1ヶ月短期留学した僕が短期留学のメリット・デメリットを考えてみた

1ヶ月短期留学した僕が短期留学のメリット・デメリットを考えてみた

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

最近、「大学生=留学」みたいな風潮ありますよね!

僕の大学なんか1/10の生徒が留学生らしいです!めちゃくちゃ多い!!

僕もそんな流行に乗ろうと、大学1年生の時の夏休みにニュージーランドに1ヶ月短期留学しました。

語学学校に短期留学に行ったのですが、その時の経験から現在までを振り返ってみて短期留学のメリット・デメリットについて考えてみようと思います!

これから短期留学に行こうか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

短期留学のメリット

まずは僕の経験から短期留学のメリットを考えてみます。

英語学習のモチベーションがUP!

短期留学の1番のメリットはこれだと思います。

実際に海外に行って勉強することで、海外の良さや英語を話す楽しさ、他文化に触れる楽しさを知ることができます。

そうすると英語学習のモチベーションが爆上がりします。

留学から帰ってきても英語の勉強を続ける人は結構多いと思いますよ!

僕も留学から帰ってきてから、リスニングの勉強とかしましたし。(ボクハトチュウデザセツシマシタ)

やっぱり、実際に海外に行って勉強するのと日本で勉強するのとでは全く違うと思うので、モチベーションあげたいという人はぜひ、短期留学しましょう!

英語で話すことに抵抗がなくなる

英語で最初話す時って、結構抵抗ありませんか?

「間違ってたらどうしよう…」

「勘違いされたらどうしよう…」

英語に苦手意識が基本的にみんなあると思うので、短期留学に行くとそれが無くなります。

別に海外の人に話しかけられたとしても、緊張せずに話せるようになるのはメリットですね。

僕も別に緊張せずに話せるようになりました!

楽しい!!!

まず言えるのは楽しいということ。

とにかく短期留学は楽しいですよ!

短期なので、1ヶ月以内で行く人が多いと思いますが、長期で住むわけではないので、

「味噌汁飲みたい〜」とか「お米食べたい〜」とかいう症状は出ません。(発症する人もいます)

基本的に旅行感覚で過ごすことができるので、めちゃくちゃ楽しいです!!

短期留学は学校に通う人が多いと思いますが、短期なので人間関係で悩むこともなく、友達もたくさんできます。

「旅行じゃなくて英語も勉強しつつ、他の国で生活してみたい!」という人はおすすめですね。

友達ができる!

さっきも言いましたが、留学に行くと友達がたくさんできます。

外国人の友達もたくさんできますが、日本人の友達もたくさんできます!

僕も留学行った時にできた友達といまだに連絡とっていますし、飲み行ったりもします。

やっぱり海外に行くと日本人で固まってしまうのですが、海外に行くのは不安だと思うので、逆に嬉しい!という人もいますよね。

「留学行ってんだから外国人としか喋らん!!」と張り切りたい人は日本人がいないようなマイナーな語学学校に行くのがおすすめです!

自分から積極的にコミュニケーションを取れば、外国人の友達もたくさん作れますよ!

イベントがたくさん!

語学学校は基本的に休みの日にはイベントがあることが多いです。

このイベントに参加すれば、イベントによってはその国の観光もできたりしますし、参加者と交流もできます。

これは絶対参加したほうがいいですよ!

僕の語学学校はスポーツイベントがありましたが、スポーツってやっぱり仲良くなるんですよね!

自然とコミュニケーションがとれますし、喋れなくてもめちゃくちゃ楽しいです。

ぜひ短期留学に行った際にはイベントに参加しましょう。

短期留学のデメリット

では次に短期留学のデメリットについて説明していきます。

英語は急激には上達しない

みなさん、英語の上達を期待して留学に行くと思いますが、英語はそんな急激には上達しません。

ペラペラに喋れるようになるには、1年以上日常的に英語に触れる必要があるでしょう。

今まで勉強してこなかったのに、短期留学1ヶ月行っただけでは上達するわけがありません。

でも重要なのは、明らかな上達はないものの、日常会話なら喋れるようになったり、聞き取れるようになったりはします。

僕も受験勉強で読み書きはある程度できるものの、会話は全くでしたが、ある程度はできるようになりました。

僕も短期留学に行く前は

「ペラペラに絶対なってやる!!」

と気合いをパンパンにして行きましたが、結果撃沈しました。

気合いを入れて行くのはいいと思いますが、現実はそこまで甘くないので、みなさんも気をつけましょう。

ある程度、英語の知識がないと意味がない

短期留学の場合、文法とかリーディングとかがある程度できないと意味がないかもしれません。

なぜかというと語学学校は基本的にレベルに分かれています。

僕は受験勉強直後に行ったので、上位クラスにいたので、ディベートとかプレゼンとかがメインの授業でしたが、下のクラスの友達は文法とかがメインの授業でした。

文法とかリーディングの授業がメインだと、意味ないですよねw

だって、日本でできますからw

もし、英語に自信がないという人はまずは日本で英語の勉強を頑張りましょう。

ある程度英文が読めたり、文法ができたりすれば大丈夫だと思います。

長期留学ならみっちり勉強できる

長期留学なら逆に英語ができなくても、大丈夫だと思います。

みっちり英語の勉強ができるので、文法やリーディングができなくても平気でしょう。

なので、長期で行きたい人は逆に準備なしても大丈夫だと思います!

英語がペラペラになりたいなら長期留学へ

ここまで短期留学のメリット・デメリットを話して行きましたが、どうでしたか?

短期留学は確かにいい経験にはなります。めちゃくちゃ楽しいです。

しかし!英語はそんな簡単には上達はしないのです…。

英語を喋れるようになるために、短期留学に行くのは間違いなのでやめましょう。

英語が上達したいなら、長期留学に行きましょう。

長期留学ならカナダとかいいと思いますよ!

このカナダジャーナル」というサービスでは、カナダ留学を支援しているので、気になる人は無料相談してみましょ。

【長期留学を無料相談する】

長期留学なら1年間とか行くと思うので、きちんと勉強すれば英語は喋れるようになるはずです。

でも長期留学に行った友達は周りにいますが、日常会話程度しか喋れるようにならなかった友達もいます。

でもきちんと勉強をした友達はペラペラになって帰ってきました。

要はやる気次第ってことです。

短期留学する前に勉強しよう!

僕は経験から思うに、短期留学前にはある程度勉強したほうがいいと思います。

僕は大学受験直後だったので、ある程度できましたが、全く歯が立たないと留学してもほとんど意味のない勉強になってしまいます。

短期留学はある程度、勉強してレベルを上げてから行くのがおすすめです。

もし、どう勉強したらいいかわからないという人はTOEICを勉強しましょう。

大学生ならTOEICを勉強しておくのがおすすめです。なぜなら就活で役に立つからですね。

「スタディサプリENGLISH」っていうTOEICを勉強できるサービスとかもあるので、勉強の仕方がわからない人は申し込んでみましょう。

7日間は無料っぽいんで、まずは使ってみるのがおすすめです。

【スタディサプリを無料体験してみる】

英語ペラペラになるなら英会話でよくない?

正直、「英語ペラペラになる=留学」って訳でもありません。

日本にいても十分英語は喋れるようになるはずです。

重要なのはいかに継続して勉強するかということです。

まあ、長期留学に行くのが1番の近道ではありますが、お金と時間がないパターンが多いですよね。

僕は英会話とかいいと思いますよ。

最近、英会話のサービスとか結構多くて、安い値段で英会話の勉強ができます。

大手の企業だと「DMM英会話」とか有名ですね。

こういうのはまずやってみることが大切だと思うので、興味ある人は始めてみましょう!

始めてみないことには上達しませんよ!

DMM英会話は無料体験講座を2回受けられます。

【DMM英会話を無料受講してみる】

短期留学もおすすめだよ

僕は結果的に短期留学に行ってよかったなと思います。

友達もたくさんできたし、ニュージランドのことよく知れたし。

僕はモチベーションは続かなかったですが、英語を勉強するきっかけにもなると思います!

僕の友達で留学に行った友達にインタビューした記事もあるので、興味あったら読んでみてください!

【インタビュー第五弾①】スペイン半年間留学した友達に色々聞いてみた。

【インタビュー第六弾①】NILSでフィリピン留学した友達に色々聞いてみた

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!