指値と成行ってなに違うの?取引所で実際に板取引しながら解説!

指値と成行ってなに違うの?取引所で実際に板取引しながら解説!

こんにちは!学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

いきなりですが仮想通貨を初めて買おうとするときってめちゃくちゃ緊張しますよねw

最近僕が最初に仮想通貨を買った時のことを思い出して、初々しかったな〜と思っております。

僕も最初に仮想通貨を買った時にはかなり震えながら、注文ボタンを押しました。僕は買った時に勢いで買ったので、事前に買い方を知らずに買ってしまったので、今考えるとかなり損をしましたw

僕みたいにならないように皆さんは仮想通貨の買い方を事前にちゃんと調べてから買いましょう。

ということで今回は初心者には少し難しい板取引について、実際に取引をしながら解説していきます。

写真付きで解説するので、初心者の方でも簡単に理解できるはずなので、参考にしてください。

まず取引所と販売所の違いを知ろう!

今回は取引所形式の板取引を紹介しますが、そもそも取引所には2種類の販売形式があるのは知っていますか?

知らない人はまず以下の記事を読んでみましょう!

知っていないと損をする販売所と取引所の決定的な違いとは?

販売所形式で買うよりも、取引所形式でユーザーと板取引した方が手数料が圧倒的に安くなります!(これ知らないと結構やばいです。)

板取引とは?

取引所形式の板取引とはユーザー同士が価格を決定して取引することを指します。板には売りたい人の言い値と買いたい人の言い値が随時更新されます。

緑が売りたい人、赤が買いたい人の注文です。売りたい人の最小価格と買いたい人の最大価格を参考にしながら注文をしていきます。

板取引には2種類ある!

そんな板取引には2種類の注文方法が存在します。

それは「指値(さしね)」「成行(なりゆき)」です。

それぞれ説明していきます。

価格が設定できる指値

指値というのは価格を設定して通貨を売り買いする取引方法です。

指値の場合自分で価格を設定するので、「大体このくらいの値段なら売ってくれるだろう(買ってくれるだろう)」という値段で価格を設定して売ったり買ったりします。取引所は取引される通貨の値段は常に変動しているので、あまりに的外れな価格で注文してしまうと誰も買ったり売ったりしてくれないので、注文が通りません。

板を見ながら指値を設定する必要があります。

実際に指値で板取引してみる

では実際に指値で板取引をしたいと思います。

今回は僕がおすすめする「zaif」という取引所でxemを板取引をします。今回はxemの売り注文を例に挙げます。

まず板を確認します。この場合買いたい人の中で最も高い価格での注文が「1XEM=78.9円」となっているので、78.9円以下で注文すれば買ってくれる人がいるという状況です。

 

価格は常に変動しているので、今回は必ずすぐに売れるように1xem=78.5円で売ってみました。指値の場合、このように1xemの価格売りたい量(または買いたい量)を設定します。今回はすぐに注文が通るように78.5円で設定して注文をしました。(リミット買いに関しては後述します。)

注文をしてみるとすぐに取引が完了しました!

ここで「あれ78.5円で設定したのに78.7012円で売れてるのはなぜ?」と思った方多いのではないでしょうか?

これは78.5円以上で買ってくれる人がいたら優先的にその注文が通るからです。78.5円で買おうとした人がいても、78.7012円で買う人の注文が優先されて通るということです。(1番高い価格で設定した買い注文が通るということ)

*リミット買いとは?

リミット買いとは売った分を価格を変えて買い注文に出すということです。

仮に1xemを78.5円で売ったとします。リミット買いを設定して注文しておくと、この売って手に入れた78.5円をすぐに1xem=78円で買い注文に出すことができます。ここで1xem=78円で買えたら0.5円得しますよね?(価格が下がり続けた場合は損する可能性もありますが。)

このように価格が下降しているときなどにうまくリミット買いを使って注文すると、売ったものをすぐに買うことができるのでかなりお得な買い物ができます。

リミット売りというものもありますが、これはリミット売りの逆です。買い注文で買ったものをすぐに売りに出すことができます。

リミット売り、リミット買いについてもっと詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ!

うまく設定すればかなり得するリミット売り・リミット買いについて解説!

指値は予約注文もできる!

指値の場合は「この値になったら売り買いする」という予約注文も可能です。

例えばある通貨の現在の価格が100円だったとします。

指値で価格を200円で売り注文を出したとします。そうするとその通貨の価格が200円になった時に自動的に注文が確定することができます。

「2倍になったら投資をやめよう」など目標設定をしている人は指値で注文しておくと自動で売ってくれます。

注文は途中でキャンセルすることもできるので、途中で気が変わってもキャンセルすることは可能なので安心です。

指値での注文は少し難易度が高い

このように指値で注文する場合は自分で価格を設定するため、少し難易度が高いです。

設定する価格が高すぎると買ってくれる人がいないので、注文が通らないことがあります。

この価格設定を自動でやってくれるのが「成行」での注文です。

価格を自動で決定してくれる成行

成行は面倒な価格設定を自動で行ってくれます。

売る場合は成行注文をした時の買い注文の中の最小価格で取引されます。(ちょっとわかりづらいですねw)

具体的に説明しましょう!

実際に成行で板取引してみる

では実際に成行で板取引をしたいと思います。

指値と同じく今回も「zaif」という取引所でxemを板取引をします。xemの売り注文を例に挙げます。

板を確認します。正直成行で買う場合は自動で価格設定してくれるので、板をみる必要はそこまでありません。現在どれくらいの価格で買えるのかをチェックする意味で軽く確認しておきましょう。

次に売りたい量を設定します。価格は自動設定なので、記入できない状態となっています。

注文を決定すると…

速攻で注文が通ります。

価格が自動設定なので、基本的にすぐに注文は通ります。(サーバーなどが混んでいる場合は時間がかかります)

この時はnemがかなり価格が下降していたので、板の価格と結構差がありますが、買いたい人の中で1番高い価格を設定した人の注文が通ります。

図で表すとこんな感じです。

成行注文は初心者でも簡単にできる!

成行注文は価格設定が自動なので、初心者の方でも簡単に取引することができます。

最初に取引をする人は成行での注文がおすすめです。

 

「指値」と「成行」を使いこなそう!

注文の仕方は状況によって異なります。

ですので、指値と成行どちらでも取引できるようになっておくのをおすすめします。

数回取引したら簡単に慣れると思うので、じゃんじゃん取引をしちゃいましょう!

取引所形式で取引をするなら「zaif」がおすすめなので、まだ登録していない人は以下登録しましょう!

【zaifに無料登録する】