【dApps】話題のethcrash(イーサクラッシュ)をやってみたのでご紹介!

【dApps】話題のethcrash(イーサクラッシュ)をやってみたのでご紹介!

こんにちは!最近、Vyoutuberにはまっている大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

最近twitterを眺めていると、dAppsのなかでも「ゲーム」が流行っていますよね〜。

dAppsのゲームはお金がかかる(仮想通貨が必要)なので、お金の無い学生の僕にはなかなか手を出しづらいのですが、投資と思ってちょいちょい手を出し始めております!

これから色々紹介していきたいと思うのですが、今回は結構面白かった「ethcrash(イーサクラッシュ)」というゲームをご紹介していきます!

「ethcrash(イーサクラッシュ)」とは?

イーサクラッシュとはとてもシンプルなゲームで「賭け金×倍率」の報酬が貰えるゲームです。

毎回賭け金と倍率を設定し、ランダムに選ばれる倍率が選ばれます。

選ばれた倍率より自分の設定倍率が上回ってしまうと賭け金が没収され、下回ると「賭け金×自分の設定倍率」の報酬を貰えます。

賭け金の単位は「ethos」という単位が使われており、「1ETH=1,000,000ethos」となっています。

ゲーム画面はこんな感じです。

例えば、賭け金を100ethos、設定倍率を2倍にしたとします。

「Bet」が賭け金で、「Auto Vash Out」が設定倍率ですね。

Betするタイミングは前のゲーム中とその後の5秒間です。(ちょっとわかりにくいですが、やればわかりますw)

5秒が経つと、倍率がランダムに選ばれます。

倍率は以下のグラフのように段々と上がっていきます。

こんな感じで、どんどん倍率が上がっていきます。

この倍率が自分の設定金額を超えると、「賭け金×自分の設定倍率」の報酬をもらう事が出来ます。

僕は2倍で設定したので、2xまでいったら勝ちです!

このグラフがどんどん上がっていくので、めちゃめちゃドキドキします…w

結果は…

ギリギリ勝ちw

もし僕が2.05倍以上で倍率を設定していた場合、賭け金没収です。僕は2倍で設定していたので、結果「100×2=200ethos」の勝ちです。

これを毎回やるゲームです。チョーシンプルですねw

こんな感じで、選ばれた倍率の履歴を見ることも出来ます。

2倍以上が緑で、2倍以下が赤ですね。

経験上、この履歴を見ると、基本的に1.5倍以上に倍率を設定していれば、当たると思います。(僕の中の必勝法ですw)

右側の画面では遊んでいるユーザーの賭け金と倍率を毎回見る事ができます。

写真だとそうでも無いですが、毎回1.5倍~2.0倍の幅で賭けている人が多いですね。

あともう一つ機能があって、賭け金と倍率を設定すると毎回自動で賭けてくれる機能もあります。

「BaseBet」が賭け金、「AutoCashout」が倍率、「Stop if bet is」が賭け金の合計がここまでいったら終了!っていう金額ですね。

上の写真だと賭け金が1ethosなので、1,000,000回ゲームが行われます。

「On loss」と「On win」はおそらく負けた時と勝った時に倍率を変更する場合の設定ですね。

これを僕は賭け金が100ethosで、設定金額を1.5倍でやってみたのですが、100回やって2000ethosぐらい勝ちました!

やっぱり1.5倍〜2倍が必勝法な気がしますねw

でもこれは「dApps」である意味があるか?

このゲームは結構中毒性があって、僕の場合は1時間ぐらい夢中になってやってしまいましたw

でもふと思ったんですがこのゲーム面白いですけど、「dApps」である意味がないですよね?

ブロックチェーンを使ってやる意味はあるんでしょうか?

このゲームだったら、日本円でも出来そうですね。

最近ブロックチェーン界隈ではゲームが流行りなので、dAppsのゲームを作れば人が集まるようですが、ゲームとして面白くなかったり、ブロックチェーン技術をうまく利用できていないものは自ずと淘汰されていきそうですね。

まあ実際やってみないとわからないのは確かなんで、皆さんもいろんなdAppsで遊んでみましょ。

イーサクラッシュはゲームとしてはなかなか面白いので、興味ある人はぜひ!

【ethcrash(イーサクラッシュ)で遊んでみる】

僕も積極的にいじっていきます!

今度は結構話題の「イーサタウン」をいじりたいと思っております!紹介もするので、お楽しみに!

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!