みんな取引所の信用と通貨自体の信用は違うよ

みんな取引所の信用と通貨自体の信用は違うよ

こんにちは。学ブロガーの(@obakasahara)カサハラです。

最近coincheck騒動(coincheckが580億円盗まれた騒動)が話題になり通貨の価格が全体的に下がりました。

実際僕は通貨の価値が下がるのは意味がわかりませんw

取引所の通貨が盗まれたのは通貨のセキュリティの甘さではなく、取引所のセキュリティの甘さが原因です。通貨の信頼が失われる意味がわかりませんw

例えるなら家に強盗が入ったとして高級時計を盗まれたとします。その時に「高級時計のセキュリティが甘い!」と言っているようなものです。そもそも家自体のセキュリティに問題があるというだけですよね?

今回の騒動だってたまたまXEMが盗まれただけで、別にビットコインだったかもしれないし、リップルだったかもしれません。

上記の例えだと高級時計だったけど、高級アクセサリーだったかもだし、高級イヤリングかもだった可能性もあるという子ことです。

取引所の信用と通貨自体の信用は全く別ものです。

今回の場合XEMが盗まれましたが、一部の人たちはXEMのセキュリティが甘かったと言っています。XEMにとっては風評被害もいいところですね。

この騒動で価格が下がっているということは仮想通貨のことを全く知らないで買っている人たちがまだいるということですね…。

でももしかしたらこの騒動で「今回の騒動で勘違いでXEMの信用が下がって価格も下がるかもしれないから売ろう!」という考えた人だけが売っているだけで、結果誰も勘違いはしてないけど価格が下がったという可能性もありますね(まあこの線も否定できない)。

まあとにかくこのブログで一緒に勉強して、自分の知識のなさをひけらかさないように気をつけましょうね。