【体験談】1年間の長期インターンを通じて得られた5つの学び

【体験談】1年間の長期インターンを通じて得られた5つの学び

こんにちは!最近「ruby on rails」に没頭中の大学生ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

大学生は春休みの終盤ということで、新学期に向けて忙しくなってきたのではないでしょうか?

僕は大学の振り返りをしているのですが、休学の時の企業での長期インターンが結構、大学生活で印象的でした。

なので、今回は僕が経験した「企業での長期インターン」についてまとめていきたいと思います。

僕はIT企業で長期インターンをしましたが、今回僕が話して行くことは他の業種のインターンでも学べることを書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ僕が長期インターンを始めたか

まずは僕がなぜ長期インターンを始めたのかを話していきますね。

僕はもともと大学1年生の時から学生団体でwebサイト運営に携わっていまして、そこでちょこちょこコンテンツ作ったり、プログラミング書いたりしていました。

大学1,2年生までは正直飲み会ばかりしていたので、webサイト運営はそこまで力を入れてやっていませんでしたw

大学2年生までは週1回ぐらいだったんですが、大学3年生に上がる時に「もうちょっとweb制作をやってみよう!」と決心し、休学をしてIT企業で長期インターンを1年間やりました。

この休学が長期インターンを始めたきっかけとなり、IT企業での長期インターンを通してwebコンテンツ作成に携わりました。

長期インターンをする人は休学する人も少なくないと思うので、休学について迷っている方はこちらの記事を読んでみてください!

【大学生向け】経験者が語る!大学を1年間休学するメリット・デメリット

上記の記事でも書きましたが、僕が休学を決めたのは正直「ノリ」ですw

「別に1年間ぐらいどうってことないか」というポジティブシンキングに従って行動して、長期インターンに1年間費やしました。

でも、結果としてそこでの1年間の経験はとてもいい学びになりました。

長期インターンから得られた5つの学び

その長期インターンで得られた学びについて話していきます。

長期インターンを通じて学んだことは山ほどありますが、あえて挙げるとしたらこの5つですかね〜。

  • ITスキル
  • リーダシップの取り方
  • 仕事のクオリティーの上げ方
  • 働くことの意味
  • 情報収集の仕方

この5つのことがインターンを通して学んだことの中で僕が重要だと感じました。

それぞれ説明していきますね。

ITスキル

僕はIT企業の長期インターンをしていたので、当然ITスキルは身につけることができました。

ITスキルっていうとざっくりしてますが、僕はweb制作に携わっていたので、webコンテンツ(記事)の作り方とかHTML/CSSの書き方が身につきました。

あと僕の場合はwebサイトの運営に携わったので、 SEOの知識は一通り勉強しました。

結構コンテンツもたくさん作って、勉強もしたので、ある程度webコンテンツ作成についてはスキルがついたかなと思います。

結果として1年生から週1で関わっていた学生団体のサイトのPVも数倍に増やすことができたので、一応実績も残すことができました。

もし僕と同じようにSEOに興味があるなら、「バズ部」というサイトがおすすめです。SEOについてわかりやすくまとまってます。

あとSEOで勉強になったのは「伝え方が9割」という本です。

SEOを勉強して思ったのが、結局SEOを成功させるのは文章をいかにうまく書くかということです。

僕はまだまだ下手ですが、この本を読めば「良質な文章の書き方」を勉強できますよ。

【伝え方が9割】をamazonで買う

あと、一番成長したのは、タッチタイピングの速さですねw

もともとブラインドタッチはできたのですが、かなり文章を打つスピードは上がりました。

このスキルはどの会社行っても使えるので、早くなって良かったと思いますw

リーダシップのコツは弱さを見せること

休学中はいくつかの企業でインターンをしていたのですが、大学1年生から週1回携わっていた学生団体にも継続して携わっていました。

その団体では古株だったので、リーダーとしての活動も経験しました。

コンテンツ作成をまとめて管理したので、学生や外部ライターを合わせると30人ぐらいのマネージメントをしましたね〜。

この時にリーダーシップの取り方も結構勉強できました。

僕がリーダシップで1番大切だと思ったのが、「しっかりと弱さを見せる」ということです。

意外かも思われるかもしれませんが、リーダーは弱さを見せた方が信頼されると思います。

完璧すぎると逆にこの人がなんでもやってくれると思われてしまうので、チームとしてうまく機能しません。

逆に弱さをみせた方がミーティングでも意見を言いやすいし、僕が「これ僕できないからやってくれない?」と頼むと頑張ってくれたりします。

これを学べたのは大きかったです。

おそらく1年間ぐらい長期インターンをすると、僕と同じようにリーダーとしての仕事を経験できる場面が来ると思います。

そこでの経験は就活でも話せますし、社会人に出る前にリーダーとしての経験ができるのは結構貴重だと思いますよ。

仕事のクオリティーは「思いやり」と「細かさ」が全て

長期インターンを通じて仕事をしていく中で、仕事のクオリティーの上げ方も学ぶことができました。

これは仕事全般にいえることだと思いますが、僕が仕事を通じて思ったのは仕事のクオリティーは「思いやり」と「細かさ」が全てだなと思いました。

「思いやり」とはつまりクライアントやユーザーの目線で考えるということです。

まず仕事をする上で必ずクライアントやユーザーがいます。

その人たちの目線でものを考えてコンテンツやら商品やらを作っていくことで、仕事のクオリティーを上げられます。

ユーザーやクライアントを「思いやる」ことで、次に「細かさ」が大切になっていきます。

クライアントやユーザーに少しでも喜んだり、感謝したりしてもらうためには細部までこだわる必要が出てきます。

このように「思いやり」から「細かさ」にこだわることで、仕事のクオリティーを上げることができることを学ぶことができました。

この教訓はどんな仕事でも当てはまることだと僕は思います。

長期インターンでは結構本格的な仕事も任されるケースが多いので、このように仕事のクオリティーの上げ方は自然と体得できます。

働く理由はお金ではない

これは若干働く前にわかっていたことですが、人間が働く理由はお金ではないということです。

これは僕が思ったことですが、やっぱり仕事をしていて1番楽しいのが結果が出た時です。

「お金はおまけ」みたいな感覚が長期インターンを通じて得られたのは良かったです。

やっぱり僕がお金を1番仕事をしていて嬉しかったのが、お金をもらった時ではなく、「自分の考えた施策でサイトのPVが上がった時」でした。

自分が考えたもので結果が出るとこんなに嬉しいのかというのが実感できたおかげで、お金ベースで仕事を選ぶという選択肢を消すことができました。

これは今の学生はみんな身につけた方がいい感覚だと思いますね。その方が楽しく仕事ができるはずです。

役立つ金言が聞けるのは「飲み会」

長期インターンで大切さが身にしみてわかったのが「飲み会」です。

これはふざけていっているのではなく、本当に重要だと思っていますw

飲み会では上司の方のめんどくさい話を聞く場所と思っている方も多いかもしれませんが、僕は「情報収集の場」だと思います。

やっぱり人は酔っ払っていると語りたくなるので、その人が経験してきたことや仕事で大切なことを飲み会ではポロっと話してくれます。

僕が印象に残っている言葉はほぼ飲み会で言われた言葉です。

このように飲み会ではオフィスでは聞けないような「役立つ金言」を聞くことができるのです!

まあ上司によってはめんどくさい人もいると思うので、人をみて行くかどうかを判断した方がいいですが、基本的には参加するのがおすすめです。

あと単純に飲み会に参加すると上司の方と仲良くなれるので、仕事もしやすくなるのもメリットですね!

大学生は長期インターンをやるべき

僕は長期インターンを通じてかなり仕事に対して考え方が変わりました。

おそらくインターンをしなかったら、かなりの確率で人生の選択が変わった気がします。(今頃就活して大企業入っています。)

長期インターンをするといい意味でも悪い意味でも会社で仕事することがどういうことかを知ることができます。

そこで、「仕事って楽しい」と思うかもしれないし、「仕事ってつまんない」と絶望する可能性もあります。

どちらにせよ大学生のうちに会社での仕事を知っておくことは大切だと思います。

ちなみに僕は企業勤め(特に大企業)は向いていないと思い、とりあえず個人で働く道を選びました。

長期インターンをしなかったら、普通に大企業に入って仕事をしていたと思います。

そのくらい考え方も変わる可能性があるので、長期インターンに興味のある人はとりあえずごちゃごちゃ考えずにやってみるのがおすすめです。

そこでの経験は確実に自分に影響を与えます。ポジティブな影響かネガティブな影響かはわかりませんが、経験値には必ずなるので、ぜひ長期インターンに参加してみましょう!

 

以上でこの記事は終わりですが、後日僕が実際に使った長期インターンを探すためのサイト・アプリも紹介するつもりなのでお楽しみに!

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!