ALISのβ版で記事投稿始めたので、簡単にご紹介。

ALISのβ版で記事投稿始めたので、簡単にご紹介。

こんにちは!最近スタバの凄さに気づいた大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

さて、前回の「【ブログ運営報告】ブログ書いて3ヶ月経ちました。」でも言いましたが、5月は「ALIS」という記事投稿サービスでたくさん記事を書くつもりです。

4月24日からALISのβ版がリリースされ、僕は2記事投稿しました!

ALISを知らない人もいると思うので、軽くALISについてご紹介しますね。

記事投稿やいいねするとトークンが貰えるサービス

ALISは記事投稿をしたり、記事にいいねをするとトークンが貰えるサービスです。

「信頼できる記事と人々を明らかにする全く新しいソーシャルメディア」と謳っているように、仮想通貨・ブロックチェーン技術を利用して、価値の高い記事を提供できるようにするサービスですね。

僕たちは現在知らない情報を調べる時にGoogle先生に聞きますが、Google先生が提供してくれる情報はGoogle先生の基準で選別しているので、本当に正しい情報か、本当に質の高い情報かはわかりませんよね?

これをユーザーによって評価し合うことによって、本当に正しく、価値の高い情報を提供しようとしているのが「ALIS」ですね。

インセンティブ設計により記事を選別

ALISでは価値の高い情報をインセンティブ設計をうまく機能させることで、選別しようとしています。

どういうことかとういうとALISでは記事にいいねをするとトークンを貰うことができます。

またただ記事を適当にいいねをするのではなく、いいねが集まっている記事に早くいいねをつければ、それだけ多くのトークンを貰えることができる仕組みです。

つまり、質が高く、たくさん読まれるであろう記事にいいねを早くつけておくことで、たくさんのトークンを集めることができるということです。

当然、質が高い情報を書いた投稿者にもその分、トークンは付与されます。

このインセンティブ設計によって、質の高い記事にいいねが集まりやすくなることで、正しく、質の高い情報を選定することができます。

いいねの数をどう制限するか

ここで疑問に思うのが「じゃあとにかくいいねしまくればいいんじゃね?」ということですよね。

いいねを早めにつけておけばトークンを貰えるのであれば、とにかく適当にいいねをつけまくれば、貰えるトークンは増えますよね?

この問題をいかに解決するかが問題です。

ALISの場合はどのように設計しているかは知りませんが、今の所β版ではいいねは無制限につけられる設定ですね。

ALISと似たようなサービスで「Steemit」というサービスがありますが、このサービスでは自分が所有しているトークン量に比例して、いいねをつけられる数を制限しています。

こうすることで、ユーザーはできるだけ人気の出そうな記事にのみいいねをつけるので、情報が正しく選別されます。

まあSteemitは実はもっと複雑な仕組みなので、Steemitに関してもっと詳しく仕組みを知りたい人はこの記事を読みましょ。結構難しいと思いますが、頑張ってくださいw

広告収益に依存しないWebメディアの新モデル「Steemit」とは

ALISもSteemitのように、いいねをどう制限するかを考える必要がありますね。(ホワイトペーパーを詳しく見ていないので、もうすでに考えている可能性もあります。)

ALISで記事投稿していきます!

5月はこのALISで記事をバンバン投稿しようと思います!

まだ記事数はそこまでありませんが、みんなどんどんALISで記事を投稿していくと思います。

ALISは事前登録者しか投稿といいねはできないらしいですが、記事を見ることは可能なので、興味ある人はみてみましょう。

あと登録を申し込むことはできるみたいなので、ALISを使ってみて「投稿してみたい!」「いいねしたい!」と思った人は申し込んでみましょ。

【ALISで記事を見る】

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!