高学歴の僕が高学歴であるのメリット・デメリットを考えてみる

高学歴の僕が高学歴であるのメリット・デメリットを考えてみる

こんにちは!高学歴バカの(@obakasahara)カサハラです。

今回は高学歴でいることのメリット・デメリットについて説明していきます。

僕は一応、一橋大学なので高学歴の部類に入ると思います。(知名度は低いですので、知らない人はぜひ調べてください)

そんな僕が大学生活を通じて、「高学歴でよかったなー」と思ったことと「高学歴じゃなければ‥」と思ったことを両方まとめていきたいと思います。

高学歴であることのメリット

高学歴であることのメリットはこんな感じです。

  • 就活で有利
  • モテる
  • 親戚が喜ぶ

就活で有利

まあ高学歴の最大のメリットはこれでしょう。

就活は圧倒的に有利でしょう。

「学歴は見られなくなってきている」

「学歴なんて関係ない」

こんな声も聞こえてきますが、学歴を見ない企業は少数派です。

僕の高学歴の友達は総じて、名の知れた大企業に就職しています。

結果からみるとやっぱり、高学歴は就活に有利といえるでしょう。

僕の友達の話を聞くと、特に日系の昔からある大企業は学歴を重視しているような気がします。

その他の企業も学歴で足切りするような「学歴フィルター」というものは存在するでしょう。

まだまだ「高学歴」は就活においてかなりの武器になります。

以前よりも学歴が見られないのは事実

でも確かに以前よりも学歴は重視しない企業が増えてきているのは事実でしょう。

特にIT企業とかはプログラミングができるかなどの能力で見ることが多いかも知れません。

あとは外資系の企業だったら、英語ができるかどうかとか。

以前よりも「何ができるか」という能力が見られるようになったの確かでしょう。

モテる

高学歴はモテます。

でもこれは補足があって、有名な大学の高学歴な人はモテます。

慶応大学とか早稲田大学とか。

僕が行っている一橋大学は文系受験している人は知っていると思いますが、かなり知名度が低いです。

結構な確率で知らない人がいます。

このような知名度が低い大学はモテません。(当然、一定数はモテます)

モテたいなら慶應大学に行きましょう。慶応ボーイはモテます。

モテたい人は一橋は受験しないようにしましょう。

親戚が喜ぶ

高学歴だと親戚が喜びます。

多分、親の世代やおじいちゃんおばあちゃんの世代は僕らの世代よりも、学歴が重視されていた時代なのでしょう。

僕が大学に合格した時には大喜びしていました。

うちのおじいちゃんに関しては周りに言いふらしすぎて、僕が一橋に受かったことを言っていない僕の友達が知ってたりしましたw

高学歴のデメリット

高学歴のデメリットはこんな感じです。

  • 高学歴になるのが大変
  • 頭いいと思われる

高学歴になるのが大変

そもそも高学歴の大学に行くのが大変です。

入ってからわかりましたが、大変な割にメリットが少なすぎます。

就活で有利なのは人によっては超ハッピーですが、就活が重要じゃない人にとっては別にメリットでもなんでもありません。

その割に大学受験は大変です。

有名大学に行こうとすると、かなりの勉強量が必要です。

非常にコスパが悪いでしょう。

頭いいと思われる

頭がいいと思われるのもデメリットです。

高学歴だとなんでも知っていると思われるので、色々聞かれます。

「いや、Googleで調べれば?」

僕はこのセリフを何回も言った覚えがあります。

てか、そもそも高学歴だからって頭いい訳ではありません。

高学歴の人でも知識量少ない人はいます。(はい、僕です)

なんならバカに分類される人もいるでしょう。(はい、僕です)

高学歴だと色々質問されるので、気をつけましょう。

高学歴はコスパが悪い

僕は総合的に考えて高学歴になることはコスパが悪いと思います。

確かに就活に有利ですが、別に学歴がなくても就職できる企業は増えていますし、今の時代だったらプログラミングの勉強した方が年収も高くなると思います。

昔ほど高学歴でいることの恩恵は少なくなっているので、高学歴になることのコスパが悪い気がします。

正直僕は受験勉強で頑張って入ったのに、そこまでのメリットはありませんでした。

まあ別にデメリットというデメリットもありませんが、受験勉強に対するコスパを考えると割に合いません。

これから受験勉強に励む人は、なぜ自分が高学歴をゲットしたいかしっかりと考えましょう。

もしかしたら、そこまで受験勉強する必要はないかもしれませんよ?

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!