【大学生向け】経験者が語る!大学を1年間休学するメリット・デメリット

【大学生向け】経験者が語る!大学を1年間休学するメリット・デメリット

こんにちは!最近花粉症気味の大学生ブロガーのカサハラ(@obakasahara)です。

もうすぐ新学期ということで、大学生の方は授業が始まる季節ですね。

大学3年生は就活も本格化し、説明会やOB訪問などで大忙しだと思います。

ちなみに僕は大学3年生ですが、就活せずに個人事業主として働くつもりなので、ブログ更新やらプログラミングの勉強に勤しんでおります。

そんな春の季節に休学を考えている人も多いのではないでしょうか?

僕は大学2年生の春休みに休学をノリで決めましたw

大学生活を振り返ると、このノリで決めた休学が僕の大学生活で結構重要だったな〜と思いました。

今回はそんな僕の人生に影響を与えた休学について、経験者目線でメリット・デメリットなどをまとめていきたいと思います。

休学を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

なぜ僕が休学をしたのか

まず最初に、僕が休学をした理由について簡単に話していきますね。

僕は大学1年生のときに受験生を支援する学生団体に所属して、そこのwebサイト運営に携わっていました。

関わっていたのは週1回ぐらいだったのですが、その団体でのwebサイト運営はなかなか楽しかったです。

でも大学1,2年生の時には飲み会ばかりしていたので、大学ではほとんど何も経験せずに大学2年生の春を迎えましたw

週1回ほどwebサイト運営に携わりながら、そんなこんなで大学2年生の春休みを迎えたときに、ふと就活のことを考えたのですが、直感的に「まだ就活したくない!」と感じました。

就活したくないと感じた理由は、僕の中で面接を想像したときに、今の時点では面接で嘘をつくことになると思ったからです。

その時はweb制作には興味ありましたが、仕事でやりたいかと言われたら、そうでもありませんでした。

他にやりたいことや好きなことがほぼなかったので、このまま就活をしたとしても絶対に嘘で固められた就活になるなと思いました。

「そんな就活の仕方をしたら、絶対すぐ仕事やめたくなるな」と思い、大学生活の中で唯一少し興味を持てたwebサイト運営にどっぷり1年間浸かってみよう!と決心し、急いで休学届けを提出しました。

その1年間で僕はIT企業でインターン生として、web制作に携わり、それがきっかけでこのブログやプログラミングを始め、結局就活をせずに個人事業主として働くことにしました。

これが僕が休学した理由です。

休学する理由というのは人によると思いますが、僕みたいにやりたいことに打ち込むために1年間休学するという人は結構多いと思います。

以下では、僕がこんな理由で休学してみて感じた休学のメリット・デメリットについて話していきます!

大学を休学するメリット

まず大学を休学するメリットについて経験をもとに説明していきたいと思います。

僕が考える大学を休学するメリットは以下の通りです。

  • 大学の勉強以外に多くの時間を費やせる

  • 学生の間でしかできないことができる
  • 進路を考え直すきっかけとなる
  • 周りの環境を変えられる

  • 就活で有利

僕が思う休学のメリットはこの5つですね。

他にもメリットはあるかもしれないですが、これらのメリットが結構大きいと思います。

大学での勉強以外に多くの時間を費やせる

大学に進学する主な理由は勉強すること(実際に勉強するかは別の話ですw)なので、大学に通っていると勉強で忙しいと思います。

僕の場合は真面目に勉強してなかったので、暇でしたが特に理系の学生は勉強で忙しいという話をよく聞きます。

大学に通っていると勉強以外にやりたいことがある場合、なかなか打ち込めません。

もし僕みたいにweb制作をガチでやろうとすると、大学での勉強が邪魔になってしまいます。

そんな時に1年間休学すれば、やりたいことにとことん打ち込めますね。

学生の間でしかできないことに打ち込める

これは留学がそうですが、休学すると学生の間でしかできないことをすることができます。

留学したい!と社会人の間に思ったとしても会社を辞めることはなかなかできないと思うので、長期間海外に行くことは難しいです。

その分、学生の間に休学をすれば1年間海外に長期滞在することができます。

学生だと休みの期間が2ヶ月あったりするので、短期留学なら簡単にいけますが、長期滞在の場合は休学をする必要がありますね。

有名な知識人や起業家と会えるチャンスも

また留学以外にも学生だからこそできるようなこともあります。

学生団体での活動や企業でのインターンも学生だからできることですね。しかも学生団体での活動や企業でインターンを通して、有名な知識人や起業家などに会うこともできます。

有名な知識人や起業家の人たちは「学生だったら会う」みたいな人も多いので、こういう人たちに話に行くなら学生の間がチャンスですね!

進路を考え直すきっかけとなる

進路に迷っている人は休学を通して、自分の進路を考え直すこともできます。

これは僕もそうだったのですが、全くやりたいことがない人は休学を通してやりたいことが明確になる可能性もあります。

大学生活では勉強で忙しい人もいると思うので、なかなか進路をじっくり考えられる時間もありません。

休学をすれば1年間ゆっくり時間をかけて、進路を考えることができます。

周りの環境を変えられる

休学をしようとする人は何か新しいことをしようとする人も多いと思います。

留学もインターンもそうですが、新しい環境に飛び込む機会が生まれますね。

新しい環境に飛び込むと今までの価値観や物の考え方も変わって行きます。

実際に僕も企業でのインターンを通して企業で働くことを明確にイメージすることができましたし、企業で働く人たちの考え方も学ぶことができました。

人は周りの環境に影響を受けるので、休学を通して新しい環境に身を置くことによって、価値観や考え方も変わる可能性があります。

価値観や考え方が変わることで、新しい進路が切り開けたりするかもしれません。

就活で有利になる

これは賛否両論あるかもしれませんが、僕は休学をすることによって就活で有利になると思います。

これを気にして休学を諦める人が結構多いのですが、就活で不利になるケースって結構少ないと僕は思います。

僕は就活していないので正直わからないですが、就活をした友達に話を聞くと「熱く語れるような大学での経験がある人が圧倒的に有利」ということをよく聞きます。

休学を通して留学なり、学生団体の活動なり熱く語れる経験を休学中にすれば、逆にかなり就活で有利になると思いますよ。

大学を休学するデメリット

 

次に大学を休学するデメリットについて説明して行きますね。

僕が考える休学するデメリットは以下の通りです。

  • 授業が大変

  • 大学に行っても暇

  • 学費がかかる場合がある

  • 稼ぐのが1年遅れる

僕が思うのはこの4つですね。

授業が大変

僕の実体験ですが、休学明けだと授業についていくのが大変です。

1年間勉強していないわけですから、勉強した内容を忘れてしまいます。

あと僕の場合だと休学するまでは友達に頼りきっていたので、友達がいないとこんなに大変なのか!と実感しましたw(友達にありがたみを感じました。)

僕は文系の経済学部なのでそこまで勉強は大変ではありませんが、理系など大学での勉強が大変の場合は復学したあと大変かもしれません。

大学に行っても暇

休学すると1年授業が遅れてしまうので、友達と同じ授業を取ることが難しくなります。

そうすると学校で1人になるので、大学に行ってもつまんないですね。(実体験)

大学につまんないと大学に行かなくなるという悪循環に陥る可能性があります。(実体験)

復学した後だと友達を作るのはなかなか難しいので、そこらへんは休学するなら覚悟しておいた方がいいでしょう。

費用がかかる場合がある

僕は一橋大学に通っているのですが、僕の大学は休学するのに費用はかかりませんでした。

しかし、他の大学の場合は費用がかかる場合がありますね。

参考までに以下の表を見てください。

この4校を比較すると結構大学によって違いますね。

調べてみると国立大学は基本的に休学費用はかからないそうです。

私立は大学によって違うので、休学したい人は自分の大学のホームページを見てみましょう。

多くの費用がかかってしまうと休学するために貯金する必要があるかもしれませんね。

稼ぐのが1年遅れる

休学するということは当然社会人になるのが1年間遅れてしまうので、お金を稼ぐのが1年間遅れてしまいます。

お金がない人にとってはこれは結構デメリットになるでしょう。

だいたい初任給の平均が20万ぐらいなので、「休学すると240万円分損する」と考えられるかもしれません。

僕はお金にそこまで興味がないので、気にしませんでしたが、お金が大切!という人にとってはデメリットになるでしょう。

大学を休学したいならごちゃごちゃ考えない

僕の経験からメリット・デメリットを説明していきましたが、休学したいなら絶対するべきです。

僕は休学がきっかけで色んな人たちと出会いましたし、多くの学びがありました。

この休学がきっかけで、このブログも始めましたし、就活せずに個人で働くという選択肢を取ることにもなりました。

休学をする前には「就活をしない」ということは考えもしなかったことです。

要するにやりたいことがあったら、一度休学をしてみてそれに没頭するのがいいと思います。

大学に行っていると周りの人はそのまま進学するので不安かもしれませんが、休学をしてやりたいことをするというのは別に間違った選択ではありません。

就活を不安に思う人もいるかもしれませんが、1年間何かに打ち込めれば、必ず何かを得ることができます。

そのことを就活で話せば、採用してくれる企業もきっとあるはずです。

休学を迷っている人は就活のことや周りと1年遅れることのリスクを考えすぎていると思います。

僕も休学を迷ってしまっていた時はあれこれリスクを考えてしまったのですが、休学してみたら、それらのリスクはどうってことないことがわかりました。

みんなと違うことをするのは怖いかもしれませんが、別にどうってことないと僕は思います。

実際、僕は休学をして本当に良かったなと思っています。

休学を迷っている人は、あれこれ考えずにノリで休学してみましょう!!結果、うまく行くはずです!

 

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!