【インタビュー第二弾②】VRのプロがおすすめするVR機器6選!

【インタビュー第二弾②】VRのプロがおすすめするVR機器6選!

こんにちは!大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

今回の記事はインタビュー企画第二弾!

大学でVRを専攻している友達(マノ)に「VR」について色々インタビューしました!

今回の記事では「おすすめのVR機器」について話を聞いていきます。

前回は「今後のVRについてVRを研究している友達に聞いてみた!」という内容の記事をお届けしました!

前回の記事から続けて読みたい人はこちら!

 

【インタビュー第二弾①】VRはこれからどうなる?VRを研究している友達に色々聞いてみた

2016年がVR元年といわれ、一般の人でもVR機器を持っている人はここ最近増えてきたと思います。

僕もかなりVRには興味があり、今回のインタビューをきっかけにVR機器を購入しようかなと思っております!

VRを研究しているからこそ、おすすめできるVR機器を紹介してもらったので、ぜひVR機器を買おうか迷っている人は参考にしてみてください。

まずは友達を軽くご紹介!

カサハラ:じゃあ今回はVRに関して色々インタビューしていくから、よろしく!

マノ:おっけいー。

カサハラ:まずは軽く自己紹介として、VRに関して具体的にどんな研究してるのか教えて!

マノ:僕は今ICUって大学で情報科学を専攻しているんだけど、その中でも特にVRに興味があって、研究してるね。4年生からはVRの音の関係性についてゼミに入って勉強するつもり。

カサハラ:なんでVRに興味持ったの?

マノ:きっかけはSAO(ソードアートオンライン)というラノベ(ライトノベル)から。高校時代にSAOをみて、興味を持ったね。

カサハラ:高校のときから興味あったのか!ちなみにソードアートオンラインって何?

マノ:ざっくりいってアニメかな。VR世界に主人公たちが入ってデスゲームが始まっちゃう物語。これめっちゃ面白いからおすすめ。

カサハラ:今度見てみるわ!

話ちょっと戻って、マノはVRと音の関係性について研究してるっていってたけど、他にもVR関連で研究分野ってあるの?

マノ:他にVRの画角とか画質、映像酔いの研究とかあるね。

カサハラ:画角とか画質とかはわかるけど、映像酔いの研究って何???

マノ:映像って画像が何回も切り替わって動いているんだけど、この速度が遅いのがと映像良いの原因の一つなんだ。これを研究対象して研究している人もいるね。

カサハラ:へーじゃあマノが研究しているVRと音の関係性の研究ってどんな研究?

マノ:VR機器をつけている時に現実に起きている音とVR世界で起きている音で差があるとVR世界に没入できないから、現実で起きている音がVR世界にどれだけ影響与えるかを研究している。

カサハラ:なるほど。VR世界で起きる音と現実世界で起きる音を完璧に乖離できたら、確かにVR世界により没入できそうだね。

じゃあマノの紹介はこんな感じで、おすすめVR機器について教えて!

マノ:おっけい〜。

VR機器を選ぶ時のポイント

カサハラ:じゃあ早速おすすめのVR機器を紹介して欲しいんだけど、まず選ぶ時のポイントとかある?

マノ:まずは当たり前だけど、「金額」が選ぶ時のポイントかな。VR機器によって、値段が全然違うから。

カサハラ:だいたいどの程度違うもんなの?

マノ:金額の幅は1000円〜数十万ぐらい幅があるかな。僕的には実際にVRを楽しみたいなら、数千円のだとしょぼいと思うよ。

本格的に楽しむなら、数万〜数十万のを買う必要があると思うね。

VRを一度体験で楽しみたいって人はダンボールのやつとか買えば、1000円程度で体験できるからから、そっちを買ったほうがいい。

本格的にVR楽しみたいなら、PCとかに対応しているVR機器買った方がいいよ。

カサハラ:へー金額でそんなに変わるもんなのか。VR機器ってスマホ対応以外にもあるの?

俺はスマホを差し込むやつ知らないけど…。

マノ:スマホで見れるVR機器と見れないVR機器があって。スマホ以外だとPCに繋ぐやつかHMD(ヘッドマウントディスプレイ)単体で見れるやつがあるね。

PCに繋ぐタイプのVR機器とかHMD単体のVR機器はスマホと比べるとクオリティーがやっぱり高いね。

PCに繋ぐタイプのVR機器とかもそうだけど、特にHMD単体のVR機器はスマホのやつと比べると圧倒的に没入感が違う。

トラッキングがかなり精度高くて、頭を動かした時にきちんと映像がついてくるよ。

カサハラ:そうなんだ!やっぱりスマホと全然違うの?

マノ:やっぱり、スマホタイプのVR機器だと画角が狭かったりするから、没入感があんまり得られないね。現実世界と錯覚するようなクオリティーにはならない。

だから、スマホ対応のVR機器を買うんだったら、どれもそこまでクオリティーは変わらないから、金額が安いダンボールで作れるVR機器を買った方がいいよ。

あと、スマホで見れるVR機器の注意点としては、ある特定のスマホでした見れないVR機器があることかな。自分で持っているスマホで見れるかの確認は必要だね。

カサハラ:そうなんだ!PCに繋ぐVR機器とかHMDの単体のVR機器を選ぶ時のポイントとかはある?

マノ:PCの繋ぐタイプのVR機器はコンテンツの充実性が選ぶ時のポイントかな。VR機器ごとで対応コンテンツが違うから、そこをみたほうがいいね。

HMDは一般の人は買う人少ないから選ぶ時のポイントとかはわからないねw

カサハラ:なるほどね。それぞれ価格どのくらい?

マノ:スマホタイプだと平均5~6千円、PCタイプだと平均8万円、HMD単体は基本的買う人はいないからわからないw

スマホタイプのVR機器は平均5000円~6000円ぐらいだけど、ダンボールタイプのやつは1000円もしないね。

HMD単体で使うのはアミューズメントパークとかで使うケースがほとんど。個人で使っている人はかなり少ないかな。これから安いのが出てくるみたいだからまだわかんないけど

カサハラ:じゃあマノ的にはPCで使うのがおすすめ?

マノ:そうだね。スマホだと没入感が薄いし、HMDはアミューズメントとかの企業向けだからね。VRを楽しみたい!っていう人にはPCに繋ぐタイプのVR機器が1番おすすめかな。

カサハラ:なるほどね。他に選ぶ時のポイントとかある?

マノ:僕的には重さが大切かな。経験上、1時間ぐらい遊んでいるとVR機器が重い場合、頭が痛くなる。できるだけ軽いほうがいいかな。

軽量化はだんだん進んでいるけど、まだまだ重たい印象だね。特に女性大変かもね。

あとは、コントローラーはあった方がおすすめ。

スマホ対応のVR機器は基本的にコンロトローラーがないんだけど、実際にゲームとかやるんだったらPC接続でコントローラー付きのやつの方が没入感も変わるし、VR世界でのアクションも幅が広がるからね。

カサハラ:なるほど。じゃあ軽く体験として楽しみたい人はスマホタイプのVR機器、本格的に楽しみたい人はコントローラー付きのPCタイプのVR機器がおすすめみたいな感じかな?

マノ:そうだね。ジェットコースター体験みたいなVR世界を一度体験してみたいという人はスマホを使えば良いし、VRコンテンツをこれから作りたい人、本格的にVRを楽しみたい人はPCの方がいいね。

<選ぶ時のポイント>

  • VR体験したい人はスマホタイプ、VRを本格的に楽しみたい人はPCタイプ
  • スマホタイプの場合は1番安いダンボールタイプがおすすめ
  • スマホタイプを買うときは対応コンテンツをチェック!
  • PCタイプのVR機器の場合はコンテンツの充実性に注目!
  • HMD単体のVR機器はアミューズメント施設で楽しもう!
  • 値段の平均はスマホタイプは約5000円~6000円、PCタイプは約80.000円
  • コントローラー付きがおすすめ

おすすめ本格的なVR機器3選(PC)

カサハラ:じゃあまず、PCに繋いで使うおすすめVR機器から紹介して!

マノ:PCタイプだと「HTC VIVE」「PlayStation VR」「Oculus Rift」がおすすめかな。色々試したけど、この3つがいいと思うよ!

カサハラ:じゃあ、それぞれ特徴説明してくれる?

マノ:おっけい!

HTC VIVE(HTCバイブ)

マノ:この「HTC VIVE」っていうVR機器は、「steam」っていうゲームを購入してダウンロードできるコンテンツプラットフォームにHTC VIVE対応ゲームがたくさんあるから、楽しめるコンテンツが豊富。

スチームはVRコンテンツが充実しているからいろんな作品を楽しみたい人はとりあえずHTCバイブを選んでおけば後悔はしないと思う。

僕は1番この「HTC VIVE」がおすすめかな。

カサハラ:なるほど。例えばスチームにはどんなコンテンツがあるの?

マノ:音ゲーとかゾンビゲーとかが有名かな。ゲーム以外だとお絵かきキャンパスとか面白い。360度に絵を書いたりできる。

他に僕が面白いと思うのは音ゲー。実際にコントローラーを持って、対象物にリアクションすると音が出る。おすすめは「Soundboxing」とかかな。

ルームスケールとかも面白い。カメラとかを置いて、部屋自体をVR空間にできる。

カサハラ:結構色々コンテンツありそうだね。

マノ:かなり種類があるね。スチームでは、企業で働くゲーム開発者以外に一般の人も開発しているからコンテンツがかなり豊富。だから質のいいコンテンツも当然あるけど、質の悪いコンテンツもあるね。

PlayStation VR

カサハラ:プレステVRはこの中だと1番安いね。平均は8万ぐらいだけど、プレステVRは5万円前後。

プレステVRは名前の通り、PCじゃなくて、プレステに繋いで使えるVR機器だね。

注意点としてはプレステを持っていないと使えなくて、プレステのコンテンツのみをVR世界で楽しめるVR機器だね。

マノ:プレステは僕らの世代にも馴染みの深いゲームがあるからいいね!プレステから出てる全部のコンテンツが楽しめるの?

カサハラ:いや、VR対応のコンテンツだけ。有名なコンテンツだとバイオハザードとか楽しめるね。

バイオハザードをVRで楽しめたら面白そうだねw

マノ:あと一点、デメリットがあって、プレステにしか対応していないから、プレステのコンテンツしか楽しめない。

PCに接続するタイプだと開発者がたくさんいるから今後もたくさんコンテンツが出てくる可能性があるけど、プレステだと開発者が少ないからどうしても、コンテンツのアップデートが遅いね。

プレストは開発者の技術が高いから、商品のクオリティーが高いけど、なかなかアップデートされないね。

カサハラ:なるほどね。じゃあプレステ好きの人はこのVR機器がおすすめということだね!

Oculus Rift(オキュラスリフト)

マノ:これも「オキュラスストア」っていうスチームみたいなゲームプラットフォームのコンテンツが対応しているから、それのコンテンツが楽しめるね。

正直僕はこのデバイスは印象にないかもw

まあオキュラストアでやりたいコンテンツがあれば、買ってもいいかもね。

カサハラ:印象にないのかw

オキュラスリフトのコンテンツは?

マノ:オキュラスリフト限定のコンテンツもあるみたいだね。でもさっき話した「steam」にはHTC VIVE対応とオキュラスリフト対応のゲームがあるんだけど、HTC VIVE対応の方が多いね。

価格帯的にはオキュラスの方が安いから、お金ない人はこっちがいいかも。

でもせっかく本格的にVRやるんだったら、頑張って「HTC VIVE」買った方がいいよ。コンテンツ充実してるし。

カサハラ:なるほどね。じゃあ「オキュラスストア」を見てみてどうしてもやりたいゲームとかがある人は、オキュラスリフトがおすすめって感じね。

アミューズメント施設で一度体験した方がいい

カサハラ:PCに繋ぐタイプのVR機器を買う前に気をつけることとかある?

マノ:本格的なVR機器は渋谷とかアミューズメント施設で体験してから、買った方がいいかもね。

数万円する買い物だから、体験してからの方が後悔しないと思うよ。

アミューズメント施設によって、HTC VIVE対応のところとかオキュラスリフト対応のところがあるから、自分の買いたいと思っているVR機器があるところに行くといいよ。

カサハラ:なるほど。おすすめのアミューズメント施設とかある?

マノ:僕は渋谷と新宿行ったけど、どこでもいいと思うけど、色んなコンテンツ見れるところがいいね。

スマホVR機器(スマホ)

カサハラ:じゃあ次にスマホタイプのVR機器を紹介して!

マノ:スマホタイプのVR機器だとこれがいいっていうのはなくて、どれもクオリティーは似たり寄ったりだね。敢えて挙げるなら「GEARVR」とかかな。あとは値段の安い「ダンボール系・GOOGLEカードボード」「プラスチック系のVR機器」とかいいと思うよ!

ダンボール系(GOOGLEカードボード)


マノ:ダンボールで作るVR機器は安いから、VR体験したい人にはおすすめ。具体例挙げるとしたら、GOOGLEカードとか。

1000円もしないから、ちょっとVR体験してみたい学生とかにおすすめかな。

まあでも、つけ心地が非常に悪いw

鼻の頭が痛くなるねw

付録でついている場合もあるから、場合によっては無料で手に入るよ!

カサハラ:鼻痛くなるのかw

スマホによって使えないとかあるの?

マノ:だいたいこれは全部対応しているけど、スマホの大きさによっては入らないかったり、固定されなかったりするね。

カサハラ:なるほどね。ダンボールって自分で簡単に組み立てられるの?

マノ:ダンボールは自分で組み立てるね。小学生でもできるくらい簡単だよ。

カサハラ:じゃあ値段も安いし、小学生でVRやりたい!なんて人にもおすすめだね。

プラスチック系(VRボックス)

マノ:プラスチック系も値段が安いからおすすめだね。具体例挙げるなら、「VR BOX」とかかな。

ダンボールと違って、スマホがしっかり固定されるから、ブレが少ないのが特徴。

イヤホンを通す穴があったり、目とVR機器との間にクッションがあるから長時間つけてもあまり痛くならない。

つけ心地はいいから使用感もダンボールよりはいいね。

このプラスチック系のVR機器はゲーセンのUFOキャッチャーとかに多い。あとゲーセンの景品とかにもあるよ。

カサハラ:なるほど。ダンボールもそうだけど、プラスチックのVR機器は壊れやすかったりしないの?

マノ:雑に使わなければ、長く使えると思うよ。安いから壊れやすいとかはないね。

カサハラ:スマホによって対応とかある?

マノ:だいたい全部対応しているけど、スマホの大きさによっては入らないかったり、固定されなかったりするね。

GEAR VR

マノ:この「GEAR VR」はGALAXYの一部のスマホに対応しているVR機器。

ダンボールとかプラスチックに比べると値段が高いけど、コントローラーが別売りしてるから、コントローラーを使ってコンテンツが楽しめるのがいいね。

スマホタイプのVR機器でコントローラー付いてるやつなかなかないから、スマホタイプの中だったらおすすめだね。

カサハラ:なるほどね。でもGALAXYの一部のスマホにしか対応してないってことは、使える人結構少ないかもねw

マノ:そうなんだよねw

GALAXYの一部のスマホにしか対応してないから、買うときには注意が必要だね。もし自分のスマホがGALAXYでも「GEAR VR」には対応してないケースもあるから。

他のスマホタイプのVR機器だとiphoneとかも使えるけど、これはGALAXYの一部のスマホしか使えないね。

カサハラ:そうだよねw

何か他に特徴ある?

マノ:ダンボールとかプラスチックと違って、スマホをいじらなくてもVR機器単体で操作ができるのもいいね。例えば、焦点を合わせれば映像の中でクリックするとかできる。

カサハラ:なるほどね。じゃあ「GEAR VR」に対応しているスマホを持っている人は「GEAR VR」買うのがおすすめってことだね!

まとめ

カサハラ:紹介ありがとう!VR機器も色んな種類があるんだな!

なんか最後にいうこととかある?

マノ:とりあえず興味があるなら安い奴から体験してみることが大切だね。いきなり高いの買うのはハードル高いから、VRを体験したいダンボールとかプラスチックがおすすめ。

あとはアミューズメントパークとか行って、本格的なVRを体験した方がいいかも。やっぱりスマホでみるのとは全然違うから。

カサハラ:なるほど。僕はまだVR体験したことないからまずはダンボールかプラスチックのVR機器を買ってみようかなw

マノ:そうだねw

2016年がVR元年といわれているのもあって、価格も安くなってきているし、どんどんコンテンツも充実してきているね

今は本格的なVR体験しようと思ったら、数十万かかるけど将来的には数万円単位で買えるんじゃないかな。

あとはVRの研究とか開発がどれだけ進むか次第だね。VRにも俺にも期待しといて頂戴w

カサハラ:おっけいw

じゃあここら辺で終わりにしましょう!今日はありがとう!

マノ:いえいえ。

 

いやーVR機器も色んなのがあるんですね〜。

今回のインタビューで僕も興味が出たので、安いVR機器買いたいと思います!

皆さんも興味ある人はぜひこの機会に買ってみましょう!

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!