多機能通貨!初心者でもわかりやすく「ByteBall(GBYTE)」を解説!

多機能通貨!初心者でもわかりやすく「ByteBall(GBYTE)」を解説!

こんにちは!学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

最近、僕お気に入りの取引所「Binance」の通貨について調べて、勉強しています。

「Binance」について知りたい方はこちら!

手数料が激安!日本円以外で取引するならおすすめしたい取引所「Binance」

今回は最近調べた「ByteBall(GBYTE)」について解説していきます!

ByteBallの特徴

最初にByteBallの特徴を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • DAG構造で取引手数料が安い、一瞬で取引可能
  • マルチサインでセキュリティが高い
  • 多機能(予測市場、条件付き支払いなど)

まずはざっくりByteBallの概要を解説します!

DAG構造を採用した多機能通貨!

ByteBallとはDAG構造を採用した多機能通貨です。

DAG構造を採用している通貨はIOTAやNANOなどありますが、このByteBallは多機能なことで差別化しています。(DAG構造に関しては後述します。)

このDAG構造により、「手数料が安い」かつ「一瞬での取引」が可能となります。

またByteballは「マルチサイン」という仕組みも導入しており、DAG構造で心配されるセキュリティを高めています。

さっきほども言いましたが、Byteballは色んな機能が実装されています。

「条件付き支払い」という特殊な支払い方法ができる機能や匿名で取引が可能な「Blackbytes」、将来を予測するギャンブル「予測市場」など様々な機能が付いているのが特徴ですね!(全て後で解説します)

概要はこんな感じです。

次にByteballの仕組みや機能についてそれぞれ説明していきます。

DAG構造とは?

まずByteballを理解する上で最重要なのは「DAG構造」と言われるものです。

DAG構造とは従来のブロックチェーンとは全く違う構造で、チェーンを形成しています。

簡単に説明すると取引情報が単体でチェーン上に繋がっていくのが、DAG構造です。

図で説明するとわかりやすいと思うので、以下の図を見てください!

従来のブロックチェーンでは一定の時間が経つとブロックが生成され、その中に取引情報が格納されます。

この取引情報が入ったブロックを繋げることで、ブロックチェーンを生成しています。

一方、DAG構造ではこのブロック生成がありません。

それぞれの取引情報がチェーン上に繋がれることで、ブロックチェーンを生成しています。

つまり取引情報がブロックとしてチェーン状に繋がっているイメージです。

このDAG構造はブロック生成の方向(時間軸)のみが決定しており、お互いに2つでも3つでも同時に繋がっている特徴があります。

このようにDAG構造は従来のブロックチェーンのように1本のチェーンに繋がっている訳ではなく、各取引がチェーン状に繋がっている構造になっています。

これにより、ブロックサイズの制限などがないため、同時に多くのトランザクションを処理することが可能です。

もっと詳しくDAG構造について知りたい人はこの記事を読みましょう。

DAG型暗号通貨のすすめ ブロックチェーンを代替しうる新技術

ByteballのDAG構造

DAG構造はByteballの他にもIOTAやNANOなどの通貨が採用しており、それぞれ若干仕組みが違います。

Byteballの場合は12人の「witness」という人たちが取引の承認を行なっています。

このwitnessは「DPOS」という方法で選ばれており、witnessに選ばれると取引の承認を行うので手数料をもらうことができます。

DPOSについて知りたい人はこちら!

LiskのDPOSとBitSharesのDPOSの違い

なので、Byteballの場合は取引の時に少し手数料がかかります。

NANOの場合はDAG構造を採用していて、取引手数料が無料です。これは取引する人全員が承認者となるため無料となります。

それぞれちょっとずつ違いますが、DAG構造の特徴として「手数料が安い」「一瞬で取引可能」ということを覚えておきましょう!

 

マルチサイン

DAG構造で問題視されているセキュリティもByteballは「マルチサイン」という仕組みを採用することで、セキュリティを高めています。

マルチサインとは簡単にいうと一回の取引を複数人で承認する仕組みです。(言葉通りですね)

引用元:http://coinpost.jp/?p=4160

DAG構造だと承認を一人一人行うので、不正に取引を承認することができてしまいます。

これを防ぐ仕組みとして、このマルチサインが導入されています。

このように複数人で取引を承認することで、セキュリティを高めることができますね!

条件付き支払いとは?

Byteballでは条件付き支払いといって、「ある条件を満たさなければ返金される」みたいな条件付きで送金することができます。

例えば「4時間以内に自分に100GBYTEの着金がない場合、返金される」みたいな条件を設定して送金できます。

この条件がどこまでできるかわかりませんが、このような条件をつけて送金が可能です。

こうすることで、間違えて送金したとしても返金されますし、健全な取引をすることもできますね。

月に一回Airdropを受けられる

Byteballは公式ウォレットに「GBYTE」または「Byteballに紐づけられたビットコイン」を入れておくだけで、月に一回Airdropを受けることができます。

  • ビットコインの場合

16BTCにつき0,1GBYTE

  • GBYTEの場合

1GBYTEにつき0.1GBYTE

上記の比率で付与があります。

Byteballサイドは広報活動の一環でAirdropを行なっており、理由は不明ですが満月の日にAirdropが行われるそうです。(遊び心かな?w)

これいつ終わるかはわからないので、欲しい人は早めにByteballを購入しましょう。

追跡不可能な通貨:Blackbytes

引用元:http://coinpost.jp/?p=4160

Byteballでは「GBYTE」以外に「Blackbytes」という匿名性を保ちつつ送金ができる通貨もあります。

これはウォレットのチャットでコマンドを入れると購入できるっぽいです。

詳しく「Blackbytes」の買い方を知りたい人は以下の記事をみて見ましょう。

「Byteball(GBYTE)」のBlackbytes購入方法をご紹介!

さらにウォレットのTORモードというのにすると、さらに匿名性を高めることができるらしいです!

予測市場

価格変動、スポーツ賭博、保険など未来を予測して正解すると報酬が貰える「予測市場」の機能もあります。

この予測市場はユーザー間でP2Pで行うことができます。

現在は公式Slackのチャンネル上で相手を見つけて予測し合うっぽいですね。

チャットボット・チャットストア

ボットとの会話で買い物ができる「チャットボット・チャットストア」という機能があります。

チャットストアは何種類もあり、チャットストアでボットを選び、買い物の注文をするとチャット形式で買い物ができます。

かなり機能が豊富な「Byteball」

Byteballの解説はこんな感じです。

かなり機能が豊富ですねw

僕が今まで調べてきた中で一番機能が多い気がしますw

ざっとまとめて見るとこんな感じです。

  • 条件付き支払い
  • ByteBlack
  • 月一回のAirdrop
  • チャットボット・チャットストア
  • 予測市場

これら全てByteballのウォレットについている機能だそうです。(あとスラックの登録も必要らしいです。)

ホームページからウォレットをダウンロードするとこれらの機能を使うことができます。

試しに使ってみたい人はダウンロードしてみましょう。

Byteballのウォレットをダウンロードする  

こちらからスラックの登録も行えます!

Byteballのスラックに登録する 

ByteBallのチャート

ByteBallのチャートは以下の通りとなっています。

1月末までは全体的に下降トレンドだったため、Byteballの価格も下がっていますね。

2月はかなり価格が上がりましたが、その後下がってしまっています。

ブログをみた感じ、そこまで大きな発表はないけど、開発は進んでいるっぽいので、今後に期待しましょう!

カサハラの意見:多機能ってどうなの?

僕的にはまだ投資対象にならない通貨ですね。

Byteballは多機能なのが特徴だと思うのですが、この多機能って意味あるんですかね?w

まあ色々機能が付いていて便利っていう意見もあると思いますけど、僕的には多機能だとトンがった強みがなくなってしまうと思います。

これは仮想通貨以外にも言えることで、サービスは「コンセプト」が大切だと思います。

「この機能と言えばあの通貨だよね!」みたいに知られることで、他の通貨と差別化できると思うので、多機能だと全て印象が薄まってしまうと思います…。

実際Byteballに付いている機能って一つ一つみたら、他の通貨でも対応していますからねー。

後々多機能にするのであって、最初のうちは1,2個の機能に特化した方がいいのでは?と思ってしまいます。

実際、色んな機能つけちゃうとメンテナンスとかでコスト取られてなかなか開発も進まないと思います。

まあ全ての機能がハイクオリティーであれば文句ありませんがw

まだ出てきたばっかりの通貨なので、とりあえず色んな機能付けてみて使われるだけ残すみたいな作戦かもしれません!

これからどうなっていくか見ものですね!

ByteBallの買い方

ByteBallを買うならBinanceがおすすめなので、登録していない人は登録しましょう!

【Binanceに無料登録する!】

Binanceでは日本円で買うことができないので、ByteBallを買う時には以下の手順で買うとお得に買えます!

  1. zaifに登録して日本円からBTCかETHを買う
  2. Binanceに登録する
  3. Binanceに買った通貨を送金する
  4. 買った通貨でByteBallを購入!

 

以上で説明終わりです。最後までお読みいただきありがとうございました!

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!