【コラム】スタバに可愛い店員さんがたくさんいる理由

【コラム】スタバに可愛い店員さんがたくさんいる理由

こんにちは!4年生になって1,2限って行くのが無理だと気づいた大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

最近はスタバに行くことが多いのですが、スタバって可愛い店員さん多すぎません???

もう可愛い子が多すぎて、作業に集中できません!!

僕の周りでは「顔セレがあるのでは?」なんて噂もあります(本当にあるかもね)。

今回はスタバの「可愛い店員の謎」について真剣に考えてみました。

スタバはブランディングがめちゃくちゃうまい

「可愛い店員の謎」を解く鍵はスタバのブランディングのうまさにあると僕は思います(あっ以下、真剣な話です)。

スタバってめちゃくちゃブランディングがうまいんですよ。

それが顕著に出てるなと思うのが、店内の内装。

カフェは他にタリーズやドトールがありますが、スタバは他のカフェに比べても内装にかなりこだわっています。

タリーズとかドトールとかって、それ単体で店舗構えることってしないですよね?

基本的に駅前のビルに入ってたり、駅の中にあったり、基本的に駅の近くにありますよね?

でもスタバは「おしゃれ」にこだわるために、駅前ではなくあえて一戸建てのお店を構えています。

「スタバ おしゃれ」で調べてみると、めちゃくちゃ内装にこだわりのあるスタバがたくさんあるのがわかります。

「富山環水公園店」とか「表参道店」とか有名ですね。

富山環水公園店

表参道店

とにかくスタバにとって重要なのは「おしゃれ」ということ。

これは他のカフェとは圧倒的に差がありますね。

おしゃれと可愛いの連鎖反応

店内がおしゃれだと、おしゃれに興味のある人たちが集まります。

そう、それが「可愛い子」です。

可愛い子は身だしなみに気を使っている子だと思うので、おしゃれに敏感です。

スタバはおしゃれな内装を作り上げることで、可愛い子をお客さんとして集めています。

可愛い子がスタバに行くようになると、「ここで働いてみたい!」となりますよね?

こうしてスタバの「可愛い店員」が誕生します。

可愛い店員が誕生すると、お店はさらに「おしゃれ」になります。

さらにおしゃれになると、可愛い子が集まります。

そうつまり、「可愛い子」と「おしゃれ」の連鎖反応が起こるのです!!

こうしてスタバは「おしゃれなお店」として、ブランディングが確立されます。

スタバは喫煙席がない

スタバは可愛い子を集めて、おしゃれな空間を作るために色々仕組み化しています。

実は喫煙席というものが存在しません。

タリーズやドトールなどのお店は喫煙席があります。

喫煙席がないとタバコを吸う人はスタバに行きづらいと思うので、一見勿体無いと思いますがこれもおしゃれの「ブランディング」のためです。

喫煙席って可愛い女の子は敬遠しますよね?

喫煙席があると可愛い女の子はお店に来づらくなってしまいます。

喫煙席と禁煙席を分けるたらいいかと言われるとそれも微妙です。空間として「喫煙スペース」があるだけで、僕はおしゃれ度は半減する気がします。

最近はタバコ嫌いの女の子も多いので、喫煙席はおしゃれな空間としてはマイナスです。

スタバのおしゃれなサイン

あとスタバはコップにサイン書いてくれますよね?

これもまたおしゃれなサイン。

これはマーケティング的にもグットですね。可愛い店員さんからサインもらったら、そりゃ拡散するわ。

これによって、さらにおしゃれブランドは確立されます。

「スタバ行けばサインがもらえる!」こう思わせることで、拡散さえ、おしゃれなイメージをネット上でばら撒きます。

お土産が充実

あとスタバってお土産が充実してるんですよ!

コーヒー豆とか色々売ってるんですが、注目したいのはタンブラー。

タンブラーってサイズによって種類あるんですけど、「地方限定」とか「海外限定」とかのタンブラーがあるんですよ!

友達で集めている人がいて、香港に行った時に買っていました。

これもコレクター心をうまくくすぐっています。

おしゃれなタンブラーをたくさん作ることで、これもブランドになりますね。

まとめ:今後はブランディングが大切

めちゃくちゃ話がそれましたが、僕は今後ブランディングがとても大切だと思います。

なぜなら、クオリティーの高い商品を作ることは当たり前になってきているからです。

みなさんセブンのコーヒーを飲んだことありますか?

小さいサイズだと100円ですが、十分クオリティーが高いです(バカ舌だったらすみません)。

じゃあ他のお店と差別化するにはどうしたらいいか。

僕は「ブランディング」がかなり重要だと思います。

その点、スタバはブランディングがめちゃくちゃ精密なので、今後も生き残って行くと思います。

可愛い店員から話が飛びまくりましたねw

僕はスタバのブランディングの虜になってしまっています。

みなさんも気をつけましょう。

 

ちなみに僕の話は僕の想像の話です。

真実を知りたい人、スターバックスについてもっと知りたい人は以下の本を買ってみましょ。

僕も答え合わせで、読んでみます。

スターバックス成功物語

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!

引用:http://www.starbucks.co.jp/