サークルって入った方がいいの?辞めた僕が考えるサークルのメリット・デメリット

サークルって入った方がいいの?辞めた僕が考えるサークルのメリット・デメリット

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

さあ、みなさんそろそろサークルは決めましたか?

もう7月に突入したので、多くの人はサークルに入ったと思います。

しかし、サークルに入ろうか迷っている君に、いいことを教えよう。

結論、サークルは入った方がいいよ!!絶対に!!

僕は辞めましたけど!!!1年間ぐらいで辞めましたね‥。

今回は僕の体験談を交えながら、サークルのメリット・デメリットを中心にまとめていきたいと思います。

サークルのメリット

まずはサークルに入るメリットを説明していきたいと思います。

友達ができる

まず、サークルに入ると大学生の友達ができます。

てかサークルの役割はほとんどがこれですね。

実際、サークルに入らないとなかなか人間関係を構築することは難しいです。

僕の友達はサークルに入らなかったため、ほとんど友達ができなかったと嘆いていました。

せっかく大学入ったのに、友達できないのは嫌ですよね!

僕は大学の授業で仲良くなると思って、期待していました。

でも、大学の授業は大教室でやる授業が多いので、それだと学生同士のコミュニケーションはなかなかありません。

少人数教室の授業もありますが、週1回1時間半の授業だけではなかなか仲良くなるきっかけにはなりません。

僕が思うに大学で友達ができやすいのはサークルかバイトですね。

友達作りのきっかけにサークルに所属するのはおすすめです。

彼女彼氏ができる?

サークルに入れば異性との出会いもあります。

てか大学生でサークル入る目的のほとんどはこれでしょう。(サークルの種類にもよりますが)

でも、サークルに入ったとて、そこから競争が始まります。弱肉強食の世界です。

攻めの姿勢がない限り、彼女彼氏はできません。攻めあるのみです。

「サークルに入ったから、彼女彼氏できるでしょ!」みたいな軽い気持ちでいると、あっというまに置いていかれますよ?

趣味・勉強を深められる

これはサークルではないかもしれませんが、僕は学生団体に入っていました。

そこでは大学受験向けのサイト運営をしていたので、SEOの勉強とかサイトデザインの勉強とか、今に繋がっていることを経験することができました。

僕の大学では「株を勉強するサークル」や「広告を研究するサークル」など学びのあるサークルも結構多かったです。

サークルというと「テニス・バスケ・サッカー」など運動系のサークルを想像する人が多いですが、他にも趣味を深められたり、勉強になったりするサークルもたくさんあります。

大学では基本的に自分の入った学部の学問しか勉強しませんが、他のことも勉強したという人はサークルに入ることで勉強・経験を積むことができるので、おすすめですね。

サークルに入るデメリット

次にサークルに入るデメリットを説明していきます。

なんだかんだ責任とかがある

僕が大学に入る前のサークルのイメージは超ゆるい団体のイメージでした。

いつ参加してもいいし、別に半年間行かなくてもいいみたいな感じかと思っていました。

しかし、サークルも団体なので、その中でルールというものが存在します。

サークルを成立させるためにはみんながそのルールを守る必要があるんですね。

僕はこのルールを遵守するのがめちゃくちゃだるかったです…。

「この日は絶対に行かなければいいけない」

「これはルール上やってはいけない」

こんな規則がたくさん存在したので、かなり窮屈感がありました。

これはサークルによると思いますが、きっとどこのサークルにもある程度はあるでしょう。

サークルを運営する学年がある

サークルにはサークルを運営する学年が存在します。

大学によって違いますが、2年生か3年生の学年が多いですね。

この学年になるとサークルの中心メンバーとしてサークルを運営しなければいけないので、他の学年よりも仕事量が増えます。

仕事量が増えるので、責任も大きくなり、よりコミットしなければいいけない時間が増えます。

そうするとゆるーーくサークルに行こうとしていた人にとっては苦痛でしかないでしょう。

僕がなぜサークルを辞めたのか

メリットやデメリットを述べてきましたが、それを踏まえてなぜ僕がサークルを辞めたのかを述べていきますね!

サークルに飽きた

これが1番の理由ですね。

サークルに飽きました。

サークルではみんなでイベントやったり、飲み会をやったりするんですが、最初は楽しかったです。

でも、結局毎年同じことしかやらないんですよね。

それって新しい学びは1つもないし、刺激もありません。

飲み会も週2,3回ありますが、コールで場を盛り上げて楽しくするか、毎回同じような話をするかしかありません。

別に僕はそういうのを否定する気はありませんが、僕にとってそれは楽しいものではなくなってしまいましたね…。

やりたいことが増えていきた

あともう1つの理由として、やりたいことが増えたというのがありましたね。

大学に入ってからはお酒が好きだったので、飲み会ばかりをしていました。

週5,6は飲んでいたんじゃないですかね?

そんな生活に飽きてきた頃に、先ほどの話した学生団体でのサイト運営が楽しくなってきたんですね。

それで、サークルに使う時間がもったいなくなり辞めました。

せっかくの大学生活も何か学びがないともったいないと思うので、サークルにコミットするのも大切ですが、他のことを頑張るのも僕的にはおすすめですよ。

サークル選びを慎重に!

結局のところ、サークルに入るか入らないかよりも、入るサークルの選び方が重要だと思います。

僕みたいにゆるーーい関係のサークルに入りたかったら、そこまで活動を頑張ってないサークルに入るべきですね。

これの見分け方は簡単で、新歓を頑張ってないサークルに入りましょう。

新歓を頑張ってないサークルってほとんどゆるーーいサークルです。

逆に新歓を頑張っているサークルはきちんと運営されているサークルなので、意外に仕事とかは多いでしょう。

別にサークルに時間をたくさん使ってもいいという人は逆に新歓を頑張っているサークルに入ればいいと思います。

なので、結論は「友達作りのためにサークルに所属するのがおすすめだけど、サークル選びは慎重に!」ですね。

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!