就職しない大学生がフリーランス・起業で稼ぐ生き方を考えてみた

就職しない大学生がフリーランス・起業で稼ぐ生き方を考えてみた

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

5月の中旬なので、もうそろそろ就活に終わりが見えてきた人もいるのではないでしょうか?

そんな人はお疲れ様です!

僕は就活ほぼしていないので、全然就活では疲労していませんw

僕はフリーランス・個人事業主で生きて行くことを決めました。

それぞれ意見があるので、どちらが正しいって訳ではないと思いますが、僕はこれからはフリーランス・個人事業主の方が幸せに生きられると思っています。

今回は就活するか迷っている人に就活せずにどうやって稼ぐのか、その「生き方」をいくつか紹介します。

なぜ僕が就職しないのか

まずは「なぜ僕が就職をしないのか?」という問いに答えていきたいと思います。

簡単にいうと僕っていわゆる「社会不適合者」なんですよww

一昨年1年間休学して企業で長期インターンしてたのですが、インターンしていた企業の社員さん全員に「大企業絶対向いてないからやめとけw」って言われました…。

まあ若干勘付いてはいましたけどストレートに何回も言われるので、若干ショックを受けましたねw

まあ遅刻しまくるし、座ってる時の態度でかいし、そりゃそういう言われるのは当たり前ですがw

そんなこともあり、就活期に差し掛かった時に「俺はこのまま本当に就職するのか?」と真剣に考えたのですが、答えはNOでした。

別に特別なスキルがある訳ではないし、やりたいこともありませんでしたが、とりあえず企業勤めは向いていないということで、就職しないという決断をしました。

そこからは色々勉強して、ブログなどやりたいことを見つけられた結果、ただいま全力疾走中です。

「就職しない=危険」ではない

僕が就職しない理由はこんな感じです。

別に就職しないと決断した時も「よし絶対1人で成功してやる!」とは思いませんでした。

とりあえず「企業勤めがヤダ!」という負の感情が強かったですね。

大学に通っているとみんな企業に就職するので、「就職しないこと=危ない」みたいな風潮ありますけど、そんなことないと思いますよ。

確かに企業勤めよりも自分で考えて行動しなければいけないので大変ですが、その分自由に働けるし、うまくいけば楽しいです。

しかも今の日本はとても豊かです。地方にいけば、めちゃくちゃ安い家賃の家もありますし、月10万とかあれば暮らせるんじゃないでしょうか?

今の時代、ネットを駆使すれば地方にいても十分稼げます。

日本にいれば企業勤めしなくても生きていける環境はあると思いますよ。

親や友達の意見は無視で良い

これは僕の意見ですが、こと就職するかしないかに関しては親や友達の意見はガン無視で良いでしょう!

就職するかしないかの決断って割と人生の大切な選択ですよね?

そんな大切な決断を人の意見で決めるってナンセンスです。

僕の親や周りの友達は環境なので、全く干渉してきませんでしたが、人によっては「絶対にダメ!」「絶対やめとけ」「絶対失敗する」なんてこと言われている人もいるかもしれません。

ガン無視しましょう。ガン無視。

親は心配してそういっているだけです。でも親を心配させないためだけに、行きたくもない企業に行くって選択肢として間違っています。

自分でやりたい仕事頑張って、心配させないぐらい稼ぐが正解です。

ヤイヤイ言ってくる友達は自分が我慢している現実に、他人が参加しないのが許せないのでしょう。

なぜ企業に行きたいのかを問う

僕は別に企業に行きたい人は行ってもいいと思います。

ダメだと思うのが、何も考えず我慢して企業に就職することです。

なぜ我慢してまで企業に行く必要があるのか。これを自分に問いてみましょう。

「技術や知識をつけるため」

「尊敬する人のもとで若いうちに働きたい」

こんな理由だったら全然企業に行くのもありですよね?

「とりあえずみんなが就職しているから、就職しよう」

これはやめましょう。とりあえず自分が何をしたいのかを問いましょう。

そうすることで、自分の中での優先順位が決められ、企業に就職すべきかどうかが見えてくるはずです。

就職しないで個人で稼ぐ選択肢

ここから実際に就職しないでフリーランス・個人事業主で稼ぐ方法を紹介したいと思います。

僕は「企業に勤めたくない!」というわがままな理由で就職しなかったので、別にやりたいことがあった訳ではありません。

その分、フリーランス・個人事業主で稼げる方法をたくさん調べて考えました。

まだ実際に成功している訳ではありませんので、「選択肢」として参考にしてください。

フリーランス・個人事業主で稼ぐ

フリーランス・個人事業主として稼ぐという選択肢もあります。

ちなみに僕はこの選択肢です。

いきなりは起業しませんが、まずはフリーランス・個人事業主として生計を立てようと思います。

フリーランス・個人事業主として働く場合、色んな仕事があるので、好きな仕事をすればいいというのが僕の意見ですが、一応調べた感じ、僕がおすすめしたい稼ぎ方は以下の2つです。

  • ブログ・アフィリエイト
  • エンジニア

他にも色々選択肢があると思いますが、稼げる金額や将来のことを考えるとこの2つが圧倒的にコスパがいいでしょう。

ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトはおすすめです。

なぜかというと、ジャンルが死ぬほどあって、誰でもできるからです。

ブログ・アフィリエイトも色々やり方はあると思いますが、経験談から記事を書くことが多いです。

なので、自分が今まで経験したことや勉強したことを題材にして記事を書くことができます。

つまり、今まで自分の人生を表現することで稼げるってことです。

これって誰もでできますよね?

僕の場合は休学したので休学についての記事を書いたりしました。

【大学生向け】経験者が語る!大学を1年間休学するメリット・デメリット

人生の中で何かブログ・アフィリエイトのネタになるようなことは必ず存在するはずです。

うまくいけば、読者に共感を呼び、稼ぐことが可能です。

こんな理由から僕もブログを始めました。

不労所得になる

ブログ・アフィリエイトのいいところは成功すれば不労所得化することですね。

1日ゴロゴロしていてもブログがお金を稼いでくれます。

当然、ずっと放置しておくとアクセスが減るので、定期的に更新しなければいけませんが、不労所得化するのは嬉しいですね。

僕も今の収益は数千円ですが、ほっといても毎月数千円入ってきます。

結果が出るまで時間がかかる

ブログ・アフィリエイトの欠点が結果が出るまで時間がかかるという点です。

1年間書き続けても収益月5万とかの人もいるそうです。

僕も3ヶ月続けていますが、数千円の収益しか出ていません。

それぐらい最初は稼げないということです。逆に収益がで始めると、一気に収益化します。

ブログ・アフィリエイトで1番難しいのが、「継続すること」と言われていますね。

まあこれはどんな事業でもそうかもしれません。成功するのはそこまで甘くないということですね。

どんな題材でもいいから始めよう

ブログは無料でも始められます。

お金をかけたとしても他の事業を始めるよりも、月千円前後ぐらいなので、低予算始められます。

なので、まずは始めてみるのがおすすめです。

題材はなんでもいいと思います。

自分の書きたい記事を書いてどんどんクオリティーを上げていきましょう。

始め方を解説した記事も書いているので、ぜひ参考にしてみてください!

【完全解説①】web知識ゼロの人にwordpressを使ったブログの作り方を伝授

エンジニア

エンジニアもかなりおすすめです。

なぜおすすめなのかというと、今エンジニアはめちゃくちゃ需要のある仕事だからです。

プログラミングを書けるだけで、企業では給料が爆上げです。

最近ではアプリ開発やサービス開発をしている企業が多いので、それだけ必要ってことですね。(僕も今エンジニアの欲しいです。)

当然企業に勤めているエンジニアの方もいますが、フリーランスで働いているエンジニアの方も僕の知り合いにいます。

フリーランスでも十分稼げてるみたいです。

プログラミングが書けると起業しやすい

しかもプログラミングが書けるようになると、一気に起業しやすくなります。

最近ではほとんどの企業がアプリ開発、サービス開発でプログラムを書く必要があります。

自分で何かサービスやアプリを作りたいと思った時に、自分がエンジニアだとめちゃくちゃ楽です。

自分で作っちゃえばいいわけですから。

書けない人はエンジニアのパートナーを見つけなければいけません。

勉強できるサービスがたくさんある

プログラミングは全くやったことない人からすると、激ムズに感じるかもしれませんがそんなことないですよ。

僕もちょいちょいプログラミングの勉強してますが、思ってたより難しくないですね。

最近では勉強できるツールが揃っているので、勉強しやすいです。

僕がおすすめなのは「Progate」というサービス。

独学でプログラミングが勉強できるサービスで、僕も利用していましたが超わかりやすいです。

月額1000円なので、お金のない学生にも優しいですね。

興味ある人は登録して勉強してみましょう。

【Progateに登録する】

もうちょい詳しく知りたい人は以下の記事!Progate愛を熱く語っています。

文系の僕でも簡単にプログラミングを習得できた「Progate」をご紹介!

スクールなら「Codecamp」

「えー自分で勉強するのだるい〜」っていう人にはCodecampがおすすめ。

大学生だと学校があるので、スクールに通うのは面倒ですよね。

特に大学の場所が郊外とかだと、めっちゃだるいと思います(僕の大学郊外なので)。

そんな人には「CodeCamp」がおすすめです。

完全オンラインで授業が受けられるので、大学の空きコマとかでも受けられちゃいます。

無料体験もやっているので、興味ある人はとりあえず体験レッスンをしてみましょ。

【CodeCampで無料体験する】

会社を興すのは必須ではない

まず友達に就職しないと言った時の反応は「起業するの!?」です。

就職しないで自分で仕事をする場合、起業をする人も多いと思いますが、フリーランスで自由に働く人もいますよね?

必ずしも「就職しない=起業」ではありません。

しかし、選択肢として就職しない人の中で起業する人もいると思います。

いきなり起業する人もいると思いますが、「フリーランス・個人事業主として稼いでいたら、意外に稼げるから税金対策で起業した」なんて人もいます。

僕も稼ぎが多くなってきたら、起業しますが、必ずしも起業しなければいけないというのは思い込みでしょう。

ある意味個人事業主も事業を始めるという意味では起業ですが、会社を興すかどうかは、何がしたいのかに合わせて考えましょう。

起業するのに「これがおすすめだよ!」とかはないので、自分のやりたい事業で起業しましょう。

そもそもいきなり働くなくても良いのでは?

今回就活しないでどうやったら稼げるようなる選択肢をご紹介しましたが、そもそもいきなり気合い入れて働く必要もない気がします。

別に卒業してから勉強や経験のために時間を使うのもいいと思います。

それこそプログラミングの勉強をしたり、留学したりするのもいいでしょう。

僕は来年あたりから海外にいって英語を勉強しながら、仕事をしようかなーと思っています。

今の時代はパソコン一台で仕事をできるので、そこまで働く場所や環境にこだわる必要もありません。

この記事を見ている人は就職しようか迷っている人が多いと思うので、ぜひこれを機会に本当に企業で働きたいのか、自分 と向き合ってみましょう。

自由に生きる道はありますよ〜。

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!