資産管理プラットフォーム!初心者でもわかりやすく「ICN(ICONOMI)」を解説!

資産管理プラットフォーム!初心者でもわかりやすく「ICN(ICONOMI)」を解説!

こんにちは!学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

最近、僕お気に入りの取引所「Binance」の通貨について調べて、勉強しています。

「Binance」について知りたい方はこちら!

手数料が激安!日本円以外で取引するならおすすめしたい取引所「Binance」

今回は最近調べた「ICN(ICONOMI)」について解説していきます!

ICNの特徴

最初にICNの特徴を簡単にまとめるとこんな感じです。

まずはざっくりICNの概要を解説します!

資産管理プラットフォーム!

ICNは資産を管理するマネージャーと投資家をマッチングさせる資産管理プラットフォームで使われる通貨です。

サービス名は「ICONOMI」で、通貨名は「ICN」です。

ICONOMIでは資産を管理するマネージャーは自分の良いと思うポートフォリオ(資産配分)を提示します。

投資家はマネージャーが提示するポートフォリオを見て、自分の好きなポートフォリオを選択して購入することができます。

マネージャーは自分のポートフォリオが選ばれた場合、購入金額の数%を貰うことができます。

簡単にいうと証券マンと投資家の関係をサービスにした感じですね。

マネージャーは利益率の高いポートフォリオを提示することで、評価が上がり、多くの投資家から自分のポートフォリオを選択してもらえるようになります。

概要はこんな感じです。

次にもう少し詳しくICONOMIの仕組みや特徴について解説していきます。

DAA

ICONOMIではDAA(Digital Assets Array)と呼ばれるポートフォリオ群が存在します。

つまりはDAAとは各マネージャーが提示するポートフォリオのことですね。

それぞれマネージャーによって、選んでいる資産が異なるので、当然どのマネージャーを選ぶかで利益率も変わっていきます。

またポートフォリオごとで短期的な利益を目指しているのか、長期的な利益を目指しているのか、それぞれのマネージャーによってコンセプトが違います。

なので、自分の目的に合ったマネージャーのポートフォリオで投資をするのがいいでしょう。

DAAのメリット

ICONOMIのDAAで購入するメリットは3つあります。

  • 簡単に購入ができる
  • リスク分散

まずICONOMIでは数十種類の仮想通貨を一気に買うことができます。

つまりDAAとは仮想通貨のパック買いみたいなものです。

もし数十種類の仮想通貨を買おうとした場合、いくつかの取引所に登録しなければいけませんが、ICONOMIでは数回クリックするだけで購入することができます。

またこのDAAでの投資は分散投資なので、一気に資産が減ってしまうリスクを軽減してくれます。

仮想通貨は他の資産と比べて価格が乱高下しやすいので、分散投資をしないと危ないです。

DAAではかなり細く分散投資をしているものが多いので、リスクを回避することができます。

実際にICONOMIを見てみよう!

DAAについて想像しにくいと思うので、実際どんな感じで購入するのか解説していきます。

ICONOMIのホームページからダッシュボードにいくと様々なポートフォリオが並んでいます。

各ポートフォリオの詳細ページにいくと、マネージャーはそれぞれ自分がどんなポートフォリオなのかを説明しています。

結構詳しく説明してありますね。

このポートフォリオがどんな戦略で組まれているのかやマネージャーの経歴などが書かれています。

このようにどんなポートフォリオなのかも詳細に書かれています。

これはポートフォリオの一部で、数十種類の仮想通貨でポートフォリオが組まれています。

このポートフォリオの成績も開示されています。

このポートフォリオでは管理費として3%の手数料がかかります。

「Entry fee」や「Exit fee」は売買手数料のことです。

この手数料はマネジャーが自分で決めることができるので、それぞれポートフォリオによって違います。

こんな感じでグラフでポートフォリオ価格の推移もみれます。

これらの情報をみて、気に入ったらログインをして購入になります。

現在(2018年3月)だと数十種類近くのDAAがダッシュボードに並んでいます。

まだまだ少ないと思うので、これから増えていくといいですね。

DAAマネージャーは3種類

DAAのマネージャーには3種類あります。

  • Open Fund Management (OFM)
  • Coin Traded Fund (CTF)
  • Coin Managed Fund (CMF)

それぞれ特徴を解説しますね。

Open Fund Management (OFM)

ICONOMIではただ投資家としてポートフォリオを選んで投資をするのではなく、自らマネージャーになることができます。

それがOpen Fund Management (OFM)です。

自分でポートフォリオを組んで、そのポートフォリオが選ばれて投資家が購入した場合、報酬をもらうことができます。

また自分の作成したポートフォリオが高い評価を貰えば、どんどん投資家が買ってくれるので、どんどん稼ぐことができます!

自分のポートフォリオに自身がある人はICONOMIで作ってみましょ。

(僕も実際に作ってみたかったのですが、なぜか登録ができないので、まだ作成していません…。)

Coin Traded Fund (CTF)

Coin Traded Fund (CTF)は簡単いうと統計データなど計算して算出されるポートフォリオです。

今までの市場の動き、価格変動などのデータからポートフォリオを決定していきます。

なので、このCTFはポートフォリオが変わりやすいですね。常に仮想通貨市場を見ながら保有する仮想通貨を選択していきます。

Coin Managed Fund (CMF)

金融や経済、仮想通貨の専門家が組んでくれるポートフォリオがCoin Managed Fund (CMF)です。

CMFは専門家がポートフォリオを組んでくれるので、より安心して投資をすることができます。

購入した資産は安全に管理できる

DAAを購入した場合、買った資産はICONOMIのウォレットで管理されます。

ICONOMIのウォレットの最大の特徴はコールドウォレットで管理されているところですね。

コールドウォレットとはネット上に繋がっていないウォレットのことですね。

ネット上に繋がっていないことによって、ハッキングリスクがかなり減ります。

また24時間売買が可能になっているのも嬉しいですね。

新しい資産運用サービス

以上がICONOMIの特徴です。

ICONOMIは新しい資産運用サービスと言えるかもしれないですね。

現在、株や債権などの資産運用は証券マンがポートフォリオを組んでくれますが、仮想通貨に関してはまだ証券マンの知識がなかったりで、投資のポートフォリオを組んでくれる人が少ないと思います。

時間がないけど仮想通貨投資をしたい!なんて人は使えるサービスかもしれませんね。

ICNのチャート

ICNのチャートは以下の通りとなっています。

1月末まで全体的に下降トレンドだったため、ICNも価格が下がってますね。

3月に入ってから価格が上がっているのですが、ちょっと原因がわかりませんw(現在調査中です)

まだ企業との提携など大きなニュースはないっぽいので、これからに期待ですね。

カサハラの意見:一定の需要はありそう

僕的には投資対象にはならないと思いますが、一定の需要はありそうですね。

いわゆる証券マンの代わりになるサービスだと思うので、そういう意味では「時間がないけど、仮想通貨の投資をしたい!」なんて人は結構使えるサービスなんじゃないかなと思います。

現在は取り扱っている資産は仮想通貨だけですが、このサービスが普及したら他の資産(株や債権)などを運用するサービスも作れそうですね。

僕が思うに課題だと思うのは「実績」ですね。

どんどん新しいマネージャーがポートフォリオを組んでいくことも大切だと思いますが、それよりも成績が良いポートフォリオをいくつか作成する方がいいと思います。

とりあえず利益率が良いポートフォリオが出てこないと、サービスは使われないと思います。

まだ始まったばかりのサービスなので、これから次第ですね!

あと僕的にちょっと「ICNトークンの使い道」が疑問ですね。

ホワイトペーパーを読むと持っていると配当が貰えたり、問題解決の時に投票権としての機能があるみたいなこと書いてありましたが、少し不明瞭かなと思います。

ちょっと登録できない状況なので、いまいちICNトークンがどういう使い道があるかわからない状況ですね…。

調べた感じだと実際、「ICNトークンがなくても使えるサービス」だなと思ったので、これからICNトークンに価値を持たせるための機能をつけていく必要もあると思います。

まあワンチャンはある通貨だと思うので、買いたい人は買ってみましょう!

ICNの買い方

ICNを買うならがおすすめなので、登録していない人は登録しましょう!

【Binanceに無料登録する!】

Binanceでは日本円で買うことができないので、ICNを買う時には以下の手順で買うとお得に買えます!

  1. zaifに登録して日本円からBTCかETHを買う
  2. Binanceに登録する
  3. Binanceに買った通貨を送金する
  4. 買った通貨でICNを購入!

 

以上で説明終わりです。最後までお読みいただきありがとうございました!

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!