ゼロフリー・スケーラビリティ!初心者でもわかりやすく「NANO」を解説!

ゼロフリー・スケーラビリティ!初心者でもわかりやすく「NANO」を解説!

こんにちは!学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

最近、僕お気に入りの取引所「Binance」の通貨について調べて、勉強しています。

「Binance」について知りたい方はこちら!

手数料が激安!日本円以外で取引するならおすすめしたい取引所「Binance」

今回は最近調べた「NANO」について解説していきます!

NANOの特徴

最初にNANOの特徴を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 取引手数料無料
  • 一瞬で取引可能
  • スケーラビリティ問題のリスクがゼロ

まずはざっくりNANOの概要を解説します!

ゼロフリー・スケーラビリティを実現!

NANOはゼロフリー・スケーラビリティを実現している通貨です!

ゼロフリー・スケーラビリティとはなんぞや?と思っている人に説明すると、取引のときに「手数料が無料(ゼロフリー)」ということです。

NANOはRailBlocksという通貨がリブランディングして生まれた通貨で、DAG構造という仕組みを採用することによって、手数料ゼロ、迅速な送金を実現しています。

その送金スピードはあのRippleよりも早いと言われています!!

手数料ゼロ、送金スピードが早いということで、より「P2Pでの取引」「マイクロペイメント(少額での取引)」「裁定取引」に向いている通貨と言えます。

概要はこんな感じです!

以下でもう少し仕組みや機能を解説していきます!

DAG構造とは?

まずNANOを理解する上で最重要なのは「DAG構造」と言われるものです。

DAG構造とは従来のブロックチェーンとは全く違う構造で、チェーンを形成しています。

簡単に説明すると取引情報が単体でチェーン上に繋がっていくのが、DAG構造です。

図で説明するとわかりやすいと思うので、以下の図を見てください!

従来のブロックチェーンでは一定の時間が経つとブロックが生成され、その中に取引情報が格納されます。

この取引情報が入ったブロックを繋げることで、ブロックチェーンを生成しています。

一方、DAG構造ではこのブロック生成がありません。

それぞれの取引情報がチェーン上に繋がれることで、ブロックチェーンを生成しています。

つまり取引情報がブロックとしてチェーン状に繋がっているイメージです。

このDAG構造はブロック生成の方向(時間軸)のみが決定しており、お互いに2つでも3つでも同時に繋がっている特徴があります。

このようにDAG構造は従来のブロックチェーンのように1本のチェーンに繋がっている訳ではなく、各取引がチェーン状に繋がっている構造になっています。

これにより、ブロックサイズの制限などがないため、同時に多くのトランザクションを処理することが可能です。

DAG構造は手数料が無料だが…

おそらくこのDAG構造で手数料が無料なのはマイナーのような計算して承認する人がいないからです。

DAG構造では取引をした一人一人が取引を承認していくので、マイナーがいらないのです。

しかし、このDAG構造は歴史が浅いのでまだまだセキュリティが安全かどうかはわかりません。

従来のブロックチェーン構造は誕生して10年ぐらい経っていますが、一度も改ざんされたことはありません。

DAG構造はまだ数年なので、これから破られる可能性もあります。

それでも現時点では破る方法は見つかっていないので、「手数料無料、取引スピード高速」という特徴はかなりのメリットがあるのでしょう!

これからDAG構造がどういう発展をしていくかが注目です。

もっと詳しくDAG構造について知りたい人はこの記事を読みましょう。

DAG型暗号通貨のすすめ ブロックチェーンを代替しうる新技術

NANO wallet

現在まだ開発途中ですが、P2P取引などに使える「NANO wallet」が開発が進んでいます。

DAG構造を採用していると普通のウォレットでは対応できないから、独自のウォレットを開発したんだと思います。(確信はありませんw)

現在、スマートフォンでアプリとして使えるオンラインウォレットとデスクトップのローカル上で使えるオフラインウォレットが開発されているっぽいですね。

現在β版をリリースしているので、使ってみたい人はホームページからダウンロードしてみましょう。

NANOのホームページ

P2P取引、マイクロペイメント、裁定取引に特化した通貨

NANOの解説はこんな感じです!

NANOの最大の特徴はやはり「取引手数料無料」「一瞬で取引可能」の2つですね!

NANOはこれらの特徴からP2P取引、マイクロペイメント、裁定取引に特化した通貨を目指しています。

DAG構造を使っている通貨は他にもあって、有名どころでいうとIoTに特化した「IOTA」がDAG構造を採用しています。

まだDAG構造は新しい技術なので、普及するかわかりませんが要チェックなのは間違いなしなので、注目していきましょう!

IOTAについて詳しく知りたい人はこちら!

IoTを支える通貨!初心者でもわかりやすく「IOTA(アイオタ)」を解説!

NANOの進捗状況・ニュース

次にNANOの価格変動に関わった重大なニュースや進捗状況について簡単にまとめてみます。

2018年1月:リブランディングを行いBinanceに上場

もともとNANOはXRB(Railblock)という通貨でしたが、2018年1月末にリブランディングを行い「NANO」になりました。

このリブランディングはRailBlockという通貨は発音がしづらいために、発音しやすいNANOという名前に変更になったらしいですねw

僕は最初から発音しやすい名前にすればよかったのに!って思ったんですが、そう思いませんか?w

勢いで名前決めちゃったんですかね?w

まあ発音しやすいことは大切だと思うので、リブランディングは正しかったのではないでしょうか?

その後すぐにBinanceに上場しています。

元々、XRBはBinanceの未上場の通貨の人気投票で1位になっており、Binanceの上場はほぼ決定していました。

たまたま、リブランディングの時期とBinance上場がかぶったのかな?

わかりませんが、元々XRBという通貨だったことは知っておきましょう!

引用元:https://medium.com/@nanocurrency/the-rebrand-rationale-5c2f30af6e9c?source=user_profile———3—————-

2018年2月:BitGrailで約212億円のNANOが盗まれる

イタリアの仮想通貨交換取引所である「Bitgrail」で約212億円のNANOが盗まれる事件が起きました。

この事件でNANOはかなり注目されたと思います。

決してNANOは悪くないので、この事件はNANOにとってはいい宣伝になったのではないでしょうか?

まあもしかしたら風評被害を受けている可能性もあるので、一概には宣伝になったとは言えませんが…。

引用元:http://www.orangeitems.com/entry/2018/02/11/001126

NANOのチャート

NANOのチャートは以下の通りとなっています。

1月末は全体的に下降トレンドだったため、NANOも価格が下がっています。

2月から価格が上昇していますが、これはBitGrailでの盗難事件のおかげなんですかね?(調べたんですが、他に要素が見つからなかったです。)

そろそろウォレットのリリースがあるので、それによって価格が変化するか注目ですね!

カサハラの意見:技術的には面白いけど…

僕的にはまだ投資対象にはならない銘柄ですね。

DAG構造は技術的には面白いと思うし、「手数料無料」「一瞬で取引可能」という特徴は他の通貨よりも優っています。

しかし、この「手数料無料」「一瞬で取引可能」はライトニングネットワークやオフチェーン系の技術が発達してくると優位性がなくなってしまいます。

DAG構造はセキュリティの問題もありますし、ライトニングネットワークが導入されるとそっちの方が使われるような気がしますね…。

IOTAのようにIoTに特化しているとかなら大丈夫ですが、NANOはライトニングネットワークが導入されたら強みがなくなってしまいますね。

他にも相互運用性の問題も指摘されています。

DAG構造と従来のブロックチェーンの構造は全く違うものなので、ブロックチェーン用の技術に適応できない可能性があります。(DAG構造がクロスチェーンなどの技術などの技術に適応可能なのか、など)

これらの問題を解決しないと大きく普及するのは難しいのでは?と思います。

これから何か差別化していく可能性もあるので、注目していきたいと思います!

ライトニングネットワークについて知りたい方はこちら!

ビットコイン 次の革新 “ライトニングネットワーク”

NANOの買い方

NANOを買うならBinanceがおすすめなので、登録していない人は登録しましょう!

【Binanceに無料登録する!】

Binanceでは日本円で買うことができないので、NANOを買う時には以下の手順で買うとお得に買えます!

  1. zaifに登録して日本円からBTCかETHを買う
  2. Binanceに登録する
  3. Binanceに買った通貨を送金する
  4. 買った通貨でNANOを購入!

もっと具体的にBinanceでの買い方を知りたい人はこちら!写真付きで詳しく説明してます!

日本円から「Binance」で取引したい人に買い方を解説!

 

以上で説明終わりです。最後までお読みいただきありがとうございました!

もし良かったらTwitter(@obakasahara)でも情報発信しているので、フォローよろしくです!