Bitbankが仮想通貨の貸し出しサービス開始!

Bitbankが仮想通貨の貸し出しサービス開始!

こんにちは!学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

現在twitter上で話題になっている仮想通貨ニュースの中から、僕が気になったニュースをピックアップしてみます!

twitterで話題のニュース

bitbankが他人に自分の保有している仮想通貨を貸すことで、資産を増やすサービスを開始しました。

「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスです。

つまり、自分が銀行みたいな役割を負うことで、お金を増やすことができる仕組みですね。

貸し出した通貨はロックされて動かせないので、長期保有者向けのサービスと言えるでしょう。

長期保有をしている人にとっては使わない仮想通貨を貸し出すことで、利益を上げられるのは嬉しいサービスではないでしょうか。

4月から始まるサービスで、まずはBTCから対応していくそうですが、順次他のアルトコインなども対応していくらしいですね。

当社がお客様に対して申し込みの募集を行う場合における、毎月1日から月末にかけてを募集期間とし、これを募集月と呼びます。

例:募集月が2018年1月の場合、募集期間は2018年1月1日から同31日までとなります。

募集月は決まっているっぽいですね。これ逃すと貸し出しできなくなるのかな?

まだ実態はわかりませんが、もし募集月が決まっているのであれば、しっかりチェックしておかなければいけませんね。

また利率は貸し出し金額に応じて3~5%と幅があるます。

1BTCから貸し出し可能ですね。僕は1BTCも持っていないので、このサービスは受けられません…。

カサハラの意見:取引所が銀行の役目も果たす!

これっていわゆる銀行の定期預金に似ていますよね。

正確には預けた金額は使えないので、銀行の定期預金ではないですが、定期預金とサービス的には似ています。

現在の銀行の定期預金は利率が3%~5%なので、断然こっちの方がお得ですね。(僕もBTCがあったら、これやりたかった…。)

いいサービスだと思いますが、懸念点として最近取引所のハッキングが相次いでいるので、このサービスが使われるかが挙げられますね。

このサービスの場合、一度仮想通貨を取引所に預けることになります。

現在、全体的に取引所の信用が落ちていると思うので、取引所に預けるのは不安という人が多い場合はあまり使われない可能性もありますね。

まあbitbankはセキュリティに定評があるっぽいので、大丈夫でしょう!(おそらくコールドウォレットで管理すると思うし。)

僕はいいサービスだと思いますよ!逆に使われなかった場合、利率も上がる可能性があるので、チャンスですね!

みなさんぜひ使ってみましょう!

bitbankに登録していない人はこちらから。

【Bitbankに無料登録する】

bitbankは全ての通貨が板取引なので、手数料がとても安いのが特徴です。

また6月まで手数料無料なので、6月までに買うのがおすすめですよ〜。

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!