゃくちゃ後悔すると思います。

とにかくなんでもいいので、経験してみることが大切です。

大学の過ごし方に正解などありませんが、この記事をきっかけに何か行動してくれると嬉しいです!

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!