留学は目的次第?留学の行く意味を留学経験者の僕が考えてみた

留学は目的次第?留学の行く意味を留学経験者の僕が考えてみた

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

留学したい!という大学生は最近増えてきましたよね。

僕の友達にも留学経験者はたくさんいます。僕もそうです。(短期留学ですが)

留学経験者の友達にインタビューした記事も書いているので、気になる方はどうぞ。

【インタビュー第五弾①】スペイン半年間留学した友達に色々聞いてみた。

【インタビュー第六弾①】NILSでフィリピン留学した友達に色々聞いてみた

そんな大学生の「流行」といっても過言ではない留学ですが、みんなどんな目的で行くのでしょうか?

「英語勉強したい」

「海外の生活スタイルを勉強したい」

「とにかく海外に行きたい!」

留学する目的は色々あると思いますが、今回は留学について、留学経験者から話を聞いた僕が「留学の意味」をその目的ごとに考えていきたいと思います。

留学に行こうとしている人はぜひ参考にしてみてください。

留学する目的

まずは「留学する目的」を考えてみましょう。

僕が考えられる範囲で留学する理由は以下の4つですね。

  • 英語を勉強できる
  • 海外で生活してみたい
  • 就活で役に立つ
  • とりあえず留学してみたい

おそらく上記で挙げた目的の中で、1つだけってことはないと思います。

英語を勉強したい+就活で役に立つから留学へ行く人もいるでしょう。

今回は話をわかりやすくするために、それぞれの目的ごとで留学の意味について考えて行きたいと思います。

英語を勉強するために留学する

まず留学行く理由として1番多いのが

「英語を勉強するために留学する」

ですね。

てか、ほとんどの人はこの目的で留学するんじゃないですかね?

留学では強制的に英語を勉強できる

僕はこの目的で留学に行くのは結論として、意味があると思います。

なぜなら、留学にいけば英語を強制的に勉強するからですね!

勉強ってめんどくさいじゃないですか?

英語を勉強するのってやっぱり日本だと、モチベーションが続かないんですよね。

僕も大学生になってから、一時期英語の勉強をしてきましたが、挫折しました。

でも、留学すると強制的に勉強しなければいけません。

というか日常的に英語に触れるので、意識しなくても英語の勉強ができます。

人と話すだけで英語の勉強になりますからね。

意識的に勉強することが大切

しかし、留学に行って英語の勉強するのはいいと思いますが、注意点として意識的に勉強しないと意味がありません。

強制的に英語を勉強できるのは事実ですが、あるレベルまでです。

留学行っていた友達が言っていたのは「日常会話レベルならノリで話せる」ということです。

別に日常会話レベルの英語を喋れるようになりたいのであれば、留学する意味はほぼないでしょう。

何回か旅行にいけば、なんとなく喋れるようになります。

留学に行くのであれば、議論をできるレベルまで英語を上達させた方がいいと思います!

日本にいても英語は勉強できる

英語を勉強する環境というのは日本で整いつつあります。

留学することによって英語の勉強はできますが、別に留学する必要もありません。

最近ではネットのサービスが充実しているので、安い値段で英語を勉強できます。

今では英会話もネットでできちゃいます。

「DMM英会話」などのサービスは1レッスン150円と安価な値段で英会話の勉強ができちゃいます。

留学に行こうとすると1年間で数百万とかかかるので、日常会話レベルの英語が喋れるようになりたいなら英会話で勉強した方がコスパがいいでしょう。

無料受講もできちゃうので、とりあえずやってみてください。

【DMM英会話を無料体験】

受講してみて続かないと思った人は留学に行く方が効率的に勉強できるかもしれません。

読み書きの勉強したい人も最近ではネットでできちゃいます。

有名どころだと「スタディサプリENGLISH」とかですね。

「スタディサプリENGLISH」はめちゃくちゃコースが充実していて、英会話の授業もありますし、TOEIC対策の授業もあります。

就活生の人はTOEIC対策とかは英語の読み書きの対策にもなりますし、就活対策にもなります。

これも無料体験やっているので、まずはやってみてください。

留学はモチベーションが続く

こんな感じで、ネット上で英語が勉強できる環境は揃っています。

でも、留学に行って英語を勉強するというのはいいと思います。

留学に行くと英語を勉強するモチベーションが続きます。

日本にいるとやっぱりモチベーションが続かない場合がありますよね…。

事実、僕も英語の勉強は続きませんでした…。

留学したら、英語の勉強へのモチベーションが続きやすいと思うので、別に英語を勉強するために留学するのもありだと僕は思いますよ!

海外で生活してみたい

留学の目的が「海外で生活してみたい」という人もいますね。

「文化を学びたい」「この国が好きだから生活してみたい」などですね。

僕はこの理由で留学するのは反対です。

旅行でよくない?

この理由で留学する必要がないと思うのは「旅行でよくない?」と思うからですね。

海外での生活は別に留学しなくても、旅行で十分味わえます。

1,2週間旅行すれば、十分でしょう。

僕も旅行が好きなので、しょっちゅう海外に行きますが、全然数日滞在しただけでも海外の生活は体験できます。

語学学校に通ったり、大学に行ったりする必要はないと思います。

就活で役に立つ

留学する理由の中で「就活するときに役に立つ」という理由で留学する人もいますね。

僕はこの理由で留学するのも反対ですね。

そこまで就活で役に立たないのでは?

僕が思うに留学すること自体は就活で役に立たないと思います。

留学先での経験を語ることで、就活で好印象を与えることはできると思いますが、留学それ自体ではなんの意味もありませんね。

「留学しとけば、優良企業に入れる!」

この考え方は間違いだと思いますよ〜。

とりあえず留学してみたい

最後に「とりあえず留学してみたい!」という人もいると思います。

これに対して否定的な人もいると思いますが、僕は肯定派ですね。

環境で人は変わる

僕は環境で人は変わると思います。

やっぱり人間は周りの人たちの考え方とかに影響受けるので、環境を変えるというのは大切ですね。

そういう意味で留学には意味があると思います。

留学することで、今までの人生で関わってこなかった人たちと出会います。

違う土地で育った人たちと出会うことで、人生が変わるきっかけに出会うこともあるでしょう。

なので、何か現状に不満な人や何かを変えたいと思っている人は留学するのはおすすめです。

結論:留学は行きたいなら、行くべき

僕の中の結論として「留学は行きたいなら、行くべき」だと思います。(まあ行きたくない人のに行くって人はいないと思いますがw)

今回の議論の主題である「留学の目的」は実際、関係ないということですw

どんな理由で留学したとしても、何かが変わるきっかけにはなると思います。

どんな人に出会うのか、どんな経験をするのかは留学してみないとわかりません。

目的はどうであれ、「留学したい!」という強い思いがあるのであれば、ぜひ留学をしましょう。

友達に聞いても結果的に「留学してよかった」と言っている人がほとんどですね。

目的はそこまで関係ないということです。

ぜひ迷っている人は、自分が強く行きたいと思うのであれば留学してみましょう!

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!