【副業】月5万稼いだ僕が教えるココナラで稼ぐための8つのポイント

【副業】月5万稼いだ僕が教えるココナラで稼ぐための8つのポイント

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

僕は大学生なので、お金を稼ぐためにバイトをしなければいけないのですが、シフトを決められるのが嫌いで、今まで飲食店や家庭教師など、いわゆる「代表的な学生のバイト」というのをしたことがほぼありません…。

どうしても予定が決められるのが嫌で、バイトしたことはあるんですが、向いてないんですよね…。

では、どうしているのかというとライターとしてクラウドでバイトをしております!

クラウドでの仕事は時間が縛られないので、僕でも難なくお金を稼ぐことができちゃいます。

最近、主婦の人とかもクラウドで仕事している人も増えてきましたよね。あと副業でサラリーマンの人が仕事したりとか。

今まで色んなクラウドソーシングサービスを使ったのですが、僕は「ココナラ」が1番稼げると思ったので、今回はココナラで稼げる方法をご紹介します!

現在仕事はしていませんが、ココナラを始めて2ヶ月で10万(月5万)ほど稼ぎました。

時給換算だと2000円ぐらいは稼いでいたと思います。学生の普通のバイトよりは高時給で稼ぐことができました。

僕は「ライター」として仕事を出品していましたが、今回ご紹介する方法は別のサービスを出品する場合でも参考になると思うので、ぜひ参考にしてみてください!

ココナラが他のサービスと違う点

まず、稼ぐ方法を教える前にココナラが「crowdworks」や「Lancers」といった、代表的なクラウドソーシングサービスと違う点を説明します。

この特徴こそがココナラで稼ぐためのポイントとなります。

ココナラの特徴的な点は2つあります。

  • 自分でサービスを考え、そのサービスを購入してもらう
  • サービスの評価が溜まっていく

自分でサービスを考え、購入してもらう

まずcrowdworksなどといったクラウドソーシングサービスと決定的に違うのは、「自分でサービスを考え、購入してもらう」ということです。

crowdworksでは仕事を依頼している企業や個人などのクライアントに対して、依頼を受ける形で報酬を得ることができます。

一方、ココナラでは自分のサービスをサイトに出品することで、ユーザーに自分のサービスを購入してもらい、報酬得ることができます。

これは決定的な違います。

つまりどういうことかというと、crowdworksではクライアントが依頼している仕事をやるだけですが、ココナラでは自分でサービスを自由に決めることができます。

つまり、自分の出品しているサービスが魅力的なほど、稼げることができるということです。

ある意味ココナラではただ仕事をこなすだけではなく、サービスの内容や宣伝の仕方など経営者のような目線で考えなければいけません。

スキルや良いアイデアがなくても稼げる

しかし、経営者目線で仕事をする必要があるといっても、別に特別なスキルがあったり、良いアイデアがなくても稼ぐことも可能です。

どういうことかというと稼げる方法さえ知っていれば、あとはコツコツやるだけで、ある程度は誰でも稼げるようになります。

さすがに月に20万とか30万とか稼ぐためにはアイデアを練ったり、スキルを磨かなければいけませんが、ライターなど誰でもできるような仕事で月5万ほど稼ぐのは全然難しくありません。

稼ぐ方法を知っているか、知らないかだけですね。

稼げる方法は後述しますが、ポイントなのはコツコツやることです。

サービスの評価が溜まっていく

ココナラのもう一つの特徴は「サービスの評価が溜まっていく」ということです。

自分の出品したサービスを購入してくれた人は自分のサービスを評価してくれます。

色んな人に評価をしてもらうことによって、評価が溜まっていき、サービスが購入されやすくなります。

この評価の蓄積こそ、ココナラで稼ぐためにもっとも重要なポイントです。

この「サービスの評価が溜まっていく」という特徴をうまく利用することで、効率よく稼げるようになります。

ココナラでは頑張るだけ報酬がアップする

crowdworksではただ言われたことをやるだけなので、報酬はいくら頑張ったとしても一定額です。

しかし、ココナラではサービス内容が充実していて、サービスの評価が高ければ、報酬をアップさせることも可能です。

自分の頑張り次第では時給1000円にも2000円にもすることが可能ということです。

当然始めた時は時給1000円以下でしたが、試行錯誤した結果、かなり効率よくお金を稼ぐことに成功しました。

僕は特別なことはしていませんし、誰でもできることをコツコツやっただけなので、皆さんもそれぐらい稼ぐことは可能です。

 

この2つの「自分で出品するサービスを決められる」「サービスの評価が溜まって行く」という特徴を利用することが大切です。

では実際に稼ぐための方法をご紹介していきます!

ココナラで稼ぐために重要な3つのポイント

ココナラで稼ぐために押さえておくポイントはたったの3つです!

他にも細かいポイントは他にもいくつかありますが、この3つさえ押さえておけば、稼げるようになるはずです。

その3つのポイントは以下の通りです!

  • 最初は他のサービスよりも安い値段で出品する!
  • とにかく最初は量をこなして、評価を溜める!
  • 評価が溜まったら、出品サービスの値段を上げる!

最初は他のサービスよりも安い値段で出品する!

まずもっとも重要なのは最初のうちは安い値段でサービスを出品するということです。

これは当たり前のことですが、まだ評価の付いていないサービスというのは信用がありません。

ユーザー視点で考えればわかりますが、同じ価格で評価がたくさん付いているサービスと全然付いていないサービスだったら、前者のサービスを利用しますよね?

これはどんなビジネスでも同じことで、最初のうちは信用を勝ち取らなければいけません。

しかし、信用を勝ち取るためには、サービスを購入してもらわないといけませんね。

ではどうするかというと、価格を安くするしかありません。基本的に購入する人は値段と評価数で買うサービスを決めています。

よっぽどユニークなサービスの場合は買ってくれる人も現れる可能性はありますが、そうではない場合は値段を安くするしか方法がありません。

信用がなくても、価格が安ければ買ってくれる人は現れるはずです。

僕はココナラでライターとして仕事を始めた時、最初の方は時給500円ぐらいで仕事をしていました。

それぐらいまずは出品サービスを安くする必要があります。

同じカテゴリのサービスの値段を調査する

安いサービスを出品するためには、まずは大体サービス自体の平均価格を知る必要があります。

僕だったらライターなので、「文章・キャッチコピー」というカテゴリのページを見て、大体みんなが1文字いくらでサービスを出品しているかを調査しました。

調べると平均はだいたい1文字1円前後だったので、僕は最初1文字0.5円でサービスを出品しました。

このように、他の出品サービスと比較しながら、平均よりも安い値段で買ってもらうことで、サービスを購入してもらえます。

とにかく最初は量をこなして、評価を溜める!

安い値段でサービスを出品したら、とにかく最初は量をこなすことが大切です。

信用を勝ち取るためには評価をしてもらわないといけません。

安ければ安いほどサービスは購入してもらえるので、最初は利益を考えずに量をとにかくこなしましょう。

経験上、よほど質の悪い仕事をしない限り、ほとんどの人は満点の評価をくれます。

なので、最初のうちは我慢をして評価を溜めるために、たくさんサービスを購入してもらい、仕事をする必要があります。

僕は最初の10件ぐらいは1文字0,5円で仕事を受けました。これくらいは安い値段で、評価を溜める必要がありますね。

サービスが購入されない場合はリクエストボードを使おう!

値段を安くすればサービスは購入されると思いますが、「サービスがなかなか購入されない」または「どんどん仕事がしたい!」という人は「リクエストボード」を使いましょう。

リクエストボードとは何か依頼したい仕事がある人が書き込む掲示板みたいなものです。

こんな感じで、仕事の内容や予算、募集期限などが書かれています。

このリクエストボードで、自分の出品しているサービスと同じような仕事内容の依頼をリクエストしている人にメッセージを送り、自分の出品サービスを購入してもらいましょう。

例えば、僕だったら「1000文字の記事書いてくれる人探してます!」みたいな人がいた場合、「僕の出品しているサービスを購入してもらったら、1文字0.5円で記事書きますよ!」とメッセージを送ります。

そうすると自分のサービスを購入してもらえるので、評価を溜めることができます。

このリクエストボードは依頼主がいないと利用できないため、毎回利用できる訳ではありませんが、仕事が足りないときはチェックしてみましょう!

評価が溜まった出品サービスの値段を上げる!

安い値段でサービスを出品し、たくさん仕事を受けたら、評価が溜まっていきますよね?

ここで重要なのが、評価が溜まった出品サービスの内容を変更して料金を上げることです。

他の新しいサービスを出品するのではなく、安い値段で仕事を受けて評価が溜まったサービスの料金を上げるということですね。

こうすることで、当然今までよりも高時給で仕事を受けることができます。

ここで心配なのが「価格を上げるとサービスが購入されないのでは?」ということですが、評価がしっかり溜まっていれば、サービスの料金を上げたとしても、サービスは購入されます。

僕の場合だと最初は1文字0.5円で仕事をしていましたが、10件ほど評価が溜まった時点で、1文字1円に変更しました。

変更後も問題なくサービスは購入されたので、評価が溜まっていれば、料金を上げても購入はされるということです。

料金を変えるタイミングは人それぞれですが、だいたい5件~10件が目安かなと思います。

また一気に上げるのはよくないので、評価数に合わせて徐々に上げていきましょう。

僕は20件の評価が溜まったタイミングでさらに1文字1.5円に変更しましたが、それでもサービスは購入され続けています。

この3つのポイントさえ気をつければ稼げる

上記の3つのポイントさえおさえておけば、簡単に稼げるようになります。

この方法は別に特別なスキルやアイデアが必要な訳でもありません。

ただただ、コツコツ仕事をするだけです。

誰でもできるので、みなさんぜひ実践してみてください。

もっと稼ぐために気をつけたい5つのポイント

上記の3つのポイントさえ気をつけておけば、基本的に稼げると思いますが、さらに効率よく稼ぐために気をつけたいポイントを説明します。

さらに稼ぐために、気をつけたいポイントは5つあります。

  • 「お気に入り」した人や「ファン」になってくれた人にメッセージを送ろう!
  • 仕事を細かく分けてたくさん評価をもらおう!
  • 購入してもらったら、すぐに仕事を終わらせよう!
  • プロフィールやサービス説明を充実させよう!
  • 出品サービスの値段は最安値「500円」に!

それぞれ説明していきますね。

「お気に入り」した人や「ファン」になってくれた人にメッセージを送ろう!

サービスを出品すると「お気に入り」してくれたり、「ファン」になってくれたりする人がいます。

「お気に入り」をしてくれたり「ファン」になってくれたりすると通知が来るので、この人たちにはすぐにダイレクトメッセージを送りましょう。

なぜかというと、この人たちは自分の出品サービスに興味を持ってくれたからこそのアクションなので、メッセージを送れば仕事を貰える可能性は高いです。

実際僕もダイレクトメッセージを送って、仕事をもらったことは何回もあります。

確率的には僕の場合、10人送ったら、2,3人から仕事を貰えました。

「お気に入り」や「ファン」の通知がきたら、チャンスだと思って、メッセージを送りましょう!

仕事を細かく分けてたくさん評価をもらおう!

出品サービスによっては1人のクライアントで、一気に仕事が来る場合があります。

例えば僕の場合は「1000文字の記事を10記事書いてくれる?」みたいな依頼がよく来ました。

こういう場合は細かく分けてサービスを購入してもらうのがおすすめです。

僕の場合だと大体3記事ずつぐらいに分けて、3回同じサービスを購入してもらいました。

こうすると3回評価されることになるので、1人につき3回も評価を貰うことができます。

分け方は人それぞれでいいと思いますが、大量の数の仕事を受ける場合はあまり細かく分けると迷惑な可能性があるので、相手がめんどくさいと思わない程度に分けて購入してもらいましょう!

購入してもらったら、すぐに仕事を終わらせよう!

これは当たり前ですが、サービスを購入してもらったら、出来るだけ早く仕事を終わらせましょう。

雑に仕事をこなすのはよくありませんが、スピーディーにこなすことで、相手には好印象を与えることができます。

好印象だとリピーターになってくれたりするので、出来るだけ早く終わらせましょう。

僕も早く仕事をこなしたことで、リピーターになって貰えた人もいます。

プロフィールやサービス説明を充実させよう!

これも当然ですが、プロフィールやサービス説明をしっかりまとめることで、購入されやすくなりますね。

プロフィールは出来るだけ具体的に自分が誰なのか分かるように書きましょう。

何かスキルや経験がある場合はきちんと書きましょう。僕の場合だとプロフィールはこんな感じです。

サービス内容は具体的に購入したら、どういうメリットがあるのかを明記しましょう。

またどんなことで困っている人が買うべきかも書きましょう。僕の場合はこんな感じです。

正直、値段と評価で購入するか決まると僕は思っているのでそこまで長文でしっかり書く必要はないと思います。

短くてもいいので、わかりやすく書くことが大切ですね。

出品サービスの値段は最安値「500円」に!

これは細かいですが、出品サービスの値段を500円に設定することも大切ですね。

このように一覧ページで表示されると値段が安い方が当然クリック率も上がると思います。

嘘をつくことはよくありませんが、僕のように「1文字1.5円で記事書きます」みたいなサービスであれば、500円からでも購入できるので嘘ではありません。

とにかく、自分の出品したサービスページに行かせるのが重要なので、もし可能であれば最安価格の「500円」に設定するのがおすすめです。

とにかくコツコツ仕事をこなそう!

ココナラで稼ぐようになるためにはまずはコツコツ仕事をこなすことが大切です。

途中でやめてしまうと、せっかく評価が溜まっているのに勿体無いですね。

crowdworksでは値段は一定ですが、ココナラでは努力するほど、値段が上がっていきます。(さすがに限界はありますw)

特に「イラストを書ける」「コードを書ける」みたいにスキルがある人は仕事をこなすほど、どんどん報酬が上がっていきます。

僕がココナラをおすすめする最大の理由は価格がどんどん上がっていくからです。

仕事をするなら、努力の分だけ報酬もらいたいじゃないですか?

そういう意味ではココナラは努力の分だけ報酬が貰えます!

ぜひ、みなさんもココナラで稼いでみましょう。

ココナラに登録していない人はこちらからできますので、ぜひ登録してみましょう!

【ココナラで出品してみる】

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!