「学歴が必要じゃない」と主張できるのは高学歴だけ

「学歴が必要じゃない」と主張できるのは高学歴だけ

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

昨日、こんなツイートをみました。


確かにそうだなーと思いつつ、こうなるのは当たり前だなーと思いました。

手に入れてからわかる必要のなさ

学歴って手に入れた人がその必要のなさにより気づくんですよ。

例えばお金と幸せの関係もそうで、「お金を持っているだけでは幸せにならない」ということはお金を持った人だけが気づくことができます。

確かに頭で考えれば、自分にとって「お金を持っている=幸せ」ではないと考える人もいるかもしれません。

でも本当にそうかはお金を持ってみないとわかりませんよね?

人によってはお金=幸せかもしれません。

つまり、お金を一度持ってみないとわからないということです。

お金も学歴も持ったからこそ必要か必要じゃないかに気づくんですよね。

でも逆に、持ったからこそ必要さに気づく場合もあります。

お金を使うのが好きな人はお金を持つとありがたみに気づくだろうし、学歴も昔からある有名な大企業に就職したい人は就活でそのありがたみに気づくでしょう。

つまり、必要か必要じゃないかは一度経験したり、持ったりすることによって気づくものなんですよね。

僕は一応高学歴の部類だと思いますが、僕にとって学歴は「必要ないもの」でした(就職しませんしw)。

でも必要かどうかは大学に入って知ったものです。

大学に入らなければ、決してわからないことですね。

つまりは経験することが大切

僕がこの議論で言いたいのは「経験」がめちゃくちゃ大切ということですね。

学歴が必要か必要でないかは人によって違います。

学歴が必要でないという人たちはその人からみたら必要でないだけで、必要としている人もいるかもしれません(それが正しいかどうかは置いといて)。

これは食わず嫌いみたいな話で、なんでも食べてみることが大切ですね。

また経験を積むと、説得力が生まれます。

「学歴は必要がないんだ!」という主張は高学歴の人がいうから、説得力があるんですよね。

学歴のない人が言っても、正直説得力はないですね。

僕が重要だと思うのは、それが必要か必要でないかをいちいち考えてないで、とりあえず経験してみる、手に入れてみることが大切です。

学歴はとりあえず手に入れるにはコスパ悪すぎですが、そういう心持ちは大切だと僕は思いますよ〜。

終わり。

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!