「DAG構造」を採用している仮想通貨3選!

「DAG構造」を採用している仮想通貨3選!

こんにちは!学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

仮想通貨について調べていると結構似ている特徴を持っている通貨ってあるんですよね。

でも似ている通貨に違いがあっても、「どんな違いがあったっけ?」と結構忘れてしまうんですよね〜。

皆さんもそう思いませんか?

なので、今回は似ている通貨の違いを比較しながら解説していきたいと思います!

今回は「DAG」構造を採用している通貨に関してまとめていきたいと思います。

DAG構造とは?

そもそも「DAG構造って何」と思っている人のために簡単に説明しますね。

DAG構造とは簡単に説明すると取引情報が単体でチェーン上に繋がっていくチェーン構造のことです。

以下の図を見るとわかりやすいので、見てください!

従来のブロックチェーンでは一定の時間が経つとブロックが生成され、その中に取引情報が格納されます。

この取引情報が入ったブロックを繋げることで、ブロックチェーンを生成しています。

一方、DAG構造ではこのブロック生成がありません。

それぞれの取引情報がチェーン上に繋がれることで、ブロックチェーンを生成しています。

この構造を採用することで、ブロックを生成する必要がないので、「手数料がほぼ無料」かつ「一瞬で取引可能」になるという特徴があります。

もうちょい詳しく知りたい!という人は以下の記事がおすすめです。

DAG型暗号通貨のすすめ ブロックチェーンを代替しうる新技術

DAG構造を持つ通貨3選!

今回はこのDAG構造を持つ通貨を3つ紹介しながら、比較していきたいと思います。

DAG構造と言ってもそれぞれ通貨によって少し仕組みが違ったりします。

なので、それぞれの通貨の特徴などを紹介しながら、DAG構造の違いについてメインに比較していきます。

今回比較していく通貨はこの3つです!

  • Byteball
  • IOTA
  • NANO

それぞれ解説していきます。

Byteball

Byteballの特徴は「条件付き支払い」「予測市場」「匿名通貨」など多機能なことです。

僕が調べた中だとByteballはかなり機能が多い方だと思います。

Byteballの場合はDAG構造の「手数料が安い」「一瞬で取引ができる」という特徴を生かせる色んな機能を付けることで、他の通貨との差別化を図ったのだと思います!

ByteballのDAG構造

ByteballのDAG構造が特徴的なのが「報酬を得るマイナーが存在する」ということです。

Byteballでは「DPOS(Delegated Proof of Stake)」という仕組みによってマイニングされています。

これは選挙みたいなシステムで、投票で選ばれる「witness」という代表がブロックを生成する権利を得ることができます。

Byteballではwitnessが21人選出されます。

基本的に自分が投票したwitnessがマイニング報酬を貰うと、報酬の分配を受けることができます。

また通貨の保有量に比例して投票権が与えられるので、持っている通貨が多いほど多くの報酬が貰えると考えていいでしょう。

このDPOSを採用することで、マイニングコストがかかるので、Byteballでは取引手数料がかかります。

まあでもおそらくDAG構造を採用しているので、普通の仮想通貨の取引手数料よりは安くなるんじゃないかな?(勘ですw)

手数料はかかりますが、一瞬で取引可能なのは変わりません!

以上がByteballのDAG構造です。

Byteballについてもっと詳しく知りたい方はこちら!機能についても解説してます!

IOTA

IOTAの特徴はIoTに特化したトークンなことですね。

IoTを知らない人のために説明すると

IoT とは、センサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みです。

出典:https://soracom.jp/iot/

家電などをインターネットに繋ぐ仕組みがIoTです。

インターネットに繋ぐことで、出先でも家電を操作できたりします。

このIoTは仮想通貨との相性が良いので、IOTAが参入しようとしています。

IoTでは「マクロペイメント(少額決済)」が重要だと言われているので、IOTAはDAG構造を採用しています。

IOTAのDAG構造

IOTAは「Traggle」という独自のDAG構造を取り入れています。

Traggleでは「トランザクションは前の2つのトランザクションを承認しなければならない」という原則に基づいて取引がチェーン上に繋がっています。

つまり取引するたびに前の2つの取引(トランザクション)を承認しなければいけないので、ブロックを生成するマイナーの存在が必要ありません。(正確に言えば、取引する人全員がマイナーになる)

このTraggleの仕組みにより、取引手数料が無料になります。

取引承認にはPOW(Proof of Work)が採用されています。

IOTAはIoTで実用的に使用することが目的なので、どうしても「手数料無料」という条件は果たさないといけなかったのでしょう。

以上がIOTAのDAG構造です。

IOTAについて詳しく知りたい方はこちら!

NANO

NANOは「P2Pでの取引」「マイクロペイメント(少額での取引)」「裁定取引」など決済通貨を目指しているのが特徴です。

まさにDAG構造の「手数料がほぼ無料」「一瞬で取引ができる」という特徴を利用している通貨だと僕は思います。

もともと、「Railblock」という通貨だったのですが、リブランディングにより「NANO」という通貨に名前が変更しました。

NANOのDAG構造

NANOのDAG構造は少し難しいですが、簡単に説明すると自分のアカウント上でブロックチェーンを管理していく仕組みです。

Nanoにおいては、それぞれのアカウントに独自のブロックチェーンを置くことによるラティス構造が採用されています。

トランザクションは、各アカウントのチェーンとして、アカウントの所有者が更新します。

これにより、ほかのネットワークの部分とは、非同期で、即時的に更新されるアカウントチェーンが実現できます。

具体的に送金の時は、送信側と受信側のそれぞれのアカウントの所有者が署名したブロックによりトランザクションが成立します。

引用元:http://coinpost.jp/?p=15212

つまり各自ブロックチェーンを管理して、そのブロックチェーンをお互いに承認していくイメージですね。

これにより、マイナーの必要性がなくなるので、手数料も発生しません。

このような仕組みによってNANOは「手数料無料」「一瞬での取引」を実現しています。

NANOについてもっと詳しく知りたい人はこちら!

まとめ

3つのDAG構造を持つ通貨に関してまとめてきましたが、どうだったでしょうか?

DAG構造といっても仕組みはそれぞれ違いますね!

まあそれぞれ目的が違うので、その目的に最適な構造にしたのでしょう。

共通点としては「手数料がほぼ無料」「一瞬で取引可能」の2つの特徴が共通していますね。

最後にDAG構造の問題点を指摘しておくと、セキュリティの問題が挙げられます。

ブロックチェーンは10年以上破られていませんが、DAGは出てきて数年しか経っていないので、まだ安全なのかわかりません。

確かに「手数料がほぼ無料」「一瞬で取引可能」という特徴は魅力的ですが、セキュリティは大前提ですからね。

といった問題もありますが、今後DAG構造がどうなっていくか楽しみですね!

他にもDAG構造を採用している通貨があったら、どんどん追記していくので、お楽しみに!

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!